« 心に響く声4 | トップページ | 英語話せる? »

2007年4月 2日 (月)

もったいない・・・?

オーストラリアの病院で看護師として働き始めて3週間、毎日毎日『え?!!』と驚くことばかり。

今日はそんな驚いたことの一つをお話します。

看護師の仕事の一つに「傷口の手当て」がある。

傷口だからばい菌が入らないように無菌のガーゼを使うのはもちろんガーゼを切るはさみも無菌パックされている物を使う。

消毒セットも包帯もすべて使い捨て。

ある日、傷口の処置が終わり後片付けをしている時に使い終わったはさみをどこへ片付けるかがわからなかった。

日本なら汚物室に消毒液の入ったバケツがありそこに入れておくと助手さんが洗って手術室の隣にある消毒滅菌をする機械室に持って行ってくれる、そしてまた滅菌されて再利用されるのだ。

汚物室に行ってみたけどそんなバケツは見当たらない。

ちょうど物品室にいた他のナースに聞いてみた。

Kay「すいません。この使い終わったはさみはどこに置けばいいですか?」

ナースA「あ、それね、信じられないかもしれないけど、それ使い捨てなのよ。」

Kay「!!!使い捨て?!?!」

ナースA「私もはじめて聞いたときはびっくりしたわ。でも滅菌して再利用するよりもこの方がコストがかからないのですって。だから普通にゴミ箱に捨ててね。」

Kay「!!!!!!!!!!」

ナースA「もって帰って家で使ってもいいわよ。」

開いた口がふさがらなかった。

使い捨てといってもそんなちんけなはさみではない。

Kays_party_in_northbridge_100 日本で使ってたものよりも少し薄いけど、それでも捨てるのはもったいないくらい。

裏返すと「使い捨て」の文字が・・・

Kays_party_in_northbridge_106

小さな頃からものは粗末にするなと親にしつけられてきた私に、使い捨てだからといって捨てるはとてもしのびない。。。

ので、持って帰ってきちゃいました!

どうせ滅菌ガーゼ切っただけだし、洗って家で使ってます。

なんか、捨てられずにいえのはさみが増えそうな予感が・・・。

けい

|

« 心に響く声4 | トップページ | 英語話せる? »

コメント

これが、シングルユースなんですか?
うちの病院にもシングルユースのものがありますがこんな立派なものはありません。
うちにあるのはせいぜいペアンみたいな持針器くらいです。それも、形成の先生が外来患者の縫合に使うからととっておいて外来にもって行きます。確かにシングルユースが一番清潔で安全かも知れませんがエコロジーな世の中、使えるものは使ったほうが地球に優しいと思ういますね。
私も捨てられない派ですね。

投稿: のりり | 2007年4月 2日 (月) 22時22分

ハピも最初滅菌のはさみは「使い捨て」!
と聞いたとき見かけが立派ゆえ驚きました
そして「持って帰っていいよ」と言われ
ハピの家では、はさみが増え続けています(笑)

投稿: ハピ | 2007年4月 3日 (火) 13時42分

その気持ちわかります。
私が働いていたときも、IVHセットの中に使い捨ての器材がいっぱいあって、私も何度かはさみをもらいました。
でもたまっていくだけで結局捨てる羽目になりました。

そして私のもったいないお化けは、食べ物にも発揮され「もういらない…」って思っていても「だめだ、食べ物を残すなんて・・・」と食べてしまい、脂肪を溜め込んでいます。
これも捨てれないかなぁ・・・って最近思ってます。

投稿: ゆきこりん犬 | 2007年4月 3日 (火) 14時14分

<のりりさん>
コメントありがとうございます!
私もこんなに立派な使い捨てを見たことがなくてびっくりした一人です。私ものりりさんの意見と同じく、使える物は使いまわした方が良いと思うのですよ。ちなみに彼氏のPちゃんにこのことを言ったら「どうりで公立病院の医療費が足りないわけだよ!こんなの無駄使いだ!」と怒ってました。
私に怒られても・・・。
けい

投稿: kay | 2007年4月 3日 (火) 22時50分

<ハピさん>
コメントありがとうございます!
ハピさんちもはさみが増えてますか?
私の家にもはさみが増えて行きそうです。。。
お互いお金持ちじゃなくて「はさみもち」になりますね!
けい

投稿: Kay | 2007年4月 3日 (火) 22時53分

<ゆきこりん犬さん>
コメントありがとうございます!
結構多い物ですよね、立派な使い捨ての物って・・・。
食べ物を捨てられない・・・わかります。。。
私もそうです。でも、冷蔵庫に閉まって忘れてしまい結局捨てる羽目になってしまうのですが。。。
脂肪も溜め込まないようにお互い気をつけましょうね!
けい

投稿: Kay | 2007年4月 3日 (火) 23時00分

なんちゅうバチあたりな話!
そういうことを繰り返してるとカマドケシになってしまうので
モノは大切にという明治生まれの祖母に育てられたワタシです。
【カマドケシ】→竈の火を消す→家をつぶすってことです。
 この辺でまだまだ色濃く残る「家」制度を守るため、
 血筋を絶やすとか借金まみれで
 家そのものを手放さざるを得ない状況になってしまうのを
 諌める時につかいます。

さて、最近あなたのがんばりを
あなたのご自宅裏の公民館にも掲示しました。
今、この辺の公立病院が岐路に立たされています。
大病院のために地域に根ざした医療がないがしろにされてしまう
状況です。(A病院、Y病院がとんでもないことに)
あなたが世界のナースになった暁には、この小さな寒村で必要と
されるものが何かを考えるためにも尽力してほしいな~

投稿: meiko | 2007年4月 4日 (水) 10時36分


コメントありがとうございます!
カマドケシ、一つ勉強になりました!
私もカマドケシにならないように気をつけますね!
姉さんにはいつも色々とお世話になります。
とうとう、私の自宅裏の公民館までテリトリーが広がりましたか!
素晴らしいです。
本当にありがとうございます。
世界一のナースになる日はまだまだ遠いですが、私にできることがあるならなんでも協力したいです。
けい

投稿: Kay | 2007年4月 4日 (水) 11時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29713/5936812

この記事へのトラックバック一覧です: もったいない・・・?:

» 看護助手の資格の情報サイト [看護助手の資格について]
看護助手の資格について説明しています。資格を取るための養成講座や通信教育も紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。 [続きを読む]

受信: 2007年4月 4日 (水) 00時43分

« 心に響く声4 | トップページ | 英語話せる? »