« H.フォード | トップページ | 心に響く祈り3 »

2006年8月12日 (土)

message in the bottle

ちょっとロマンチックな出来事があった。

先週、ナーシングホームに仕事に行ったとき、
同僚のKay(オージーのおばちゃん)にこんなお願い事をされた。

Kayは最近、家族でビーチに出かけたときに彼女の子供が手紙が入ったボトルを見つけたそうだ。
それを開けてみると、中には英語で書かれたクリスマスカードと住所の書かれた手紙が入っていて、その手紙はどうやら日本語で書かれているらしい。

もちろん彼女にも読めないので、今度持って来たら呼んでもらえるか?
と言うお願いだった。

ビンに入った手紙なんて、とてもロマンチック!!

もちろん私は喜んでOKした。

そのことをFちゃんに話すと、
「その手紙にさ~、“監禁されてます、助けて!!”とか書いてあったら引くよね。」
と言われた。

何でそんな方向に持っていくわけ・・・・?

そして、今日同僚のKayが手紙を持ってきてくれました。
クリスマスカードでは英語で、そして手紙には日本語で同様な事が書かれていた。

『これを呼んでくださった皆様へ
私は今、ロットネス島に来ています。今は2005年12月17日です。
いつ、誰がどこで拾われるかわかりませんが、もしこの手紙を拾ったら、下の住所まで是非連絡をください。
その時には願わくば世界中の怒りや、いがみ合いが消えてなくなり、平和な世の中になっていますように。
「争いの火」からは何も生まれませんから。
鹿児島市 KANA』

これを読んでちょっと鳥肌が立ってしまった。

いくつ位でいったいどんな人なのだろう?

これを拾ったKayの子供は学校に持っていってクラスのみんなを代表してこの手紙の持ち主に手紙を書くらしい。
こんなホンのちょっとしたことからも国際交流というのが生まれるのだ。
これも何かの縁なのだろう。

この手紙の持ち主がKayの子供から手紙を受け取ったときのことを考えると、何か心の中が暖かい気持ちでいっぱいになる。

けい

|

« H.フォード | トップページ | 心に響く祈り3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29713/3034572

この記事へのトラックバック一覧です: message in the bottle:

« H.フォード | トップページ | 心に響く祈り3 »