« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006年4月30日 (日)

風邪っぴきの4月最後の日

4月も今日で最後の日となりました。
早いものですね~。そんなこんなで、このブログもアクセス数7000件を超えました。
毎回遊びに来てくださる皆様、本当にありがとうございます。
そして、これからもよろしくお願いしますね。

日本は、ゴールデンウィーク真っ只中でしょうか?
パースは最近とても寒くなってきました。
近頃の最高気温は21~23度です。
これでもまだ秋なのに・・・。去年はもっと暖かかった気がするのに・・・。

朝起きるのがとても辛くなりました。
ここ3~4年風邪一つ引かず、元気に過ごしてきた私でしたが、
風邪引いてます。私も馬鹿じゃなかったのね・・・。
熱はないので、まだ、大丈夫ですが、鼻水が咳きに変わりつつあります。
慌てて昨日、日本から持参の抗生剤を飲みました。
(いったいいつのよ??)
一人暮らしで、風邪引くと、ちょっと心細くなるのは私だけでしょうか?

このまま死んでしまって、誰も知らないうちにポッサムに死体を食い荒らされてしまったらどうしよう・・・なんて、ちょっと心配してます。(なんて大げさな。。。)

まだ、PCNのアサイメントが残ってて風邪引いている場合じゃないのに。
不覚でした。。。
アサイメント終了後の打ち上げ飲み会までには治さないと!!

けい

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年4月29日 (土)

症状に関する接尾語

前回はMedical Terminologyの前置きをお送りいたしました。

今回からは具体的にMedical Termを見ていきましょう。
その前に、学習の仕方・表の見方です。

*下の表を見てください。
接尾語:接尾語は必ず他の語につくので-(ハイフン)が付きます。
     例)-ALGIA
英語の意味:接尾語の英語での表現、意味を示します。
     例)-ALGIA=PAIN
日本語の意味:英語の日本語訳
     例)PAIN 痛み
専門用語:接尾語が実際に使われている医学専門用語
     例)GASTRALGIA
     普通、カルテや医学の専門書、ジャーナル等に出てくる専門用語。
分解:専門用語を効果的に覚えるために、分解してみます。
     例)GASTR/ALGIA
         胃   痛

表の最後に専門用語の日本語の意味を書いてありますが、それはあくまで参考にとどめ、まず、分解方式のやり方で覚えてください。

 *症状に関する接尾語 Symptomatic Suffixes*
接尾語 / 英語の意味 /日本語の意味 /専門用語  /分解
-ALGIA    Pain             痛み       Gastralgia     GASTR/ALGIA
                                                      Nephralgia    NEPHR/ALGIA

-GENIC   Origin            ~性の、源  Osteoginic    OSTEO/GENIC
                                                     Pathogenic   PATHO/GENIC

-LYSIS   Dissolution     溶解            Hemolysis     HEMO/LYSIS
             Braking down   破壊する   Myolysis       MYO/LYSIS

-PENIA   Deficiency       欠乏     Leukopenia   LEUKO/PENIA
             Decrease         減少     Neutropenia  NEUTRO/PENIA

GASTRALGIA  胃痛
NEPHRALGIA  腎痛
OSTEOGENIC  骨性の
PATHOGENIC  病理性の
HEMOLYSIS   溶血
MYOLYSIS    筋崩壊
LEUKOPENIA  白血球減少症
NEUTROPENIA 好中球減少症

以上です。

「看護英語ライセンス」 
著:荒井蝶子
テクノコミュニケーションズ出版 より抜粋。

大体イメージがつかめたでしょうか?
次回は診断に関する接尾語です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月28日 (金)

ゲーテ

人はいかに遇されるかによって、それなりの人物になっていく。

ゲーテ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月27日 (木)

もうひと踏ん張り!!

PPIのエッセー1000文字をおととい書き上げ、今日、ランゲージサポートの先生に見てもらいました。
手直しを終え、表紙も、目次もつけて完成!
後は明日仕事が終わってから大学に提出しに行くのみ!!
今回のエッセーは「NBWAで出しているフレームワークを使う事によってナースは自治権(権限)をもっと取れるか?」と言うトピックスだった。
すごくこのフレームワーク事態を理解するのに時間がかかったけど、理解したら案外すんなりと進んで、文献を読んでいて面白かった。

看護師の権限はこちらではすごく増えていて、それなりに責任も重いが看護師の自治権(権限)が多い病院では、仕事に対する満足度も高く、仕事離れも少ないと言うデーターが出ている。

日本でも、看護師の権限は少しずつ増えては来ているが、まだ田舎の方に行くと看護師=医者のこま使い的な傾向が強いと感じた。
こっちの病院ではまだ働いた事がないのでわからないが、今のうちにしっかりと勉強しておこうと思ったよ。
何より終わってよかった。

っっと、ホッとしている場合ではない!!

今回の山場、PCN(緩和ケア)のアサイメントの締め切りが来週の金曜日(5月5日)に迫っているのだ。
当然のごとく、まだ何も手をつけていない・・・。

今回のアセスメントはReflective Journalを2ケース(文字制限なし)とEssay style presentation(1500文字以下)。
Reflective Journalは症状のトピックス(例えばPainや便通コントロールなど)を自分で選択し、それについて自分がこれまでに行った看護を振り返り、何を学んだかを書くと言う物。
これには文献はいらない。

Essay style presentationはこの間行ったホスピスの実習で自分が学んだ事を文献を交えて書くと言う物。

どちらも今までのエッセイとは少しタイプが違う。
どうしよう。
この間のホスピス実習の事は書けるけど、今までの患者の看護はトウの昔で覚えてないよ。。。

ま、がんばろう!
これが終わればしばらくアサイメントから開放されるので、もうひと踏ん張りよ!!
でも、今朝から鼻水が止まらない、寒気もするし、鼻かぜでもひいたかな?
鼻のかみすぎで鼻の頭が赤いの。
それに鼻もひりひりする。

と言う事で今日は早く寝ます。

けい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月26日 (水)

豆乳は豆腐になれるのか?

