« ゴルフデビュー | トップページ | 夢があるなら »

2006年6月23日 (金)

昔話・緊急ボタン編

6年前のワーホリ時代、エージェンシーで仕事をもらっていたときの話です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この日はフリーマントルホスピタルに仕事に行きました。

仕事の内容は、個室のおばーちゃんがベットから落ちないように見張っていると言う事。
そのおばーちゃんは左足の大腿骨頚部骨折(脚の付け根の骨折)で
オペ後らしかった。
時々ベットから降りようとする事があるのでそれを防止す
る事が私の仕事。
でも今日はおとなしかった。おばーちゃんはベットでほ
とんど寝て過ごした。
部屋で座っていると、看護婦さんがやってきて
「隣のお
じーちゃんも一緒に見ててちょうだい。」
と言われて、私は2人のお年寄
りを見張る事になった。

朝食が終わって、おじーちゃんをシャワーに入れるように言われたので、
個室
に付いているシャワーで介助した。
看護婦さんは「シャワーが終わったら、コールしてちょうだい、ベットに移るのを手伝うから。」
と言い残して出ていった。

無事シャワー介助を済ませ、着替えして後はベットに戻るだけ。
私は言われた通りナースコールを押した。

   看護婦さんどころか誰も来ない・・・。

 

個室のバスルームの中にあるナースコール、ベットサイドにあるナースコールをかわるがわる何度も押した。5分ぐらい待っても誰も来ない。

おじーちゃんは痺れを切らし立ち上がろうとする。
側を離れて呼びに行く事なんて出来ない。

       どうしよう?

ふとドアに目をやると、ドアの横の壁にナースコールと同じ形のボタンがある。

   
  あのボタンはまだ押していない。

ボタンの上に「EMERGENCY(緊急)」と書いてある。

???と思いつつも、日本で働いていた病院の事を思い出した。

外来のトイレにボタン(ナースコール)があり、
「緊急、具合が悪い時に押し
てください」
と書いてあったような、なかったような・・・。

とりあえず押してみよう!!おじーちゃんはもうこれ以上待てない様子だ。

!!!!!!じりりりりりりりりりり!!!!!!

明らかに今まで鳴っていたナースコールとは違う音が病棟中に鳴り響いた。
それと同時に5,6人の看護婦さんがばたばたと走って来た。
「どうしたの???なにがあったの?!!」
「あの・・・。おじーちゃんをベットに移したいので手を貸してほしいんですけど。」と私。
「・・・・。」なんだ、そんな事?と言うような表情を浮かべて看護婦さんは

「後3分待ってて」と言い残しわらわらと散っていった。


どうやら私は急変時か何かの時に押すボタンを押してしまったらしい。
なんだ、ナースコールじゃなかったのか。これは緊急時よ!!
って誰も教えて
くれなかったじゃないか!!(緊急って書いてあったけど)
私とおじーちゃんはその後5分以上も待たされるはめとなった。

~今日の教訓~

「EMERGENCY(緊急)」と書いてあるボタンは緊急時以外押さない事!

けい

   

|

« ゴルフデビュー | トップページ | 夢があるなら »

コメント

こんにちは、Kayさん
「昔話・緊急ボタン編」を読んで笑ってしまいました(スイマセン)
それにしても看護師さんの緊急ボタンへの反応のよさ、すばらしいですね、じーちゃんを長いこと待たせているわりには(笑)
Kayさんはいろんな経験してますね、すごい!
ハピは語学学校では勉強ばかりだったから、実習での会話が心配…
やっぱりアルバイトしてたほうが英語のためにはいいかな?と考え中。
エージェントからの仕事ってこういった内容が多いんですか?どのくらいの割合で仕事がくるんでしょうか?すいませんいろいろ聞いて

投稿: ハピ | 2006年6月25日 (日) 14時10分

<ハピさん>
コメントありがとうございます!
本当にあの時は火災でも起こったのかと思うぐらいびっくりしました。
今となればよい教訓になってます。(笑)
英会話力は仕事を始めてからのほうが上達した様な気がします。
それまでが本当に・・・・だったので。
心配しなくても、実習に出るまでには何とかなると思いますよ。
エージェントの仕事に関してはPCAとガードと2種類仕事がありました。
エージェントによりますが、足(車やバイク)があれば仕事はコンスタントに入ってきたような気がします。
エージェントの仕事に関しては質問も多いので、ブログにまとめてUPしますね。楽しみにしていてくださいね。
けい

投稿: Kay | 2006年6月25日 (日) 21時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29713/2122304

この記事へのトラックバック一覧です: 昔話・緊急ボタン編:

« ゴルフデビュー | トップページ | 夢があるなら »