« エージェントの時給の話 | トップページ | 管理人トレバー »

2006年6月27日 (火)

シフトの話

今日はエージェントでのお仕事について書きたいと思います。
私の登録していたAAAエージェントなの例なので、他の所はわかりませんが、大体似たようなものだと思います。

仕事ができるめどが立ったら、エージェントに電話します。
私は毎週日曜日に次の週の1週間仕事ができる日の予定をエージェントに電話して言っていました。
例えば、「月曜日の午後、火曜日の午前と午後、木曜日の午前仕事ができます」と言った具合です。

仕事は1日のうち大体午前と午後のシフトに分かれていて、(シフトの時間は仕事の行き先によって違いますが)午前はだいたい7時から(たまに6時からと言う所もあります)11~12時間での4~5時間、
7時から2~3時までの7~8時間と言った感じでした。
エージェントの規定で、最低就労時間は4時間と決められていて、たとえ勤め先の間違いで3時間しか働かなくても良いとしても、4時間分の給料が支払われます。
午前のシフトの場合、だいたい朝の5~6時30分の間に仕事の電話がかかってきます。
たまに前に日の夜にかかってきますが、めったになかったです。
これも、エージェントによって違うみたいです。

午後の仕事はだいたい2~3時から9~11時までで、この場合エージェントからの仕事の電話はその日の午前中にかかってきました。

エージェントに病院やナーシングホームから仕事が入り次第電話がかかってくるので、前もって1週間分のシフトを知る事はできませんでした。


が、今私の所に来ているエージェントの方々は「今週は明日とあさってもここで仕事もらっている」と言っているので、たぶんエージェントしだいなのでしょうね。

自分で「この日に仕事ができます」と言った日は待機という形になりますが、
仕事が入らなければ、お金は一切入ってきません。
仕事をできる日をエージェントに伝えた後、予定が入ってしまったら、また電話してキャンセルする事ができます。

私の時はエージェントに登録したからと言って、次の日からすぐに仕事が入ってくると言うわけではありませんでした。
特に、私の場合、最初は車やバイク等の足がなかったので、午前の仕事はめったに入りませんでした。
その時はバスか電車、タクシーで仕事に行っていました。
エージェントは仕事先の住所と電話番号は教えてくれますが、
行き方までは教えてくれません。
住所から場所がどこにあるのかを地図で調べて、トランスパース(パースの交通公共機関の会社名)に電話したり、インターネットで時刻表などを調べていかなければなりませんでした。
結構面倒くさいし、夜遅くに知らない土地は危ない。
場所によっては帰りのバスがなかったりする所があり、
土日はもう最悪・・・。
なので、エージェントで仕事するには車またはバイク等の足は必要です。

登録したての時(6年前)は仕事も入らず、ひたすら電話を待つ毎日。
その時のオージーの友人に言われたことがあります。
「エージェントに登録したからと言って、すぐに仕事がもらえるわけでない。登録なんて誰にでもできるのだ。だから自分がいかに仕事を待っているか、常にスタンバイOKということをどうしてもっとアピールしないのだ? そんなんで仕事が入るわけないだろ。」と。

すごく納得してしまった。
その日から、仕事の電話がかかってくるまで、朝、夕とエージェントに電話し、
「仕事ありませんか?」と
「またあなた?」と思われるぐらい電話した。
このことで、ここでは(AUSでは)決して受身になってはいけないことを学んだ。

足ができてからは、それまでの事が嘘のように、
自分の働けると言った日は、常に仕事が入るようになった。

エージェントでは地域の指定、時間の指定もできます。
後は場所の指定もできます。(ナーシングホームのみ、病院のみなど。)
それに付け加え、行った仕事先が気に入った場合、それをエージェントに伝え
今度そこから仕事が入った時は優先的にまわしてくださいと頼んだり、
自分の行きたくない仕事は断る事もできます。

感じはつかめましたかね?

けい

|

« エージェントの時給の話 | トップページ | 管理人トレバー »

コメント

こんばんは、Kayさん、もうすぐ日本ですか?楽しみですね。
エージェントでの仕事のこととても詳しく書かれていて、ホホーと感心しながら読みました(^^)
バイトのこと考えてたのですが、どうやら留学してからものすご~い大変になることが発覚、バイトは諦め、ひたすら勉強づけになりそうです(・・lll)
でももし時間があるようならチャレンジしてみたいです!その時は参考にさせてもらいますね☆

投稿: ハピ | 2006年6月27日 (火) 22時39分

<ハピさん>
コメントありがとうございます!
そうなんです!後3日働けば3日後の夜に飛行機でこちらを出ます!
あと3日!! ワクワクです。
大学生活、慣れるまではバイトは厳しいかもしれませんね。
お金があるのなら、勉強に専念した方が利口だと思いますよ。
私のUNIの友人もセメスターブレーク中にナーシングホームでバイトを見つけ、今がんばっています。
ハピさんももうすぐですね!
体調にはくれぐれも気をつけてくださいね。
けい

投稿: Kay | 2006年6月27日 (火) 22時58分

自分次第ってことですね!アメリカで留学&仕事をしている方から、海外ではいかに自分をアピールするかが大切だよ!といわれたことがありました。結構、受身になってしまいがちなので、パース生活ではもっと積極的になれたらよいな~と思います!!
きっと、大学に行くころには、貯金もそこをついてしまうので、とってもとっても、参考になりました!

投稿: さわ | 2006年6月29日 (木) 22時48分

<さわさん>
コメントありがとうございます!
いつも思うのですが、「やる気」さえあれば何でもできるし、何とかなると思います。
国民性なのか?やっぱり受身になりがちですが、AUSでは行動力が物を言います。結構うまくやっている人、成功している人は行動力が違います物ね。 勉強も遊びもバイトも積極的にこなす事です!
大丈夫ですよ! 
このエージェントシリーズ、書き出したら結構書くことがあって、もう少し続きそうです。ちょっと情報が古いかもしれませんが、参考になさってくださいね。
けい

投稿: Kay | 2006年6月29日 (木) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29713/2379911

この記事へのトラックバック一覧です: シフトの話:

« エージェントの時給の話 | トップページ | 管理人トレバー »