« 多国籍な国だから | トップページ | 病室の花嫁 »

2007年5月 9日 (水)

病棟で日本語?

当然だが、私の働いている病棟で日本語を耳にすることはめったにない。

同僚や患者さんが話せても『コンニチワ』「サヨナラ」 その程度だ。

私の病棟に入院中のTさん(男性)。

名前と風貌からして中華系と思った。

初めてTさんを受け持った日、私はTさんの病室を訪れ声をかけた。

Tさんは私のIDバッジを見て、『中国人か?』と質問した。

私は『いいえ、日本人ですよ』と答えた。

それから、Tさんに朝の投薬をするために、体の位置を直そうと声をかけた。

Tさんの口から「ちょっとまって。」と日本語が出た。

   !!!!!????

私は病棟で日本語を聞くとは思っても見なかったので、空耳かと疑った。

   「チョ、ちょっと待って。」

確かにTさんがそう言っている。

      びっくり。

その後、Tさんの息子さんが面会に来て話を聞くと、Tさんの息子さんが昔、東京に仕事の関係で住んでいて、Tさんは息子に会いに日本に2週間ほど行ったことがあるらしい。

『父はたった2週間だけ東京にいたけど、ぼくよりも日本語が話せるんですよ』と息子さんが話してくれた。

  恐るべし、Tさんの記憶力!

Tさんの家族も日本語を少し話せるので、私の仕事の合間のちょっとしたオアシスになっている。

けい

|

« 多国籍な国だから | トップページ | 病室の花嫁 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29713/6349797

この記事へのトラックバック一覧です: 病棟で日本語?:

» バッジ(英語:badge)バッジニュース [バッジ(英語:badge)バッジニュース]
バッジ(英語:badge)とは、主に衣服の襟部分又は胸部分に付ける、付けている者の「所属」「資格」「職位」「階級」等を、図式化等のデザインにより表す徽章・記章のこと。 [続きを読む]

受信: 2007年5月 9日 (水) 12時35分

« 多国籍な国だから | トップページ | 病室の花嫁 »