« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006年3月31日 (金)

ピンチのときの呪文

あっという間に明日は4月です。

大学も5週間目が終わりました。
本当にあっという間。
あっという間にあと2週間で2000文字のエッセイの提出が迫っている。
まだ、ファーストドラフト(1回目の下書き)もすんでいない・・・。

そうこうしているうちに、3週間後にはPPIという科目のエッセイ(ケアについて1000文字)と終末期ケア(選択科目)のエッセイ(呼吸困難について1500文字)の提出が迫っている。

この二つ、実はまだ何も手を付けていない。
マジでやばい。
こんなのんきにブログを書いている場合じゃないのかもしれない。
でも、書きたいので書きます!!

ここで必殺技が登場!
教科や担当の先生によるが、この提出日を交渉しだいで1週間延ばしてもらえる場合がある!!
こうなれば、だめもとで先生にメール出してみよう。
後は期限以内にがんばるのみ!

エッセイを書き始めてなかなか進まず、投げ出したくなる時や、
時間だけが過ぎていき焦りだして空回りする時、
ちょっと立ち止まって自分に暗示をかける。

    大丈夫!きっとできる!!
         私は出来る!
      
私ならできる!
     絶対できる!!!

3回ぐらい唱えると不思議な物で、何とかなるような気がしてくるのです。
私はすごく単純なので、この呪文あんがい効きます。

そして今日も一人でぶつぶつ・・・
「大丈夫!きっとできる!私は出来る!私ならできる!絶対できる!・・・」

けい

| | トラックバック (0)

2006年3月30日 (木)

アサイメントの成功の秘訣!

今日のトピックスは今、大学で勉強している人、そしてこれから大学を目指す人の参考になればと思います。

この間、ラーニングサポートセンターのことを書きましたね。
そこに行くと、いろいろなTIP(秘訣)が書かれたBookマークが置いてあるの。
そこに書かれたTIPがとても参考になったのでご紹介しますね。

Ten Top Tips Successful Assignment

1. Read the question make sure you know what to do. If not, ask your tutor.

2. Schedule time for reading, note-taking, drafting, referencing, and editing.

3. Read textbooks for general information before reading journals.

4. Plan the structure of your assignment - make an outline.

5. Start writing a draft as soon as you have something to say.

6. Draft a thesis statement and write according to your plan.

7. Revise, edit, revise, and proofread.

8. Follow guidline regarding word limit, due dates, and submission requirements.

9. Submit on time.

10. Enrol in Curtin StudyPlus for more tips on successful assignments.

Tipの一番最後でちゃっかり宣伝しているところが憎らしいでしょ?!!(笑)

さ、私もがんばろう!

けい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月29日 (水)

ウィリアムズ・ジェームズ

「ある程度の年齢になると、人生とは、自分の考え方しだいで、
変えられるものだということが分かる。」

ウィリアムズ・ジェームズ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月27日 (月)

イヴちゃん

私の勤めているナーシングホームで一番のお気に入りのレジデント、イヴちゃん
前に、彼女の耳が遠い事を書きました。

その後も彼女とのやり取りは相変わらずで、毎日がコントみたい。
同僚のケアラー(看護助手)の人から「彼女は左の耳元で話すと聞こえるみたい」という情報をもらい、左の耳元で話すように心がけていた。
でも、あまり大して変わらなかったみたいだけど・・・。

今日、いつものようにイヴちゃんをトイレに連れて行こうと声かけをした。
けい「イヴ、トイレに行きましょうね!」
イヴ「ぇ?トイレ? うん、行くわ。」

!!!!!おぉ!!!!!!

一発で「トイレ」が通じた!!
ちょっと嬉しかった。
私の発音がよくなったのか、イヴちゃんがわたしのアクセントに慣れたのか、
はたまた、偶然か。。。?ちょっと判断に迷うところだが、今日はよしとしよう。

シャワーから出て来たときに、他のスタッフが「使ってないコップやお皿はない?」と入ってきた。
イヴちゃんは彼女をモーニングティーを配膳してくれるキッチンスタッフと勘違いし、
「何かいいものかしら?」と期待まじりに彼女に声をかけたが、彼女は気が付かず部屋を出て行ってしまった。

彼女はモーニングティーをもらい損ねたと勘違いして、

「カムバーック!!戻ってきて~!!」

と何度も叫び、しきりにアピール。
その姿が昔の映画「シェーン」のラストシーンさながら、すごく切なげで・・・。
でも、すごくかわいくて、イヴをなだめながら思わず抱きしめたくなってしまったよ。

そのすぐ後にキッチンスタッフの人がモーニングティーを配りに来たのを見た時のイヴの顔は笑顔ではちきれんばかりでした。

こんな事があるので、この仕事はやめられないのです。
大学の勉強が辛い時、イヴちゃんに癒されています。

けい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月26日 (日)

再会

今日は久しぶりにEMMAと再会した。

EMMAとの出会いは6年前。
私がワーホリでパースに滞在していた時、1999年の年末にモンキーマイヤ(パースの北800キロにある町でイルカの餌付けが出来るところで有名)へ日本から遊びに来ていた友達とツアーに参加した。

そのツアーにEmmaも友達と参加していて、仲良くなったの。
ツアー後はメールやクリスマスカードでたまに連絡を取り合っていた。

Emmaはその当事、イギリスの看護学生でトレーニング中だったがその後無事卒業し、イギリスで就職、オーストラリアでの看護研修へも参加していた。
2年前に今のだんなさんと結婚し、オーストラリアへ2人で移民してきた。

今はパースの病院のICUに勤めているとか。

すごく久しぶりなのに、Emmaは髪の毛の色がブロンドからダークカラーに変わっただけで後は少しも変わっていなかった。
レニー・ゼルウィガー(ブリジット・ジョーンズの日記で主役を勤めた女優さん)をもっと幼くした感じで、笑うと両方の八重歯がとてもかわいい!!
小柄なのに、パワフルで、髪の毛を振り乱しヘッドバンキングをしながら飛び回るEmma特有のダンスははじめて見た時はかなりショッキングだった。

久しぶりにその話をすると、
「もうあんなダンスは出来ないわ、首が硬くなってね。もう年ね~。ふふふ。」
と少し照れくさそうに笑った。

思い出話であっという間に時間が過ぎてしまった。

待ち合わせたカフェでカフェラテまでおごってもらい、私のシットな英語にも嫌な顔一つせずに、「また合おうね。」とまで言ってくれた。
ありがとう! Emma!

アサイメントが一段楽した頃に連絡する約束をした。
今度は旦那さんにも合わせてくれるみたい。

アサイメントがんばるぞ!

けい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月25日 (土)

看護助手のお仕事で使う英語⑧

<食事介助時の声かけ>

It’s almost lunch time.           

そろそろ昼食の時間だ。

Your lunch (breakfast) is here. 

Here is your lunch (breakfast).

(配膳事に)昼食(朝食)ですよ

Enjoy your breakfast! (lunch)        

召し上がれ!

Open your mouth, please.                                     

口をあけてください。

Don’t spill it. 

こぼさないで。

Finish up your plate. 

残さないで食べなさい。

Don’t be picky. 

好き嫌い言っちゃだめ。

Have you finished with this? 

終わりましたか?

May I clear the table?

テーブルを片付けてもいいですか?

I'm going to take this away. 

これ(お膳)下げますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月24日 (金)

ラーニングサポート

大学生活には悩みはつき物です。
ましてや留学生なら、ローカルの学生よりも悩む種には尽きないでしょう。
そんな悩みを抱える学生のために、大学にはさまざまなサポートシステムがあります。
今日は、そんなサポートの一つ「Student Larning Support」を紹介しますね。

いきなりコンバージョンコースに進学して、勉強付いていけるかしら?
エッセイなんて書いたことないけど、どうすればいいのかしら?
プレゼンテーションのやり方もよくわからない・・・。
スピーキングが苦手。

などなど、学生の勉強に対するサポートを一気に引き受けてくれるのが、
Student Larning Support Centere

大学の中央図書館の1階にあります。
授業はライティング・スピーキング・リーディングのスキルやグラマー、その他、大学の授業で必要なプレゼンテーションやノートテイキング、グループワークのスキルまでさまざまな分野をカバーしています。

時間は科目によって、細かく分かれており、1階聞き逃してもリピートがあるのでその回に補足出来たりもします。
受講料は無料(教科によってテキスト(7ドル)を購入しなければならないのもある。)
受講するにはオンラインで予約が必要なのだが、大体すぐ予約でいっぱいになってしまう。

なんだ~、予約いっぱいなら受講できないジャン!!

ここで諦めてはいけません、予約が取れなくても直接クラスに時間通りに行けばいいのです。 
予約してもみんながみんな来るわけではないし、1回目よりも2回目3回目と回を重ねると、人数が減ってくる可能性もあるので、あたって砕けろ精神でクラスを覗いてみてください。

私はライィングとグラマーを取っています。
クラスは多いと40人ぐらい(はじめだけ)いますが、だんだん減っていきます。
驚いた事に、クラスの中にはオージーの学生も混じっているの。
いくらネィティブでもエッセイの書き方となるとわからないこともあるみたい。
「もっといい点を取りたい」という人が集まってきます。

センターの先生はとても理解力がありすごく学生に協力的です。
いつでも質問があればちゃんと答えてくれます。
エッセイで行き詰まった時、生徒の変わりにエッセイは書いてくれませんが、ちゃんとゴールへの答えを一緒に考え、また前に進めるように導いてくれます。

特にエッセイライティングが苦手な人にお勧めです!

いつでも、温かく迎えてくれますよ!

ちなみに、このサポートは当校の大学生のみで、イングリッシュブリッジングコース、エリコス(語学学校)の生徒は対象になりません。

けい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月22日 (水)

何をしてみたいですか?

最近読んだ本に「誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則」~This is your life, not a dress rehearsalByジム・ドノヴァン、桜田直美=訳 と言うのがある。

その中に書いてあった言葉、

「絶対に失敗しないとわかっていたら、何をしてみたいですか?」

Byロバート・シュラ-博士。

私は空を飛んでみたいかな。

あなたは?

けい

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006年3月21日 (火)

環境は本能に影響を与えていくのです

本来は、成魚だと2~3メートルもの大きさになるチョウザメ。
それを小さな水槽の中で育てると、たった30センチほどで成魚になってしまうそうです。
ところが、その小さな成魚のチョウザメを海に戻すと、スクスク成長し、ちゃんと大きなチョウザメになります。

次に、複数の魚が入っている水槽の中で自分より大きな魚がいなくなったらどうなるでしょうか?