オーストラリアでも日本食はちまたにあるアジアンショップで買うことが出来ます。
でも、他の国の食品や日本で売っている価格に比べて幾分高め。
同じ醤油やマヨネーズでも韓国産や中国産のほうが安いので、(味が違うときもあるけど)代用品があるときはそちらで済ませます。

この間、豆腐がすごく食べたくなったの。
アジアンショップにもコールスやウールワース(こちらの大手スーパーマーケット)にも置いてあるが、ずっと前に買った自分で作る豆腐キット『ほんとうふ』がすごくおいしかったのでそれを探しにアジアンショップへ向かった。

ひと箱約2ドルで売られていて中に入っている豆乳の粉末を600mlの水に溶かして煮立て火を止めて粉末固形剤(にがりみたいな物)を振り入れるとみるみると固まって豆腐になると言う代物。
小学校の時にやった実験を思い起こさせてとても楽しめる。

豆腐って、豆乳とにがりから出来ているんだよね?

それじゃあ、にがりがあればいつでも豆腐が簡単に作れるはず!!
と、言う事で去年、父にペットボトルに入った液体のにがりを3本ほど郵送してもらったいた事を思い出し、スビアコマーケットから豆乳を購入した。

豆乳のパックの「シュガー:57mg」表示が気になったけど、これで豆腐が作れる!!という期待に胸を膨らませて家に帰った。

早速買ってきた豆乳を煮立ててにがりを投入した。
見る見るうちに!!かたま・・・・らない・ ・ ・ ・?

固まるどころか分離しだして、なんか牛乳を飲んだ後にの吐物みたい。。。
(汚い表現でごめんなさい、でも、この表現が一番近かったので)

やっぱり含まれていた砂糖がいけなかったのが?

豆腐が食べられる期待を一気にぶち壊され、すごくがっかり。
どうしてもあきらめ切れなかったので次の日に近所のアジアンショップに行って違う種類の豆乳を購入。
「これ、ノンシュガー??」と聞くと、
「砂糖の甘みは感じないよ。」と、でも、パックには「REDUCED Sugar(低糖)」の表示が。
怪しい、怪しすぎる。

私の予感は見事的中。低糖豆乳も豆腐にはなれなかった。

アジアンショップはあきらめ、近所のコールスをのぞいてみた。
豆乳original「飲みやすくなって新発売!」の表示にだまされ購入。

これもやっぱり固まらなかった。
何がいけないんだろう?

こんなんならアジアンショップで豆腐を買ったほうがずっと安上がりだった・・・。
すごく簡単に豆腐が作れるのなら、スーパーにあんなには売ってないのかもしれない。
でも、ここまできて、いまさら豆腐作りをあきらめきれない!!

こうなったら意地でも手作り豆腐を作ってやろうじゃないの!

新たな豆乳購入の前に、冷蔵庫に残っている豆乳を消費しなければ。
しばらく豆乳付けの日々です。

けい

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2006年4月24日 (月)

屋根裏の住人捕獲??

今日、家賃を払いに行ったときに、管理人さんが私に聞きました。

管理人さん「最近屋根裏の物音はどうだい?」
けい「う~~ん、この前家賃を払った日から数日は聞こえてたけど、そういえば今週末は聞こえなかったな。」
管理人さん「そうかい。」
と言うとにんまりした。
けい「え?もしかして捕まえたの??」
管理人さんは笑顔で「うん」と言って頷いた。
けい「で、なんだったの?正体は??ねずみ???」
管理人さん「ポッサムだったよ。こんぐらいの大きさの。」
と管理人さんはメロンを手で包むみたいなしぐさを見せた。

    すごいじゃん!管理人さん!やるときはやるのね!!

けい「いったいどうやって捕まえたの?」
管理人さん「袋で作った罠を仕掛けてかかったのさ。飼うかい?」

ウィキペディアによると『オーストラリアでは保護動物となっているので勝手に捕獲することはできない。』ってなってるけど、捕まえちゃったのね。。。 

けい「ぇ?天井に仕掛けたの?」
管理人さん「いいや、屋根に仕掛けたんだよ。あいつは雨どいかを伝って屋根裏に忍び込んでたんだね。」
けい「で、どうしたのそのポッサム?」
管理人さん「下の階に降りるときに、袋から逃げ出して、木の上に隠れちゃったよ。」

  がくっっ・・・・。

って逃げてんじゃん!!

けい「え?逃げたの?じゃ、またうちの天井裏に来るかもしれないじゃん!!」
管理人さん「うん。また話に来るかもね!!」

話すどころか、天井駆けずり回ってますけど・・・。

頼りになるのかならないのかさっぱりわからない管理人さん・・・。
でも、今のところ天井裏から物音は聞こえない。
ポッサムも今回の事で警戒しているのだろう。

しばらくは静かかな?

けい

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月22日 (土)

次なる課題

金曜日にやっとPCN(緩和ケア)のユニットのアサイメント(呼吸困難についてのエッセー1500文字)を提出してきました。

で、お次は??

来週の金曜日までにPPI(Professional Practice Issues)のアサイメント、3つのお題の中から1つ選んでアナリティカルエッセーを書きなさい(1000文字)と言うもの。
ずっと前からどのトピック(お題)にしようか迷ってたけど、やっと決めた。

トピックは

Will using the Scope of Nursing Practice - Decision Making Framework (Nuesing Board of Western Australia) help nurses become more autonomouse?

と言うもの。

  ????は????

って感じでしょ?  私も頭の中が???でいっぱいです。
要はこのNBWAで出しているフレームワークを使う事によってナースは自主権をもっと取れるか?

賛成? OR 反対?

って事らしい。

一応賛成の立場で書いてみようと思う。
だって、反対にするとどうして反対なのかを説明する根拠もないし、大変だから。
賛成なら、フレームワークによって得られる効果をナースの自主権につなぎ合わせ説明出来ればOK。
でもね、あらすじは大体決まったのだけど、
この効果と自主権に結びつけるような文献がまだ見つからないの。。。

こんなのんきにブログなんて書いている暇はないのかも。。。
月曜日には何とか仕上げて、ラーニングサポートの先生に見てもらいたいから。
この質問内容を理解するのにすごく苦労して、元々集めた文献の9割は見当違いなものだと気がついた。
ふりだしに戻る・・・って感じです。

がんばろう!

私ならできる! 絶対できる!!
しばらくまたエッセーの夢でうなされそうです。

けい

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月21日 (金)

衝動買い

毎週木曜日は買い物の日と決めている。
この日は1週間分の食料などを買い込むの。

私の母は店頭販売が大好きで、あのデモストレーションに乗せられていろいろ買い揃えていた。
血は争えないもので、私も店頭販売やTVショッピングが大好きで、いつも誘惑と戦っている。
5年前くらいに流行った「アブストラクト」(腹巻みたいな機械で、電磁力で腹筋を収縮させ努力しないで、知らない間に素敵なプロポーションに!!と言う代物。もちろんそんな分けなかった。)も、即買いでした!!

今日もそんな甘い罠にかかってしまった。
買い物に行ったスーパーの肉売り場のちょっとしたスペースに即席ステージ(2×2メートル)があり、その上の赤い布を敷いたテーブルの前におじさんが立ちなにやら話し始めた。

   なに?手品でもやるのかしら?

と興味半分に客が集まり始める。
もちろんその中には買い物トロリーを引いた私もいた。

おじさんは快調な喋りと同時に手に持った包丁でいろんな物を切り出した。
このナイフの名前はForever Sharp!
その名の通り、切れ味シャープでトマト、食パン、ハンマー、そしてまな板の角まで、切るれ切れる!!
ハンマーを切った後なのにトマトもこんなにスムーズに切れる!!」
それはもうマジックのよう!

!!すごいっっ!!すごすぎる!!!

あいた口がふさがらなかった。

オーストラリアに来てから、切れない包丁にすごくストレスを持っていた。
日本にいた時は父が3ヶ月に1回は包丁を研いでくれてたので、それはそれは野菜も、肉も、自分の指さえスパスパと切れた。
だからこの包丁を見たときは、胸がドキドキした。
これであの切れないイライラから開放される!!

しかも、普段は1本31ドルする包丁が今日は3本付いて、それに果物用のナイフが2本、すごく鋭くとがったナイフが1本とオレンジにさすとそのままオレンジからジュースだけが飲めると言う不思議なストロー2個、計8点で125ドルはくだらないこのセットが

      なんと33ドル!! しかも保障つき!!

それとは別に、デモストレーション後には無料で果物ナイフ(5ドル相当)がもらえる。

なんてお得なの!!
何か裏があるのかも? 
騙されてるんじゃ?
おじさんは特別に訓練されているから、そんなにうまく切れる、とか・・。

でも、33ドルであのストレスから開放されるなら、試してみる価値あるかも?

いろいろ考えているうちに、デモンストレーションが終わり、無料の果物ナイフと同時に積み上げられた包丁セットの箱が次々に売れていく。
え?この人達はみんなサクラなのか?
それとも同じように切れない包丁にイライラしているのか?
賭けてみるか?33ドル。
たかが33ドル、されど33ドル・・・。

    で、 私も買ってみた。

そして夕食にゴーヤちゃんプルを作ってみた。
切れ味抜群!
それまで使っていた包丁なんて、これに比べればおもちゃのナイフみたいに感じる。
これで、料理するのも楽しくなるね!!

今日の賭けは私の勝ち!!

けい

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月20日 (木)

屋根裏の住人・その後

この間、天井裏に何かがいると家賃を払いに行った時に管理人さんに話した。
管理人さんは「ねずみか?」
けい「ねずみよりかは大きいような気がする。友達に話をしたらポッサムじゃないか?と言われたよ。他の住人からは何か聞いてないの?」
管理人さん「いいや。でも、天井裏も火災防止の関係で壁で仕切られてるから、小動物が隣の部屋の天井裏から行き来する事はありえないよ。」
だって。
けい「もしかしたら秘密の抜け穴があるのかも??」と言うと、
管理人さんは笑って、「そうか~、じゃ、近いうちに一応天井裏見てみるよ。」
と言って、管理人さんのやる事リストにメモまで取ってくれた。

それからしばらく音沙汰なし、相変わらず、時々天井裏を何かが駆け回る音が聞こえる。

昨日、大学に行こうと家を出た時にちょうど管理人さんにあったので聞いてみた。
けい「天井裏見てくれたかしら?」
管理人さん「うん、見たよ。鳥じゃなかったね。」
けい「じゃ、ねずみ?」
管理人さん「何もいなかったけど、他の住人に聞いたら屋根の上を駆け回る音を聞いたって、天井裏じゃなくて屋根の上の音を聞いたんじゃないの?」

そんなはずは、屋根は瓦屋根なので、小動物が走るとカラカラと瓦がぶつかり合う音がする。
でも、屋根の上を走り回って爪で床を掻くような音まで聞こえるものなのだろうか?

管理人さんは「ま、見てなよ!今に捕まえてやるから!!」と言い残し去っていった。
捕まえるの?
どうやって??
捕まえたらどうするの???
いろんな疑問が頭に浮かんだが、今は管理人さんだけが頼りです!!

頼むよ!!

けい

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年4月19日 (水)

エッセイの虎の巻

やっと、「呼吸困難」についてのエッセイを書き終えた。
書いている間、私が呼吸困難になりそうだったよ・・・。
後は、手直しをして文献リストをつけて金曜日に提出だ!!

ここ最近はエッセイの話題ばかりで、看護留学に興味の無い人にはすごくつまらない話題でごめんなさいね。

でも、書きます!
エッセイの何がそんなに大変なのか?」

まず第一に英語力!!
これは必須!! これがいまいちだと私みたいにすごく苦労する事になる。

それ以外にエッセイに必要な物、それは文献
文献がないとただの作文になる。
論文は作文と違い必ず文献が必要になってくる。

どうして文献が必要なのか?

文献がないと説得力に欠けるからです。

例えば、「紅茶きのこ」についての論文を書くとしましょう。
『紅茶きのこは体に良い』と書いても何の根拠があって『良い』と言うのかが明確ではありませんね? 

そこで、『紅茶きのこは体に良い。日本紅茶きのこ研究所が発表したデーターによると紅茶きのこを飲んだ100人のうち75人から代謝を促進させるような成分が採取された。』というと、「ほ~なるほど」と思うでしょ?
でも、この文献はどこのでもいいとは限らない。

「3丁目の山田さんが言ってたけど、紅茶きのこって体にいいらしいわよ。」
と言う情報と
「KO大学の王系教授が紅茶きのこが体にいいっていってたよ。」と言うのではどちらが信用性があるだろうか?
3丁目の山田さんが「紅茶きのこ研究会名誉助教授」な可能性は少ないのでKO大学教授を信用するよね?

これと同じ事がアカデミックの論文にも言える。
だから、データーの出所もはっきりさせなくてはいけないし、信用性のあるものでなければならない。

それらの文献を使って自分の意見を代弁させるのがエッセイなわけ。

先生から言わせれば「文献のないエッセイは作文で誰があんたの意見なんて聞いた?何を根拠にそんな事が言えるの?」となるわけ。
要は先生の求めている答えを沢山の文献を使って「ほら!私こんなに勉強しているのよ!!」とアピールしつつ答えを導く事が出来れば、間違いなく合格となる。

それが一番難しいのだけどね。

さ、今日も文献探しガンバロウ!!

けい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火)

イースターホリデー、何してましたか?

仕事場の同僚やレジデントの方に「イースターホリデーは楽しんだ?」と聞かれます。

っって、ずっと仕事してたじゃないですか!!私!!

しかもクリスチャンでもなんでもないし、イースターにもなじみが無いのでいまいちピンとこない。 
でも、イースターエッグのチョコレートは喜んで食べた。

「昨日は(夜)出かけたの?今日は仕事終わったらどうするの?」
と同僚の同じ名前のKAY(けっこうおばちゃん)に聞かれました。
「昨日は家でアサイメントをしていました。そして今日もこれからアサイメントをします。」
とさえない顔で答える私に、Kayナンバー1(ちなみに私はKayナンバー2、アジアンKayもしくはジャパニーズKayと呼ばれる。)はため息まじり
「それはぜんぜんエキサイトじゃないわね。(お気の毒に・・・。)」と同情してくれた。

そう、金曜日に提出の「呼吸困難」について1500文字のエッセイを書かくのにこの週末を費やしてましたよ。
でも、まだ終わってないの。
昨日なんか、エッセイが書けない!!夢まで見ちゃうし。
寝ても疲れるのはこのせいかしら?

明日、OZの友達にエッセイをチェックしてもらう約束をしたのに、それまでに終わらせたかったのに、もう頭は電池切れで働かない。
ぃゃ、元々電池なんて入ってなかったのかもしれない。

しかも今回のエッセーは前回のエッセーと違って書いていてもぜんぜん面白くないの。
早く終わらせて、次のアサイメントに移りたいのに。
頭も痛いし、寒いし、おなか減ったし。

寝よ。 明日がんばるよ。
今日は悪夢でうなされないといいな。

けい

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年4月16日 (日)

ヘレン・ケラー

この世でもっとも素晴らしく、もっとも美しいものは、見ることも触ることもできません。
でも、心でなら感じることができるのです。

ヘレン・ケラー

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年4月15日 (土)

Medical Terminology(医学専門用語)前置き編

先週でひとまず終わってしまった「看護助手のお仕事で使う英語」に引き続いて、今回から医学専門用語を少しずつUPしていきたいと思います。

医学専門用語といっても、単語などは看護英語などの本を買えばいくらでも乗っているので、ここでは取り上げず、医学用語をマスターする方法を書いていきたいと思います。

って、マスターしてない私が言うのも変な話ですけど・・・?

ま、一緒に勉強していきましょうね。

MEDICAL TERMINOLOGY-医学専門用語の多くは、ギリシャ語とラテン語の語源から成り立っています。
これらの医学専門用語には、接頭語・語幹・接尾語の構成要素からなる合成語が多くあります。例えば、赤血球と言う字は、だれが読んでも「せっけっきゅう」と読み、「赤」を「しろ」と読む人はいません。それは、日本では「赤」はあか・セキと読みましょうという約束事、というか取り決めがあるからです。
医学英語も同様です。

HYPERGLYCEMIA(高血糖)という字は、HYPER=高、EMIA=血、GLYCO=糖、のギリシャ語に当たります。HYPERはいつでも“高い”という意味で、HYPER/TENSIONは“高い、張力・緊張” →高血圧の意味です。
LEUKEMIAのEMIAは血を意味し、LEUKは白いという意味でいわゆる白血病ー血液中の白血球が異常に変化する病気を表します。

このようにギリシャ語とラテン語の語源を漢字を覚えるように覚えて、医学英語の中でそれらを見分け、分解していく事が大切です。
それが医学専門用語をマスターする近道でもあります。

それでは、構成要素の説明をしましょう。

HYPER / GLYC / EMIA
接頭語  語幹  接尾語
(Prefix) (Root)  (Suffix)

HYPERGLYCEMIAを例に取ると、EMIAの部分が接尾語で、どんな病気か、どんな手術をしたか、そしてどんな症状なのかを教えてくれます。
他のどの部分がわからなくても、接尾語さえ知ってれば、患者の症状・手術の方法・どういう病気かわかるので、看護師はこの接尾語をぜひマスターしておく必要があります。
接尾語は①症状、②診断、③手術に関する接尾語に分ける事が出来ます。

語幹はGLYCの部分で、体の部位や臓器を示し、構成要素の幹をなす物です。
接頭語はHYPERにあたる部分で、Prepositions-前置詞や、Adnerbs-副詞のような修飾する語で「高い・低い」とか、「多い・少ない」などのような形容詞的役割をします。

接尾語から学習していったほうがより効果的なので、次回からは「症状に関する接尾語」で、よく使われる語からはじめます。

「看護英語ライセンス」 
著:荒井蝶子
テクノコミュニケーションズ出版 より抜粋。

さて、いよいよ次回から本格的に始まる医学専門用語シリーズ!
これを知っておくと、始めてみる単語でもなんとなく察しがつくので便利です!
次回をお楽しみに!

けい

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年4月14日 (金)

Easter chick!

昨日は、久々に大学の友達とアサイメント提出祝いでのみに行った。
(この際理由は何でも良い!)
明け方の3時ごろまで友達のFちゃんちで飲み、そのまま彼女の家に泊まり朝6時に起きて、仕事に行った。

さすがに眠さと二日酔いでふらふらだったけど、その眠気を吹き飛ばしてくれる物がナーシングホームで私を待っていた。

レジデントの方たちが食事をしたりアクティビティーをするダイニングルームの一角にテーブルの上に置かれたアクリル製の浅い箱、その中にはチップされた木のくずとエサ箱、水の入ったお皿、そして中央には大きな保温ランプがセットされている。

近づくとなにやら薄黄色のフワフワした物体が身を寄せ合って寝ているではないか。

     ??????

  !!!ひよこ!!!だ!!

そう、今日はイースター(復活祭)のグットフライデー!
この日に合わせて、ナーシングホームがひよこの孵化セットを借りてきて卵を孵化させるイベントだった。
月曜日にホームに到着した12個の卵たちが、アクリルの箱の横にある孵化装置(保育器みたいに一定の温度が保てる)に入れられ、そこで孵化する様子をみんなで鑑賞したらしい。
私はちょうど大学で仕事が休みだったので、孵化の様子は見れなかったけど、このふわふわのひよこたちが見れただけで十分だ。

もちろん手にとって触ることも出来る。
私の両手にすっぽりと納まるひよこはすごくかわいくて、思わず握りつぶしてしまいそうになるほど愛らしい!!
仕事中も、ダイニングルームを通るたびにひよこたちに癒されていました。
ぇ?サボってなんていませんよ!!?

このひよこイースターが終わったらどうなるの?

と他のスタッフに聞いたら、「フライドチキンになるのよ!」
と、にっこりと笑って答えた。
「ぃゃぃや、それは冗談だけど、鶏卵場に帰るんじゃないのかしら?メスはそのまま卵を産むから生き延びられるけど、オスは確実にKFC(ケンタッキーフライドチキン)かレッドルースター(ローストチキンなどを扱っているファーストフード店)行きね!!」
と、なんとも現実的な答えが返ってきた。

   1匹くらいならベランダで飼えないかな?

と考えたけど、大きくなって早朝に大声で鳴かれたら近所迷惑だから諦めた。

明日もひよこに癒されます!

ハッピーイースター!!

けい

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月13日 (木)

補足・民間療法

今日、エッセイ2000ワードを提出してきました!
やった~~!!
ちょっと一安心してます。

今回のエッセイ、Sociocultural Persectives Health 131/132 (SCHP)
と言う教科で、私の選んだトピックスは「Complemantary & Alternative Medicine」。
日本語で言うと、補足療法?
何のこと?

手っ取り早く言うと、マッサージや針、お灸など治療ではないけど、一種の補足的医療行為を行うところ。民間療法も含む。
面白い事に、この中には「気」や「漢方」も含まれている。

この補足療法、ここ20~30年の間にすごく人気が出てきているの。
で、何で人気が出てきているのか?そしてその傾向がオーソドックスの医療にもたらす影響を2000文字で書くというもの。

この補足療法や民間療法、私は日本にいるときからまったく信じていなかった。
どちらかと言うと、「こんなので病気が治ったら医者も看護師もいらなくなるよ。」と思っていた口です。
でも、このエッセーを書いていくにあたり、いろんな文献を読んでけっこう「悪くないかも」と思ってきました。
ま、このエッセーに正解も不正解も無いんだけどね。

このトピックスは面白かったよ。

さ、今日はこんなところで、飲みに行ってきます!

けい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月12日 (水)

いっちょあがり!!

やった~!!
明日提出のSCPHのエッセイ・アサイメント2000ワードが今出来上がりました!!

く~~~~っっ!!(うれし泣き)

一時はどうなるかと思ったけど、やっと書き上げたよ!!
うれしい!
やるじゃん私!
すごいじゃんわたし!!

と、ちょっと浮かれ気味の私ですが、浮かれてばかりはいられないのです。
来週の金曜日は選択科目のPCN(緩和ケア、1500文字)のエッセイアサイメント提出日だからです。
ずっとSCPHに入れ込んでたので、こっちの方はぜんぜんやってないの・・・・。
しかも2週間後の金曜日にはPPIの1000文字のエッセー提出があるし、こっちはトピックスもまだ決めてない。

やばくねぇ??

ぁ、ちょっとこれ書いてたら、現実が見えてきたよ。
明後日からはイースターで大学は2週間お休み。
その間にがんばらなきゃ!

大丈夫!
きっとできる!
私ならできる!!

よし!寝よ!!

けい

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年4月11日 (火)

本当に自由な人

誰だって「自由」になりたい。
そして「自由」であり続けたい。
「自由」はどうやって手に入れることができるのでしょうか?
「自由」とは、誰かのコントロールのしたから逃れた時に手に入るのではありません。
「自由」とは自分で自分をコントロールできるようになった時に手に入るものなのです。

まだ会社の上司や両親など、誰かに管理されている人は、よく考えてみてください。
自分は自分自身をコントロールできているか?

やるべきことを自分で決められない。
誰かに促されないと動けない。
そういう自己管理能力が弱い人には管理者が現れます。
自己管理できる人にとって管理者は不必要ですから。

いつも周囲から口うるさく言われている人は、まだまだ自己管理能力に乏しいということ。
管理者があなたを管理することを諦めるほどバッチリ物事を進めていきましょう!
「あなたに任せておけば大丈夫」という人になってください!
自由は向こうからやって来ます!

「ポケット成功術」より抜粋
著者:山崎 巧巳

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月10日 (月)

屋根裏の住人

どうやら、私のアパートの屋根裏に何かが住み着いているようです。
それに気がついたのはつい最近の事。

私の部屋はアパートの最上階の角部屋。
大きなアパートで64室もあるから、やっぱりいろんな物音が聞こえる。
ドアを閉める音、階段を駆け上がる音、TVやラジオ、そして天井を棒でつつく音
それでも、上に人が住んでいないので、上の階の人の物音や足音などに悩むことなく快適に暮らしてきた。

2週間ぐらい前のこと、夜中にベットで寝ていると屋根裏から何かが駆け回るような物音がする。
そうまるで、子犬がテニスボールを追いかけて走り回るような音。
でも、物音から考えると子犬までは大きくない、ともいってねずみほど小さな物でもない感じだ。
てっってってってってて・・・と屋根裏を駆け回る。

ぉぃぉぃ・・・勘弁してくれ。夜中だよ・・・。

このまま天井ぶち抜いて落っこちてきたらいやだな、なんて思いながら眠りについた。
なんだったんだろう?あの音は?
屋根に猫でも上がったのだろうか?
それともカラスか?

あまり気にすることなく何日かが過ぎた。
時々、どこからか天井を棒のようなものでつつく音がする。
誰かが引っ越してきて、掃除でもしているのかしら?
すごくうるさいわけでもなかったので、気にしなかった、
と、言うかこの時はこの音の意味さえ知らなかったのである。

先週の事、部屋でエッセイを書いているとどこからか音がする。

「ちー、ちー、ちーっ・・・。」

小猫の鳴き声よりはか弱く、小さい。
音の出所を探してみると、スペアルームの天井から聞こえてくるではないか。
あの夜中に駆け回る小動物が子供でも生んだのだろうか?
夜中中鳴き続けられても嫌だな。
鳴き声の周りでカサカサと音がする。
やっぱり何かいる。

柄の長いデッキブラシを持ち出してきて、天井を小突いた。

    ゴンッ

鳴き声はピタリとやんだ。
やっぱりここにいるのだ。
しばらくすると、また、みーみーと鳴き出す。

    ゴンッ ゴンッッ!!

ピタッ・・・。 カサカサッ。
なにやら移動しているみたいだ。
よしいいぞ!

    ゴンゴンゴンッッッ! ガ~~~ッッ!

デッキブラシの柄を天井にジグザクを書くようにこする。

音に合わせて小動物は移動していく。
そしてついに、鳴き声もあの足音も聞こえなくなった。
どこかに移動したみたい。

リビングに戻って、はっと気がついた。
あの、天井を小突くような音はこれだったのだ!
小動物が子供をつれてどこかの部屋の天井裏に行くたびにその住人が棒で天井を小突いて追っ払っていたのだ。
そして、徐々に移動し、ついには私の部屋まで追い詰められたわけ。
それを私がまた元へと追いやったのね。

このほかの部屋との小突き合い、しばらく続きそうです。
そしてその小動物の正体はいまだになぞのまま、今日もどこかの部屋の屋根裏を駆け回っているのでしょう。

けい

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2006年4月 9日 (日)

地主

一昨日、捻挫に憧れた話を書いたが、それと反対に「なりたくない病気」と言うのが人それぞれあると思う。
今日はそんなお話。

注意:一部グロテスクな記載があります。お食事中の人は読むのを避けることをお勧めします。

先週の木曜日、レクチャー中におトイレに行きたくなり、教室を抜け出してトイレに駆け込んだ。
すっきり!!して、トイレを流そうと振り向いた瞬間、びっくりして息を飲んだ。
便器が血で真っ赤に染まっている。

ぅ、ストレスでとうとう下血したか・・・。
私って思ったよりかよわく出来ているのね。

などと悲劇のヒロインを気取ってみた。
職業柄 & 女性と言う事もあり普段血を見ることには慣れているが、自分の事となると話は別、しかもこの日は“女の子の日”ではなかったからなおさらびびった。

よくよく観察してみると、便も黒っぽくなく普通、血液も鮮血だった。
黒色便ではないって事は下部消化管出血。
元々おなかはゆるい方だが、特に便秘と下痢を繰り返した覚えもなく、
ずっと下痢気味だったこともない。 腹痛もなし。 
最近特に変わったものを食べた覚えもない。
頭の中で出血の原因をいろいろアセスメントする。

考えられる疾患をどんどん消去していった結果。

最後に残された疾患は・・・・

    ??  痔 ???

授業が終わってから友達に相談したらみんな声をそろえて同じ診断をくだした。
ぁ、やっぱり?
その時はあまり気にならなかったが、金曜日も排便時に出血あり、しかも血の塊のような物が出てきて、拭いたときにも血液がティッシュについてくるのでちょっと不安になってきた。

痔で死んだ人っているのかしら?

Fちゃんに聞いたら大爆笑されたが、早めにDrに見てもらったほうがいいよと言う。
でも、もう週末だし、それに見てもらうなら女医さんがいい。
やっぱり直腸診されるのかしら?
でも、できるなら受診しないで治したい。

受診はひとまず最後の手段と考えFちゃんとの電話を切った後、車で5分走ったところにある24時間薬局に行ってみた。
ポラギノールはないかもしれないが、きっと他のいい薬が置いてあるはず!
と期待を胸に店の中に入っていくと、「いらっしゃいませ、何かお探しですか?」と男の店員さんが声をかけてきた。

この店員さん、なかなか私好みでカッコイイ!!
普段なら、喜んで話すが今回はちょっと事情が違う。
こんなかっこいい店員さんに「痔の薬ありますか?」なんて絶対に聞けない!!
(インターネットでカミングアウトは出来るのに??)

「すいません、ぁの・・・女性の店員さんはいますか?」
イケ面の店員さんは事情を察したのか女性店員さんのところへ案内してくれた。
イケ面店員さんがいなくなったのを確認してその女性店員さんに事情を話す。

女性店員さんは、薬剤師さん(女性)に相談してくれた。

店員のおねーさん、薬剤師のおばさんも「出血しているなら、医者に行った方がいい。」と強く勧める。
そんなのわかっているんです。でも、できることなら、薬で・・・。
しかも週末だし・・・。
とゴネていると、これしかうちには置いてないけどと塗り薬を出してくれた。
そんなに出血しているなら、鉄剤も飲んでおけば~と勧められ、鉄剤のサプリメントも購入。 
このおばちゃんなかなか商売上手じゃない?
占めて25ドルのお買い上げ。

かえって早速鉄剤を2錠ほど飲み、塗り薬の箱を開けてみた。
中にはアルミ製の歯磨き粉より少し小さめ(3分の2ぐらい)のチューブが入っていた。
ノズルをつけて、肛門に直接注入するらしい。
これってどれぐらい、注入する物なの?
日本のポラギノールや強力ポステリザンは1回1回使いきりのタイプで、量が決まってたけど、このチューブ、しかも自分でどのくらい注入したかなんてどうやってわかるの?

勘?

ま、いいや。自分の勘だけを頼りにやってみた。
やっぱり貧血だったのか、安心したせいなのかわからないが、それまでボーっとしていた頭が鉄剤を飲んだおかげで嘘のようにすっきり!

ぇ?私って単純?

ま、病は気からです!
これで、治ればいいけど、週明けまで出血が続くようならDrに相談してみよう。

これを読んで笑っているあなた!
明日はわが身ですよ!!
気をつけてくださいね!

今日はそんなお話でした。
汚い話でごめんなさい。。。。

けい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 8日 (土)

看護助手のお仕事で使う英語⑩

<セクハラを受けた時、または態度の難しい患者さんに>

What you’ve said is totally unacceptable. Please don’t speak like that again.

あなたが言ったことはまったく受け入れられません。

もう二度と言わないでください。

That (Your) behavior is unacceptable.

Stop it immediately or I’ll report it straight away.

あなたのふるまいは受け入れられません。

直ちにやめてください、そうでないと今すぐに報告します。

I don’t accept your behavior.

あなたのふるまいは受け入れられません。

I don’t like the way your speaking.

Please speak about something else.

そういう話はしたくなりません。

話題を変えてください。

You can’t talk to me like that!      

そんな風に言わないでください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ここまで⑩回連載してきた看護助手英語シリーズ、
ひとまずここで終了です。
ぇ?ねた切れか?って?

まぁ・・・、今ねたを仕入れているところです!!
てな事で、次回は「医療英語」でも始めようかと思います。

気長に待っててくださいね。

けい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 7日 (金)

憧れ

昨日はミッキーが捻挫した話を書きました。

捻挫と言えば・・・小中学生時代、私は「捻挫」にすごく憧れを持っていた。
何でかはわからない。きっと自分は一回も捻挫も骨折もしたことがないからだろう。
中学校時代、クラスの子が松葉杖とともに登校し「ちょっと部活で捻挫しちゃって。」と言う。その日から彼女は周りからの手厚い援助を受け、カバンを持ってもらったり、体育を見学したり、部活を休んだり、病院受診のために遅刻や早退をしても誰にも文句を言われる事がないのだ。文句を言われるところか、いつもみんなに気使ってもらえ、それはもうヒロインの様!!
すごくうらやましかった。
こんなこと言ったら、怪我を負っている人に失礼だが、(ごめんなさい)
本当にその当事はそう思っていた。

あの松葉杖にすごく憧れたのだ。
捻挫もいいけど、捻挫より骨折、そしてアキレス腱断裂なんていったらもうかっこよすぎる!
私の兄が左腕を骨折した時(しかも2回もやっている)はあの肩から吊り下げる三角巾に憧れて、母に頼んで風呂敷で腕をつってもらった覚えがある。
兄の腕は白い石膏に包まれて病院から戻ってきた。
(今はもう石膏じゃなくて軽量プラスチックギプスに変わっているが、このギプスもいろんな色が選べてなお良い。)
兄のギプスは日に日に友達や自分の落書きで覆われていき、その落書きの多さが一種の兄のステータスとでも言いたげに、肩からつるされた三角巾の合間からアピールしている。
兄はギプスが取れた後もそのギプスを自分の部屋に飾っていた。

私はなぜこんなに骨太に生まれてしまったのだろう?
今考えるとすごく罰当たりな事を当時は真剣に考えていた。
捻挫するほど部活で必死に練習もしていなかったし・・・。
どちらかと言えばサボる事ばかり考えていた私が捻挫をする機会がなかったのも当然と言えば当然。

大人になった今はさすがにうらやましいとは思わなくなった。
それに、捻挫や怪我をしなくても人のやさしさに気がつくことが出来るようになったしね。

今ではこんなに丈夫に生んでくれた母に感謝です。
あんな馬鹿なことを考えて、ごめんなさい。
でも、兄の腕の石膏のギプスから覗かせる青い内綿が妙にかっこ良く思えたのです・・・。

ミッキー、お大事に!!

けい

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年4月 6日 (木)

ミッキー

私の大学のお友達、ミッキーは大学の語学学校のオリエンテーションのときからの知っている。彼女も私と同じ頃に渡豪してきた。彼女もナースで今は同じコンバージョンコースで勉強している。

そのミッキー、最近ちょっと、いや、まったくついていない。

買って1年もしない彼女のパソコンが突然動かなくなったり・・・。
(しかもこのアサイメントで大変な時期に・・・。)
この間は、家の前の段差を踏み外し捻挫してしまった。
でも、骨折じゃなかったのが不幸中の幸い?

本当についていない。もしかして厄年?
ひょっとしたら、何か別の物がついてたりして・・・。
これからいいことがきっとあるよ!
気持ちを落とさずにね!

さてさて、昨日SCPHのエッセイのボディーを書き終わって、約3分の2が出来た事になる。
ここまでくれば、あとははじめ(イントロダクション)と終わりに(コンクルージョン)を書くだけなのでもう山は越えたって事。
明日、ランゲージサポートの先生に見てもらえるように予約を入れた。
だから今日は、もうSCPHのエッセイはお休み!!(勝手に自分で決めた)

でも、再来週には呼吸困難についてのエッセイ1500文字、再再来週PPIの「ケアは看護に必要か?」の題で1000文字の提出が迫っている。

がんばろう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月 5日 (水)

エドワード・エベレット・ヘール

I am only one,
But still I am one.
I cannot do everything,
But still I can do something;
And because I cannot do everything
I will not refuse to do the something that I can do.

私は小さな存在でしかありませんが、
それでも私は存在します。
私は何もかもすることはできませんが何かをすることはできます。
だから、何もかもすることはできないからといって、
できることまでもやめてしまってはいけません。

Edward Everett Hale (エドワード・エベレット・ヘール:1822~1909)
アメリカのユニテリアン派牧師、作家。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 3日 (月)

締め切り

一昨日、大学の友達Fちゃんからメッセージが届いた。

「SCPHのアサイメントの締め切りは延期不可能です。」

と・・・・。
Fちゃんの話では、SCPHの教科の先生に締め切り延長のメールを出したらしい。
先生からの返事では、SCPHのアサイメントは2回締め切りがあるので、1回目の締め切りに間に合わなければ2回目の締め切りを選択してください。と。

一見、期日が延びたように見えるでしょ?
ところがどっこい!
この2回目の締め切りには違うトピックスでアサイメントを提出しなければならないの。
今まで1回目の締め切りに合わせたトピックス(1回目と2回目はトピックスが違い、どちらか一つを選択して提出すればよい)でこれを2回目の締め切りに合わせるとなれば、また最初からやり直しと言う事になる。

これは何とかして間に合わせなければ・・・。

締め切りまであと2週間をきっている。まだ半分しか出来ていない。
なんかあせって、考えるだけで動悸がします。

大丈夫!! きっと間に合う!
けいは大丈夫!! 絶対にできる!!

さ、寝よ。

けい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 2日 (日)

30分で2時間チャージ!!??

最近はまっているもの、それは「お昼寝」。

授業の予習やアサイメントに追われ毎晩夜遅くまでおきている事が多くなりました。
前もチャットなどでよく夜更かしする事はあったけど、チャットしている時は眠くならないのに、教科書や資料を読んでいると眠くなるのはなぜなのだろう?

大学のある日は授業と授業の合間に30分ぐらい芝生の上に横になります。
家にいる時はソファーやベットにやはりタイマーをセットしてお昼寝します。

お昼寝するようになってから気が付いたのは、夜いつもは9時10時になると眠くて仕方がなくなるのに、お昼寝するとそれがなくなることです!
科学的にもお昼寝の効果は証明されていて、15分~30分のお昼寝は夜の2時間の睡眠と同じ効果があるのだとか。
おまけに集中力もアップです!

大学でいつも一緒にお昼寝している友達のFちゃん。
この間「今日はいいものもって来たの~~!!」

   じゃ~~~ん!お昼寝シート!!

と言いながらパレオをカバンから取り出した。
その日はFちゃんのパレオにねっころがってみました。
芝生の湿り気が直接肌に触れずいい感じ!!

今度私も持参しよう。

本当に30分で2時間(以上)チャージです!
お勧めです!
ちなみに、あまり長く寝すぎると体がだるくなるので気をつけてね!

けい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月 1日 (土)

看護助手のお仕事で使う英語⑨

<具合の悪いとき>

Are you feeling sick?           

吐き気がしますか?

Do you need a nurse? 

Do you want me to get a nurse?

看護師を呼びましょうか?

You look pale.            

顔色が悪いですよ。

Miss OO vomited twice this morning.   

OOさんは今朝2回吐きました。

She threw up all her food just now.        

たった今、食べ物をすべて吐きました。

Mrs. OO is complaining ~                           

OOさんは~を訴えてます。

Mrs. OO is complaining of nausea.      

OOさんは吐き気を訴えています。

She passed out.            

彼女は気絶しました。

<消灯時の声かけ>

It’s time to sleep.           

寝る時間ですよ。

Cover up with the blanket. 

Pull up the covers.

Get under the blanket.

 

布団をしっかりかけて。

Do you want to leave the light on?     

明かりをつけておきますか?

Do you want to leave the door open?       

ドアを開けておきますか?

I'm just fix your pillow.        

枕をなおしますよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »