« バレンタインデーの思い出 | トップページ | 看護助手のお仕事で使う英語② <清潔介助編②> »

2006年2月 7日 (火)

?疑似親孝行?

先週から、一週間日本の友達マミがマミママとパースに遊びに来ていた。

マミとは6年前のワーホリの時からの付き合いである。
パース市内にある語学学校に通っていた時にマミは留学生として同じ学校に通っていた。
在籍中は別に仲もよくなかったが、私が卒業してからあるきっかけで仲良くなり、よく遊ぶようになった。

帰国してからもメールや電話で連絡を取り、同じ都内だったこともあって、家に遊びに行って家族ぐるみで仲良くなった。

今回マミのママとは何年ぶりの再会になるだろう?
ママは相変わらず元気だった。

今回でパースに来るのが4回目になる二人。
今更観光って事もないが、時間の許す限り車でいろんな所へ連れて行った。

マミのママは日本の老人ホームで看護助手として働いており、私がパースのナーシングホームで働いている話をすると、とても興味を持ったみたいだった。
買い物の途中で偶然に職場の同僚と会ったので、「私の叔母(友達のママよりも説得力があるし、どうせばれないから)が遊びに来ているのだが、職場を見学させてもいいと思う?」と聞いてみた。

同僚のフランは「いいじゃない!何ならこれから来れば?私もこれから仕事だし、今日の夜のシフトはみんな良いメンバーだから問題ないと思うわよ。」と快い返事。

早速、マミママに話し、その日の夕方に私の職場に連れて行った。

マミママは大喜び!
「わ~、すごいね~。こんな体験めったにできないものね。」
その時に勤務していた看護師のスーは上司に掛け合って、写真の許可まで取ってくれた。
所々で写真を取り、いろいろと施設内を説明して歩く。
レジデントの方にも「私の叔母です。日本から来たのよ。」と紹介した。

なんか、自分の母に自分のここでの姿を見てもらっているような気分になれ、すごくうれしかった。
私の母は3年前にがんで、パースも訪れることなくこの世を旅立ってしまったから。
きっと母がパースに来ても同じ事をしただろう。

お母さん、私ここで沢山の良い方たちに囲まれてがんばっているんだよ。

「本当、同僚の方もレジデントの方も良い方たちで、けいさん本当にがんばっているのね。私感心しちゃったわ!すごいわね~。」
私の気持ちが通じたかのようにマミママから言われた。

マミママの口を通して、母の言葉を聞いている様な気がした。
私と連絡が一時期取れなくなった時にも、すごく心配かけてしまった。

あっという間に、二人の帰国の日が来てしまった。
今度はいつ会えるのかな?

マミとマミママは私が今度日本に帰ったときに「築地」に連れて行ってくれることを約束してくれた。(私が新鮮な魚が食べたいと言ったから・・・。)
私は今度マミ達が来るまでに働いて家を買うことを約束した。(いったいいつになるのだ??)

マミママ!また今度疑似親孝行させてください!
(その前に自分の父親孝行もしなきゃ・・・。)

けい

|

« バレンタインデーの思い出 | トップページ | 看護助手のお仕事で使う英語② <清潔介助編②> »

コメント

いいことしたじゃない!マミママにとっても良かったし、kayにとっても良かったね。なんだか、親孝行したくなってきたぞ!!

投稿: かおり | 2006年2月14日 (火) 15時06分

<かおりさん>
コメントありがとうございます!
親孝行、親のいるうちに思いっきりしてあげてくださいね!
私なんだか大変な事になりつつありますけど。。。
頑張ります!!
けい

投稿: Kay | 2006年2月14日 (火) 15時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29713/623986

この記事へのトラックバック一覧です: ?疑似親孝行?:

« バレンタインデーの思い出 | トップページ | 看護助手のお仕事で使う英語② <清潔介助編②> »