その魚もやっぱりそれ以上大きくならないのです。
たくさんエサを食べるのは大変だし、自分が一番大きいからほかの魚に食べられる心配もないですから。
でも、その水槽に別の大きな魚を入れてやると、また大きくなっていくんですね。
その大きくなった魚は努力したのでしょうか?
いえ、努力ではなくこれは本能です。
環境は本能に影響を与えていく
のです。

私たち人間にも同じことが言えます。
つまり、環境が人の成長を大きく作用するんです。
自分を取り囲む環境が小さいと大きくなれない。
だから自分が成長できる環境を選ぶ努力をしてください。
あなたが知らず知らずに学び、発見し、成長していける刺激的な人達が、目を凝らせばきっと近くにいるはずです。

「ポケット成功術」より抜粋
著者:山崎 巧巳

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年3月20日 (月)

2ヶ月

ブログを再開して早2ヶ月が経とうとしています。

昨日ついにアクセス4000件を突破しました!
ありがとうございます。

沢山の方に見ていただけてとてもうれしいです。
オーストラリアや海外で医療を目指す方、日本の医療を支える方、はたまた医療とはまったく無縁の方、少しでもあなたのお役に立てればと思います。

役にはたたないかもしれないけど、楽しんでいただければそれだけで光栄です。

これから、大学のほうが輪をかけて忙しくなるので、(もうてんてこ舞いなんだけど)更新が遅くなるかもしれませんが、これからも温かく見守ってくださいね!

応援よろしくお願いします!

けい

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月19日 (日)

緩和ケア

昨日と今日と選択教科でとっている、Palliative Care Nursing のワークショップに行ってきた。
日本で言うと「ホスピス・緩和ケア」の授業です。
シェントンパークというスビアコの隣にあるサバーブにあるホスピスのレクチャールームで授業は行われました。
この施設、2週間前に閉鎖されており、患者さんは誰一人いなかった。

この教科、授業が4回と1回の実習で終わり。
4回の授業のうち土日の週末を使ってやるので、週末が2回つぶれる事になる。
しかも、8時30分から午後4時までの長時間・・・。
お昼過ぎはすごく眠くて、睡魔との闘いだった。

昨日と今日でもう授業の半分が終わってしまった事になる。

レクチャーは緩和ケアとは?から始まり、アセスメント、ペインマネージメント、口腔ケア、排便コントロール、スピリチュアリティー、症状別ケア(吐き気、嘔吐、食欲不振)そしてファミリーケアと2日間で盛りだくさん!

どんな授業なんだろうと、少し緊張して行った初日だったが、教室には4~5人がけのテーブルが6つ、テーブルの上にはお水の入ったポットとコップそしてお菓子の入ったお皿が置かれており、「お菓子でもつまみながらのんびりやろうぜ~」といったリラックスムードで一気に緊張も解けた。

授業の中のケアの内容は日本で習った物と大して変わらないように思えた。
が、医療用語英語がまったくわからず、体の部位や症状を辞書で調べるので精一杯。
用語がわかると、「あ~、この事を言ってたのね。」と理解ができるが、分かった時にはすでに話は進んでいる。

先生に「じゃ、便秘の患者さんをアセスメントする時のポイントは?」と質問を投げかけられても、英語ですぐに出てこない。
「腸蠕動(長の動きの事)」って英語でなんていえばいいの??
なんて考えているうちに、他の生徒はすらすらと答えていく。

ボキャブラリーの数が違うのだ。

医療英語の壁高し・・・。

普段の会話のボキャも少ないのに・・・。
でも、これを突破しなければ就職はおろか卒業も無理・・・。

がんばろう。
Palliative Care Nursing の今度の授業は5月。
その前に1日パースのホスピスへ実習に行くらしい、
実習先はまだ不明。
ホスピスなんて今まで行ったこともないので、すごく楽しみです。
それまでに何とかボキャを増やさなければ。。。

けい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月18日 (土)

看護助手のお仕事で使う英語⑦」

<体位交換時の声かけ>

I’m just going to turn you over. 

(患者さんがベットに寝ている時)横向きますよ。

I’m just going to Roll you toward me.

私のほうを向きますよ。

I’m just going to turn you over the other way. 

反対側を向きますよ。

I’m just going to wind the bed up (down).

I’m going to put your bed up. (down)

ベット(の頭)を上げますよ(下げます)

Fix your pillow (es).                            

枕をなおしますよ。

Could you push yourself back. 

(車椅子で) ちゃんと奥に座ってください。

ちゃんと座ってください。

I’m going to put you on the bed.          

ベットに移りましょうね。

Could you low your head.        

頭を下げてください。(立っているとき)

Could you move your head.     

頭を下げてください。(寝ているとき)

Could you look your toe.       

足先を見てください。

Could you please let go (my arm).   

(私の腕を)放してください。

Could you bend your arm. (knee    

(ひざ)を曲げてください。

Could you straighten your arm (knee).  

(ひざ)を伸ばしてください。

Are you comfortable?                             

(姿勢など)いいですか?

Could you bottom up!          

(ベットに寝てる時)腰を上げてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月17日 (金)

ヒュー・ダウンズ

幸せかどうかを決めるのは、環境ではなく、生きる態度である。

ヒュー・ダウンズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月16日 (木)

中華包丁

前から気になっていた事が今さっき解決した。

入居当事から気になっていたのだが、風が強い日にはユウカリの伸びた枝がベランダにあたってものすごい音がする。
最初にその音を聞いたときは、すごく怖かった。

古い鉄の大きな扉を開けるような音。

風が吹くたびに、ぎ~~~~、ぎぃ~~~~と鳴り響く。
しかもはんぱない音量で!!

この枝(枝といっても私の手首ぐらいの太さがある)、いつか切り落としてやる!!
とずっと思っていたが、枝を切るはさみやのこぎりもないので、なかば諦めていた。

突然、がんがん!!がしがしぃ!とベランダから音が聞こえた。

何の音?? と思い恐る恐るベランダを覗くと、ガシガシという音とともにユウカリの枝が揺れている。

まさか? と思い、ベランダから下を見下ろした。
私のすぐ下に住んでいる男の人がその枝を切り落とそうとしているではないか!!
あの音に悩まされていたのは私だけじゃなかったのね。

しかもよく見ると手に持っているのは中華包丁・・・。
ぇ?それで切るの??
という私の疑問をよそに、彼は力任せに包丁を振りかざしている。

ばきっ! バキバキッ!!

包丁1本でものの見事に枝を切り落とした。
恐るべし中華包丁!

風が吹いても、あの身の毛もよだつような音はもう聞こえない。
今日はぐっすり眠れそうだ。

けい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月15日 (水)

電子辞書

今週末に(3月17日)に私の取っている科目の1つHealth Assessment のアサイメント(課題)提出が迫っている。

今回はHealth Historyを書いて提出というもの。

Health Historyはアナムネーゼ(入院すると聞かれる事情調書の医療版みたいな物)みたいなものでゴードンの形式を用い誰か1人(誰でも良い)この調書を取り提出する事になっている。

私のパートナーはミッキーでお互い日本語で長所を取り合いそして英訳。
こんなんでいいのか?

英語でアナムネなんて書いたことがないので、書くのにすごく苦労する。
授業でノートに書き写した書き方や先輩からもらったサンプルのコピーを参照し何とか半分書き上げたけど。。。

ここで、医学英和・和英辞書があるとすごく便利!

普通の辞書だとインフルエンザや風邪などは乗っているけど専門的な体の名称や疾患まではカバーしていないのでね。
私の持っているのはCasioのDX-DP5300 MED(EX-Word Dataplus)という物で、ジーニアスの英和・和英、広辞苑、南山堂医学大辞典・医学英和大辞典・プラクティカル医学略語辞典・今日の治療薬まで付いて5万8000円ぐらいだったかな。(通信販売で買いました)

でも、タイピングの認識が遅いので通常は普通の電子辞書XD-R9000(EX-Word)を使い医学英語使用時だけこの辞書を使うようにしている。

電子辞書だと持ち運びも便利だし、あっても困らないよ。
ちょっと値段が高いのが難点ですが・・・。

さ、がんばって終わらせるぞ!

けい

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年3月14日 (火)

ホワイトデーのクッキー

今日はホワイトデー

男の子にとっては財布が痛い日かな?
バレンタインデーに命をかけた女の子にとってはホワイトデーはその賭けの見返りを当然期待するわけです。

ちなみに、オーストラリアにはホワイトデーはありません。

私のホワイトデーの思い出と言えば、高校生の時に付き合っていた彼氏からクッキーをもらいました。
そのクッキー、彼の手作りだったのです!!

その当事、私は3歳年上の車の整備学校に通う人と付き合っていた。
その姿からは、絶対にこの人が手作りクッキーを作ることは想像できない!!
彼にしてみてもクッキーを作ったのは生まれて初めてだったそうです。
もらった箱の中にはベネトンの定期券入れとクッキーが敷き詰められていた。
クッキーにはアイシングで私の名前やLOVEの文字が入っていた。

うれしいような恥ずかしいような。 ちょっと複雑な気分。

口に入れたクッキーはちょっとすっぱくて(砂糖とベーキングパウダーの分量間違えてない?)、お世辞にも「おいしい!!」とは言えない代物だったが、彼がこのクッキーを作っている姿を想像するとうれしかった!
夜中にお母さんに内緒で本を見ながらこっそり作ったのだろう。

その彼はもう2年前に社内で知り合った女性と結婚し、子供まで生まれたらしいが、今の奥さんにもクッキーを焼いているのだろうか?

後にも先にも今の所、手作りクッキーを男の人もらったのはその人だけからだ。
出来るならば、彼が手作りクッキーを焼いたのは私だけであってほしい。

あなたの今日もらった・あげたクッキーは彼の手作りですか?

けい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月13日 (月)

一周年!

今日で私がオーストラリアに留学に来て1年になります。

1年前のこの日、期待と不安と希望と夢を胸に、私はパースに到着しました!
最初の1週間はCITYにあるYHA(ユースホステル)に泊まり、その間に銀行やエージェントの手続き、そしてシェア先を探しました。

最初に見つけたシェア先はクィナナフリーウェイとキャニングハイウェイが交差する所の近くで、大学行きのバスもそこから出ており、Cityへのアクセスもよくすごく便利な場所だった。韓国人の奥さんとオージーの旦那さんのカップルとのシェアだった。

大学付属の語学学校が始まり、オリエンテーションで今一緒に大学に行っているミッキーに初めて出会った。
入学テストをがんばった甲斐もあり、アカデミッククラスに入ることが出来た。
語学学校に3ヶ月行き、その時の成績で予定よりも早めにイングリッシュブリッジングコースに行ける事になったんだ。
でも、その時は自分の語学力でブリッジングコースについて行けるかすごく不安でコース開始のぎりぎりまで行くかやめるか悩んだっけ。

語学学校に通っている間に元彼のトニーと出会い、ブリッジングコースが始まる頃には一緒に住むようになっていた。
このおかげ?で英語だけの生活が多くなり、さらにブリッジングコースの授業のおかげで私の英語も少しはまともになったような気がする。

彼との生活は楽しかったが、喧嘩が絶えなかった。
彼に合わせようと必死に努力したっけな。

ブリジングコースを無事にパスし、長いホリデーに入ると同時に近所のナーシングホームのアルバイトもゲットできた。
仕事はスタッフもいい方たちに恵まれ、みんなに助けられながら何とかやっている。

ホリデー中も数は減ったが元彼との喧嘩は絶えず続いていた。
喧嘩の原因は9ヶ月経った頃でも、初めの頃と大して変わっていなかった。
喧嘩、仲直り、喧嘩仲直り、そしてまた喧嘩。
喧嘩するほど仲が良いとは言うけど・・・・。
ちょっと違うような気がしていた。

いい加減疲れ、年始にアパートを見つけ一人暮らしをはじめる。
彼と距離をおきたかったから。

その後、彼とはお別れしました。
やっぱり、元の生活には戻れないし、一人でがんばってみようと思ったから。

一人の生活の中で、徐々に本来の自分を取りもどす。
そして、2月に大学のコンバージョンコースが始まって今に至る。

こうやって1年を振り返ると、怒涛のような日々がめまぐるしく過ぎていった感じです。

去年のこの日にパース国際空港に降り立ったときは、この1年にこんな事が起こるなんて夢にも思ってなかったし。
いろいろあったけど、いろいろ含めて今の私がいる。
これまで起こった事、どれが欠けても、今の私はいないから
私に起こった事全てに意味があると信じ、全ての事に感謝します。

そして、これから起こる事全てを受け止め、逃げず、くじけず、前向きに人生を楽しんむよう努力して行きたいと思います。

これからも温かく見守ってくださいね。
そして応援よろしくお願いします!

けい

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年3月12日 (日)

成功する鳥は群れをなして飛ぶ

変化することを恐れる必要はありません。

解決可能な問題」しか、あなたの前には立ちはだからないのですから。
ある人は世界経済に頭を悩ませ、ある人は隣の犬がうるさいことに悩んでいます。
犬の鳴き声に悩む人の頭の上にも世界経済の問題は降りかかっている。
でもその事に気づくことはないのです。
『問題』は、その人が超えられる範囲のものしか現れないし、見えないのです。
成功する鳥は群れをなして飛ぶと言います。
自分を疑わず、理想的なあこがれる人たちの群れに身を寄せてください。』

「ポケット成功術」より抜粋
著者:山崎 巧巳

| | トラックバック (0)

2006年3月11日 (土)

看護助手のお仕事で使う英語⑥< レジデントとの会話>

< レジデントとの会話>

May I come in?            
入ってもいいですか?

I’d be glad to!             

喜んで!

What are you going to do?        

どうするの? なにするの?

Do it like this.            

こういう風にすればいいのよ。

What are you looking for?        

なにをさがしてるの?

What does it look like?         

どんなのですか?

Can you describe it?           

(その姿・形を)説明してくれる?

When would be fine with you?      

いつごろが都合がよろしいですか?

What time would be OK with you?             

何時ごろがいいですか?

Would that be OK?           

それでいいですか?

I’m sure you will get well soon.      

すぐに良くなりますよ。

Get well soon.             

早く良くなってね。

If  there is anything I can do for you, please feel free to ask.   

何かできることがあったら遠慮なく言ってください。

It’s going to be fine.          

何とかなるわよ。

I hope things work out for you.        

何もかも良くなるといいね。

What am I going to do?         

どうしよう?

What a relief.             

ほっとしたよ。

I guarantee.               

保証つきだよ!

| | トラックバック (0)

2006年3月10日 (金)

窃盗未遂?

昨日の放課後、友達のミッキーと一緒に図書館に行った時の事です。

私たちの取っている授業で先生にアウトラインに載っているビデオを次回の授業までに見てきてね、と言われた。
ビデオは30分の物1本と1時間の物1本、どちらも授業で扱う内容に沿ったもので大学の図書館で借りることが出来る。

大学の大きな図書館には本やジャーナル、コンピューターはもちろん、コピー機、プリンター、そしてTV、ビデオ、DVD,CDカセットレコーダーまである。
各階に自習コーナーの机やカンファレンス室があり無料で使う事が出来る。

カンファレンス室の1つにオーディオ機材が付いた部屋があり、そこを予約して他の友達も一緒にビデオを見ることにした。

図書館5階の本検索機械の横に、予約表があるのでそこに学生番号を書き込んだ。
ミッキーは
「ちょっと用事があるのでお弁当箱を預かっておいてくれる?すぐ戻ってくるから。」
と言い残し、お弁当箱の入った袋を私のかばんの横に置いて行ってしまった。

私は同じ階にある予約したカンファレンスルームにミキのお弁当袋とカバンを持って移動した。
ビデオをまだ借りていなかったので、カンファレンスルームに荷物だけ置き、貴重品だけを持って本検索機のところへ行った。
検索機(コンピューター)に借りたいビデオの名前を打ち込むとどこの本棚にあるか、貸し出し中かどうかを調べられる。
ミッキーが用事を済ませて帰ってくる間にビデオを借りておこう!

カチャカチャと名前を打ち込む。

すると、横に座っていた男の人が話しかけてきた。
「あの、すいません。僕のかばん知りませんか?」

「????カバン???」

あら、この人、本検索している間にカバン盗まれちゃったのかしら?

悲しい事だが、図書館での置き引きや盗難はよくある話で本人の足元に置いておいたカバンですら気が付かないうちに無くなっていたりする。

かわいそうに・・・。 

「さぁ~、ちょっと知りませんけど・・・。」

??? ・ ・ ・  ・  ・  ・ っは!!!!!!!!

  !!!!!もしかして!!!!!

「ごめんさい!私、知っているかも!! あなたのカバン!!」
彼を引き連れてカンファレンス室に急いだ。
カンファレンス室のドアを開けカバンを指差して聞いた。

「もしかして、これあなたのですか??」

「ぁ、僕のです。」

・・・・・・・・・すごく恥ずかしくなった。
彼のカバンをミッキーのカバンと思い込み、カンファレンス室に運んでしまったのだ。
どおりで重たいと思ったよ・・・。
何が入っているの?この中に・・・。

「ごめんなさい。
 悪気はなかったんです。
  友達のカバンだと思い込んで・・・本当にごめんなさい!」
ひたすら謝った。

彼はカバンが無事に帰ってきた事だけで満足と言った表情で
「いいですよ。」
と許してくれた。
良い人だ・・・。
今度は取られないように気をつけてくださいね!

けい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月 9日 (木)

家具の探し方

この国でシェアハウスやホームステイに住む時は大体は家具付きで、極端に言えばスーツケース1個ですぐに生活が出来るようになっている。

でも、一人暮らしとなるとそうは行かない事が多々ある。
今日は家具についてお話しますね。

家やアパートを探す時に「Full Furnished」と書いてあれば、それは家具付きの家という意味でベットや冷蔵庫はもちろん、食器まで付いている。
それに比べ「Partly Furnished」はちょっと家具付きで物件によってどんな家具が付いているかはオーナーに聞いてみないと分からない。

けいのアパートはこの「Partly Furnished」で、スペアルームにシングルベッドと埋め込み型のデスクとタンス、ベッドルームにダブルベッドとクローゼット、キッチンにはコンロ、冷蔵庫テーブルと椅子(4脚)が付いていた。

そのほかの家具はどうするのか?

もちろん自分でそろえるのです!
でもね、家具って高いんだよ。
新品なんて買うお金もないので、セカンドハンド(中古)で済ませようと思ったけど、職場の人に何気なく話したら電子レンジとカラーTVと扇風機、ヒーター、トースターをGetできた!
電化製品は大体そろったけど、どうしても本棚と引き出しのタンスがほしかったの。

カラーボックスがなかなか見つからず、どこに売っているのかも分からなかった。

先日、仕事帰りに車を走らせていたら、道端の粗大ゴミが目に入った。
西オーストラリアではサバーブ(区)によって粗大ゴミの日が決められていて、その日が近くなるとみんな道端に粗大ゴミを積み上げていく。

車を止めてよく見ると、TV台があるではないか。
ちょっと薄汚いが、掃除をすればまだまだ使えそう!
早速、車に2個TV台を積み込んだ。

それから、粗大ゴミを目にするたびに車を止め物色する日々が続いた。
掘り出し物が結構あった。
特に高級住宅地と名高いサバーブは必見です!

このおかげで、3段引き出しタンス(かなり質が良い)を2個Getしました!!
探せばあるものですね!!

粗大ゴミあさり、しばらくやめられそうもないです。
次は本棚ゲットだ!!

追記:西オーストラリアで粗大ゴミを勝手に持っていくと犯罪になるかどうかは不明です。
もし違法でも、通報しないでくださいね。

けい

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月 8日 (水)

試練の始まり?

大学のコンバージョンコースが始まって2週目が終わろうとしています。
大学は週3日(火、水、木曜日)しか授業がなくて「あ~、なんて楽なんだろう!!」
なんて、のんきに構えてたら大変な事に気が付きました。

後5週間の間に5つのアサイメント(課題)提出があり、そのうちの4つは同じ提出日・・・。

これはやばい・・・。
実にやばいです。
けい、もうすでにピンチです!!

大学のオリエンテーションで、各教科のアウトラインというのがもらえます。
これにはこれからの授業がどうやって進むのか、授業内容、アサイメント内容、テキストブックや参考文献などが盛り込まれています。
授業やレクチャーの前にこのアウトラインを見て予習をしなければならないのです。

それがまた、授業一回で進むペースがすごく速い。
だから読まなくちゃならない文献や教科書のページも半端じゃないんですよ。
それに加え、1日に2教科あるものなら予習の数も2倍・・・。
こんな浮かれぽんちな私が追いつくはずもなく・・・。
ちょっと出遅れました。。
初日は遅刻だったし・・・。
ちょっと気を引き締めないと!!

アサイメントは、
Sociocultural Persectives Health 131/132 (SCHP)
では、8つのトピックスから1つ選び2000文字のエッセイを書く。

Professional Practice Issues 214 (PPI)
の教科では、Analytical Paper で
1.Will using the Scope of Nursing Practice - Decision Making Framework (Nursing Boad of Western Australia) help nurses become more sutonomous?

2.How can patient outcomes be improved through nursing practice?

3.Is caring an essential part of quality nursing practice?
以上の3つの中から1つトピックスを選び1000文字のエッセイを書く。

選択科目である、Palliative Care Nursing 260では、
1.Disscuss the palliative management of a physical symptom.

2.'Palliative care can occur within any setting'. Do you agree with this statement?

3. What is spioriturality? Explore its meaning eithin a palliative care context.
以上の3つの中から1つを選び1500~1700文字のエッセイを書く。
それに加え、Reflect JournalとEssay style presentation 1500文字書かなければいけない。

SCPHは4月13日、その他は4月21日が提出日になっている。

このブログを見ている人の大半は「なんのこと?」とわけがわからないでしょう。
これを書いている本人でさえも分かってないのです・・・。
ダメダメですね・・・。

文字数だけでも、ざっと見積もって合計5000文字以上書かなければいけないことになるの。
イングリッシュブリッジングコース(ELB)では3ヶ月かかって1500文字のエッセイをやっと提出したのに・・・いきなり3倍以上です。

やはり大学の壁は高い・・・・。

でも、これを提出しないと単位ももらえないし、卒業も出来ないのでがんばります!
気合を入れなおしてがんばらないと!!
と、言う事でこれからブログが滞りがちになったら
「けいちゃんエッセイ苦しんでるな」と思ってくださいね。
そして、皆さんの元気の元を分けてください。

けい

| | トラックバック (0)

2006年3月 7日 (火)

英語を例えて言うならば・・・

昨日ブログで紹介したユキちゃん、この度アメリカにある企業に就職が決まり今ビザの申請中なのだとか。

ビザが下りれば今の勤め先を退職し、来年からの勤務になる。
前途洋洋のように見える彼女の口からこんな言葉が出た。
「私の英語通じるかしら?あっち(アメリカ)でちゃんとやっていけるかな?」

ぇ? 

ワーホリであれほどスラスラ話していた彼女。
「大丈夫でしょ!?」と私が言うと。

「もうワーホリなんてとうの昔の事で英語もほとんど忘れてるし・・・。」
今でも彼女は勉強しているけど、話す機会も限られているので自信がないのだとか。

そこで、こんな話になった。

英語を例えて言うならば・・・・自転車。

自転車って、一度乗れるようになると、例えば5~6年自転車に乗る機会がなかったとしても、「乗れません!!」て事ってないでしょ?
人によって時間がかかるかもしれないけど、たいていちょっと練習すればスイスイ乗れるようになるもの。

英語も同じ、一度話せるようになった人はまた話せると言う事。
英語に触れる機会が多ければ多いほど、昔の感覚も早く取り戻せる。
「あ、そうそう!!その単語使った覚えがあるよ!」
と言う感じでね。

去年の3月にパースに来た時に5年ぶりにワーホリ時代にお世話になった友人に会った。
彼はイギリス人でその当事付き合っていたドイツ人の彼女は妻になっていた。
そんな久々の席で笑いながら彼は言った。
「ぅわ~。英語へたくそになったね。」

       がく・・・・。(撃沈)

自覚はしてたけど・・・・そんなに直球で来るとは思わなかったょ。
すっかり肩を落とす私に彼がフォローを入れた。
「大丈夫!今まで使っていなかったんだもの!しょうがないよ。3ヶ月もすれば元に戻っているさ。」

それからは早く3ヶ月過ぎないかな~と思いながら毎日を過ごした。
本当に不思議なもので、日々の生活の中で昔覚えた単語やフレーズなどが少しずつ頭に蘇ってきた。

じゃ、まだ自転車に乗るコツをつかんでない人はどうすればいい?

転ぶ事を恐れないで練習あるのみです!
転んだ数だけ上達していくのです!!
ひざやひじに出来た擦り傷は勇気努力の勲章です。
散々転び、「もう、自転車なんか乗れなくてもいい!!」
と自転車を放り出したくなる時はちょっと想像してみてください。

自転車にかっこよく乗れている自分を。

もう少しです!
コツさえつかめれば、立ちこぎだって出来るようになりますよ!!

初めて自転車に乗れたときの喜びや頬に受ける風の気持ちよさをあなたはきっと忘れないでしょう。

なんか自転車の話なのか英語の話なのかよくわからなくなってきましたね。
英語や自転車は生活になくても生きていけます。
でも、英語も自転車も使えるようになれなれば人生はもっともっと楽しくなるし行動範囲ももっともっと広がっていくと思います。

けい

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006年3月 6日 (月)

ユキちゃん

昨日、すごく久しぶりに日本に居る友人の「ユキちゃん」に電話をして2時間ほど長電話をしてしまった。

ユキちゃんは私の高校時代からつるんでいる5人グループのメンバーの一人で、今は旅行会社に勤めている。
彼女は大学を出てすぐにオーストラリアにワーキングホリデーで渡豪したことがあり、一時期はツアーガイドやナニー(ベビーシッターみたいなもの)をしていた事もある。
彼女の突然の渡豪にグループメンバー誰もが驚きを隠せないでいた。

その当時の私は都内某総合病院に勤務しており、グループメンバーの一人であるかおりと休みを合わせてユキちゃんに会いにゴールドコーストまで尋ねて行ったのが私の初海外経験である。

大げさかもしれないが、あの時ユキちゃんが渡豪していなければ、今の私もいなかったであろう。

ユキちゃんは私たちがゴールドコーストに滞在中に以前彼女がお世話になったホームステイの家に食事に招待してくれた。
彼女が「日本から友人が来る」とホストママに話したら「オーストラリアの家庭を見るいい機会だから家につれてらっしゃい。」と言ってくれたらしい。
私たちは喜んでお土産持参で伺った。

当時の私はすごく恥ずかしい話だが「私の英語かなりいけてる!」と信じて疑っていなかった。
特に英会話教室に通っていたわけではない。
自分で本(英語のフレーズブック)を買って読んでいただけである。
なのにこの自信はどこから来たのか?
今でも不思議・・・。

が、ホストファミリーが話している事がさっぱり理解できなず、
私の英語もまったく通じなかったのである。
当然と言えば当然・・・。
井の中の蛙とはまさしくこの事。
その横でユキちゃんは私たちに通訳までしてくれた。
そんな彼女をすごくうらやましく思い、同時にすごく悔しかった。

「彼女と同じ高校を出ているのに、何でこんなに違うのだろう?」

こんな思いが頭の中をぐるぐる駆け巡っていた。
私が帰国する前にユキちゃんに思い切って聞いてみた。
「どうしてそんなに英語が話せるの?(同じ高校出ているのに・・・)」
彼女は笑顔で控えめにこう答えた。
「私なんてまだまだだよ!練習あるのみ!Let's practice!」

「え?ナニ? プラスチック? それどうするの????」

私の英語力なんて所詮こんな物でした・・・。

ワーホリをしている彼女の生活を見て
!!これだ!!と思った。
そしてオーストラリアを出国するときに青い空に誓ったのである。

絶対にワーホリでここに戻ってくるぞ!!

と。

それからはあっという間だった。
帰国してすぐに英語の勉強とワーホリ資金の貯蓄を始めた。
そして、それから2年後。
私とカオリは再びオーストラリアに舞い戻ってきたのです。
パース国際空港に日本からの片道チケットとYHA(ユースホステル)ガイドを握り締め!

そしてそれからのパースでの1年間が今の私へと繋がり・・・
運命はこうやって回っていくのですね。

あなたに出会えて私は幸せですよ!

今日はそんなお話。

けい

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月 5日 (日)

「成功の反対」にあるものは何?

さて問題です。
黒の反対を白とするならば、「成功」の反対はなんでしょう?

「失敗」と答えた人、ハズレです。
なぜなら「成功」は必ず「失敗」の延長上に存在するからです。
「失敗は成功のもと」と言われるとおり、「成功」と「失敗」は同じグループだと考えましょう。

では「成功」の反対は?
答えは「何もしない」です。
失敗しないように努めながら「何もしない」人こそ、「成功」からもっともかけ離れていると言えます。

昔、億万長者である叔父に「成功のチャンスはどこにあるの?」って聞いたことがあります。
すると「人の失敗した後を探してごらん。そこにチャンスはあるよ。普通の人は失敗した人を笑うだけ。だけど、ある人が何かあると思い、行動した結果が失敗だったわけだ。そこには行動しようと思うような何かがあるんだ。」って教わりました。

失敗からは学ぶべきものがたくさんあります。
ホームラン王は三振王ですし、天才は失敗を続けてもくじけない人の事を指します。
うまくいかなかったことを分析し、次に活かしていく人です。
チャレンジもせず人の批評ばかりしている人達の声を気にしないでください。
あなたが結果を出した時、その人達は賞賛の拍手を贈る人達なんですから。

「ポケット成功術」より抜粋
著者:山崎 巧巳

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006年3月 4日 (土)

看護助手のお仕事で使う英語⑤<誘導時編>

Shall we watch TV?          

TVを見ましょうか?

You need to do that.        

そうすることがあなたにとって必要です。

You need to ~.         

It’s necessary for you to do that.

~そうすることがあなたにとって必要です。

Come this way.            

こちらですよ。

Keep going!              

Way to go!

Go for it!

その調子!

You can do it!            

You can make it!

あなたならきっと大丈夫!

You did all right!           

がんばったじゃない!

There’s no need to rush.        

あわてる必要は無いですよ。

Take your time.           

ゆっくりでいいですよ。

You're doing very good! (well)        

いい感じですよ!

Could you move forward.        

前に進んでください。

Could you move back.         

後ろに進んでください。

Now, you can sit down.           

座ってもいいですよ。

We're almost there.        

もうすぐですよ。(もうすぐ終わりますよ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月 3日 (金)

水道料金

このアパートに越してきてもうすぐ2ヶ月になる。
1階のアパートの中庭に小さなオフィスがあり、月・水・木曜日の午後4時から6時間、そのオフィスはオープンする。
そこに家賃を払いに行く。
家賃は1週間ずつ払っても、2週間ずつ払っても1ヶ月ごとに払ってもよいことになっている。(自分のふところ具合と管理人さんは言っていた。)
この間家賃を払いにオフィスに行ったときに、ちょっと前から気になっていた事を管理人さんに聞いてみた。

「電気代の請求は来るんですけど、水道代の請求がまだ1回も来てないんです。
水道代、どうやって払えばいいのですか?」

管理人さんは大きな目がなくなるほど目を細め、にっこりすると私に言った。
「水道代は払わなくても良いんだよ。だから好きなだけお水飲んでいいよ!」

そうなんだ~!!
水道代は取られないのか!!
今まで節約しようと、トイレの水をケチってたり、
シャワーが止まらなくなった時も、頭の中でドル札に羽が付いて飛んでいくのが見えたけど。
もうそんなことしなくていいのね!!
シャワーが心置きなく浴びれる!!
ちょっとうれしかった。

そんなにがぶがぶ飲むほど水道水は好きではないのですけど・・・管理人さん。
とちょっと突っ込みそうになったけどね。

けい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月 2日 (木)

はまったもの

オーストラリアに来てはまったものの中に「数独SUDOKU」がある。
数独、それは数字のパズルである。

こっちで発行されている数独のマガジンには「Logical number-placing puzzles from the Japanese inventors of SUDOKU」と書いてある。

私が「数独」を知るきっかけとなったのは、今の大学付属の語学学校の授業だった。

パズルが授業?

先生は英語で書かれた数独の解き方の説明とどうして有名になったかが書かれているプリントを配た。クラス内でそれを読み、その日の宿題はプリント内にある例題を見てパズルを解いてくるものだった。

ルールは単純で、縦9マス×横9マス(その中に3×3のブロックが9個ある)でできた1マスに1~9までの数字を当てはめていくと言うもの。

ただし、縦1行、横1行、3×3のマスの中には同じ数字は入らない。

数字の配置を解くパズルなので縦横の数字の計算などは必要なく、ただ1~9までの数字を埋めていく作業。

これが結構はまる。

次の日に宿題をやってきた生徒はいたが、先生が「ほしければ他の(数独の)問題もあるから、あげるわよ~」と言ったのに対し本当にもらいに行ったのは私ぐらいかも。

それ以来、本屋で「SUDOKU」の本を買ったり、新聞に掲載されているSUDOKUのコラムを見つけると鉛筆片手にのめり込んでいた。

パズル系にはまったのは看護学校の時にはまった「お絵かきロジック」以来かな?

お絵かきロジック→縦段、横段に書かれている数字を元にマスを塗りつぶしそこに浮き出る絵を完成させて何の絵か答えると言うパズル。

その当時、看護の教科書にパズルのマガジンを挿みもくもくとパズルを解いている姿を先生は必死に授業を聞いているものだと勘違いしたものだ。

その集中力がもっとほかの事に生かせれば、私の人生もっと変わっていたかもしれない。 

興味がある人はやってみてね!

けい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月 1日 (水)

昨日の駐車場

今日はちゃんと時間通りに大学のクラスに着いた。

昨日スッタクした駐車場の砂地には「立ち入り禁止」の黄色いテープが張り巡らされ、
誰もそれ以降ははまっていないようだ。

少し安心した。

けい

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »