« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月29日 (日)

やさしい嘘?

何日か前に日本に英語教師として仕事をしに行ってしまった元彼(ブレイク)からメールが来た。

すっごく久しぶりでびっくり!!

彼が日本へ旅立ってから、1ヶ月くらいはメールでやり取りしてたけど、

大学も忙しくなり、そのまま実習に突入し、ますます忙しくなるなどして

連絡も取らなくなってしまった。

彼からクリスマスカードが来たのに、その返事も出せないでいた。

この流れって、そう、自然消滅ってやつです。

今回元彼からのメールには

『8月前半に夏休みでパースに帰ります。帰ったら、一緒にコーヒーorワインでもどう?』

と書かれていた。

まずい。。

非常にまずいこの展開。

もちろん、元彼は私に新しい彼ができたことも知らないはず。

(だって、言ってないもん。)

どうやって断ろう?

Pちゃんにも相談すると、「別に会ってきてもかまわないよ。」と言う。

でも、私はどちらかといえば会いたくない。

と、言う事で断りのメールを書いた。

『メールありがとう。生きているようでよかったです。おかげさまで、無事にRNになることができ、今はパースの病院で働いてます。今回夏休みで帰ってくるとの事、ご両親もお友達も会うのを楽しみにしている事でしょう。残念ながら、その時期彼氏と日本に帰国するので会うことができません。夏休み楽しんでくださいね。けい』

 嘘と本当を絡み合わせ元彼が傷つかないようにうまく書けたつもり。

『その時期』には本当はパースにいるんだけれど。。。

彼氏と日本に帰国する』のは本当。

他にも書き方があったのだろうけどね。

元彼とはもう会うこともないだろうし、これでもうメールも来ないであろう。

それでいいのだ。

もうそれぞれに違う道を歩き始めたのだから。

あとは『その時期』(元彼がパースに帰ってくる時期)に元彼と偶然出会わないことを祈るだけだ。

  けい

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月28日 (土)

契約書

やっと、今働いている病院のコントラクト(契約書)が届きました。

待ちに待った、契約書!

これでビジネスビザがおりる!

   ↑未だにビジネスビザがおりていない・・・。

ナースマネージャーを見かけるたびに、「契約書もらってません」と根気よくけしかけた結果です!

で、サインして送り返すのに3週間もかかってしまった私。

色々忙しくて。。。

と、言うより半ば忘れてた。

契約書と一緒に同封された手紙には「契約書にサインして14日以内に送り返してください。」と書かれていた。

   ・・・・・・・・・・・・・やべっ。

慌てて、病棟からFaxで契約書を送り返した。

見かけによらず、小心者なのでFAXした後に、

契約破棄されたら・・・?

などと、色々悩んでしまったけど、

『大丈夫!だって、契約書もらうまでに3ヶ月以上もかかったのだもの、1週間遅れたってどうって事ないよ!それに、もう働いているし。』

と、何の根拠もない自信がわいてきた。

私と一緒に大学を卒業して就職した友達の中でビザがおりてないのはとうとう私だけになってしまった。

ま、ずっとこのコントラクトを待っていたわけだから、すんなりビザがおりるといいのだけれど。

けい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月27日 (金)

アクセス5万件突破!

この度、アクセス数5万件を超えました!

   ありがとうございます!

このブログを復活して1年半

皆さんに支えられて、ここまで来る事ができました。

本当に感謝しています。

これからも、私のオーストラリア生活、仕事、恋愛、その他くだらない事などを書いていきたいと思います。

これからも応援よろしくお願いします!

  けい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月26日 (木)

心に響く声10

まず 自分自身を発見しなさい
そうすれば全てのことは
為されるでしょう

葉 祥明
「心に響く声」 愛育社 より抜粋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月23日 (月)

ローリー効果?

Lolly(ローリー)

キャンディーやチョコレートなどの甘いお菓子を総称してこう呼ぶ。

オーストラリア人に限らないけど、こっちの人はローリーが大好き!

患者さんのテーブルや床灯台の引き出しの中、はたまたナースステーションのカウンターの上にまでローリーは転がっている。

疲れて甘い物がほしい時はそれをつまみながら仕事に励む、一種の活力剤とも言える。

私のポケットにもいつもローリーが入っている。

私のお気に入りはコーヒーキャンディー。

自分で食べたり、患者さんに御褒美としてあげたり、患者さんを静かにさせるのに使用されている。

先週末の午後勤務は比較的病棟も落ち着いており、静かな夜だった。

夕食が終わり、患者さんをベットに入れ就寝の準備。

就寝前の配薬の前に看護記録を書いていると、ナースステーションの電話が鳴った。

私以外他に誰もいなかったので、電話に出ると、他の病棟のナースからだった。

ナース「ハロー。A病棟のメグ(仮名)だけど、配薬用のプラスチックカップでメモリのついたカップの予備あるかしら?」

こちらでは、薬の箱からいちいち薬を取り出してプラスチックの小さなカップに入れて配薬する。

メモリの付いたカップは主に水薬を与薬する時に使ったりするの。

Kay「ありますよ。」

メグ「あ~、よかった。いくつかA病棟までシューターで送ってくれる?」

(シューターとは各病棟や部署などを繋ぐパイプでできており、専用のカプセルに書類や薬、輸血、検体などを入れて送る事ができる。)

Kay「A病棟ですね。わかりました。今、送ります。」

電話を切り、物品準備室にあるプラスチックカップを30個ほど重ねてシューター輸送専用のカプセル容器に入れた。

カプセルを覗き込むと、入れたプラスチックカップが口をあけて寂しそう。

ポケットからコーヒーキャンディーを3つ取り出し、プラスチックカップに入れ、その上にペーパータオルを丸めてクッション代わりに入れて、メグが微笑む顔を想像しながらA病棟へシューターで送った。

メグが微笑む顔って・・・、あった事もないのにね。

5分後、またナースステーションの電話が鳴った。

  ・・・もしかしてメグかな?

   ・・・・違うカップ送っちゃったのかな?

ちょっと緊張しながら受話器を取る。

「ハロー。メグだけど。」

     やっぱりメグだった・・・。

Kay「何か間違えてましたか?」

ちょっと、こわばりながら聞いてみた。

メグ「ううん。違うの。キャンディーのお礼を言おうと思って。ありがとうね。」

   ・・・良かった。

どういたしましてと、電話を切った。

まさかキャンディーごときでお礼の電話が来るとは思っても見なかったので、逆にこっちまで嬉しくなった。

忙しい仕事の合間に、ローリー一個で幸せな気持ちになれるものなんですね。

また、やろうと密かにたくらんでいる私です。

  けい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月22日 (日)

私を束ねないで

わたしを束ねないで
あらせいとうの花のように
白い葱のように
束ねないでください わたしは稲穂
秋 大地が胸を焦がす
見渡すかぎりの金色の稲穂

わたしを止めないで
標本箱の昆虫のように
高原からきた絵葉書のように
止めないでください わたしは羽ばたき
こやみなく空のひろさをかいさぐっている
目には見えないつばさの音

わたしを注がないで
日常性に薄められた牛乳のように
ぬるい酒のように
注がないでください わたしは海
夜 とほうもなく満ちてくる
苦い潮 ふちのない水

わたしを名付けないで
娘という名 妻という名
重々しい母という名でしつらえた座に
坐りきりにさせないでください わたしは風
りんごの木と
泉のありかを知っている風

わたしを区切らないで
,(コンマ)や.(ピリオド)いくつかの段落
そしておしまいに「さようなら」があったりする手紙のようには
こまめにけりをつけないでください わたしは終わりのない文章
川と同じに
はてしなく流れていく 拡がっていく
一行の詩

新川 和江

「ポケット詩集」童話屋 より抜粋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月21日 (土)

あなたが看護師だと実感するとき?

昨日夜勤の看護師からこんなジョークが書かれた紙をもらったので紹介します。

                         Nursing

How you know you're Nurse!!!

Your finger has been places you never thought possible.

You have seen more penises than any prostitute.

You would like to meet the inventor of the buzzer some night in a dark alley.

Your sense of humour gets more warped each year.

Almost everything can seem humorous.....Eventually.

You know the smell of different diarrhoea and can identify it.

You can tell the pharmacist more about the medication thy are dispensing than they know.

You check the caller I.D. on your day off to see if anyone from the hospital is trying to call and ask you to work.

You've been telling stories in a restaurant and made someone at another table throw up.

You notice that you are using more 4 letter words than you did before you started nursing.

Every time someone asks you for a pen you can find at least 4 of them on you.

You live by the motto 'To be right is only half the battle, to convince the doctor is more difficult'.

You've told a confused patient that your name was that of your co-worker and to call if they need help.

You can almost SEE the germs on doorknobs and telephones.

You can watch the goriest movie and eat anything afterwards, even spaghetti with lots of tomato sauce.

Your favourite dream is the one where you leave a mess at a patient's bedside and tell a doctor to clean it up.

Everyone, including complete strangers, tells you about each and every ache and pain they have.

You want to put your foot through the TV screen every time you see a nurse on a soap opera doing nothing but talking on the phone and flirting with the doctors.

Your bladder can expand to the size of a Winnebago's water tank.

You find yourself checking out other customer's veins in the grocery waiting lines.

You avoid unhealthy looking shoppers for fear they will drop near you and you'll have to do CPR on your day off.

  That's how you know you're a NURSE!!!

あなたはいくつ当てはまりましたか?

こうしてみると、看護師はどこの国も同じなんだな~と思います。

あなたはどんな時に「看護師だな~」と思いますか?

私の場合は、「排泄介助の後にでもすぐにご飯が食べられる事。(例えその日のご飯がカレーだとしても・・・)」ですかね。

後、もう一つは、「彼氏と腕を組んで歩く時に彼の肘関節にある血管を探ってしまう。」

え?私だけ?

けい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月20日 (金)

母の命日

今日は母の命日。

母が亡くなってから今年で4年。

あっという間の4年間でした。

今回は命日にあわせて帰れなかったので、インターネットでお花を注文しました。

今でも母の夢をよく見ます。

今までで見た母の夢で一番印象に残っているのは、亡くなった母から電話が来る夢。

夢の中で私は秋田にいて、母の葬儀も済ませ落ち着いた頃、家に電話が来る。

私が電話を取るとそこには母の声が。

母「もしもし、お母さんだけど。」

Kay「お母さん??」

母「あのね、私のDNAから最新の技術を使って生き返ることができるんだけど、私の体の一部でも残っていないかしらと思って電話したの。」

Kay「お母さんの体はもう火葬場で全部焼いちゃったよ。だから残ってないよ。」

母「そっか、もう焼いちゃったよね。うん、いいの別に。ただ、どうしたかな~と思って電話してみただけだから。じゃぁね。」

と、言う夢。

なんかSF映画の見すぎ?

今でも、肺がんの患者さんや呼吸不全の患者さんを見ると母の最期を思い出します。

インターネットで注文したお花には「8月に帰ります!」と言うメッセージをつけました。

もう届いている頃かな?

  けい

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年7月19日 (木)

お詫び

コメントの返信が遅れていてごめんなさい。

何故だか私のブログにだけアクセスが出来ず、ブログにアクセスできても、すごくコンピューターがスローです。

コメントの返信はしばらく時間がかかりそうです。

本当にすみません。

日本での地震の心配をおかけしましたが、

私の父は秋田にいますので被害は少ないと思われます。

新潟地震の被災者の方には心よりお見舞い申し上げます。

   けい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月17日 (火)

余計な一言

注意: 今日のブログはすごく、ものすごく、感情的です!!

私だって人間ですから、むかついたり、怒ることだってあるんです。

今日はすごく忙しい一日だった。

私はセクション1の担当でもう一人のRN、セリ(仮名)と一緒だった。

セリは大部屋3人(このうちの1人は150キロの巨体な患者さん)と個室で病棟で問題児となっている1人のおばあちゃんを受け持ち、私は個室5部屋を受け持った。

この個室の内、2人は「ホイスト」と言う患者さん移送のクレーンを使っての移送で全ての事にケアを必要とする患者さん、1人は昨日からてんかん発作を起こして、あまり状態も思わしくないおばあちゃん。後の2人は1人、もしくは2人で介助歩行が可能だが、そのうちの一人は英語が少ししか話せず、不穏気味。。。

受け持ちの中で一番手のかからない患者さんのシャワー介助をPCA(看護助手)に頼み、受け持ち患者のバイタル測定に回る。

一番手のかからない患者さんのシャワーが終わるか終わらないかのうちに、シフトコーディネーターが声をかけてきた。

「セクション3の大部屋の患者さんが具合が悪くてこの部屋(一番手のかからない患者)と入れ替えするけど、良い?」

 は? 私まだ誰にも与薬していないし、それ以上にもういっぱいいっぱいです。。。

 部屋を移動するのはかまわないが、私は受け持つ事は出来ません。

と、はっきりと伝えた。

部屋は移動したが、結局その状態の悪い患者さんはシフトコーディネーター自身が受け持つ事になった。

バイタル測定、食事介助と同時に与薬、それが終わったらシャワー介助に入る。

シャワー介助の合間にも時間で行う点滴・注射と仕事は限りなくある。

とにかく忙しい。。。

午後のスタッフが1時に出勤してくるが、この日は病棟内の勉強会があり、それに参加するのに時間を取られ、お昼ご飯を取れたのは午後3時15分前だった。

ちなみに日勤は午後3:30で終業となる。

午後勤務で出勤してきたRNリン(仮名)、彼女は仕事はできるが、時々言い方がきついときがあり、私にとってはあまり得意なタイプではなかった。

病棟勉強会から解放され、ちょっと何かつまんできますとリンに言うと、リンはこう言った。

リン「まあ、お昼まだだったの?かわいそうに。スタッフルームのドア開けておいてね。あのスープ匂うから。私達ももうすぐ休憩に入るし。」

彼女の言った「スープ匂う」(smelly soup)という言葉にカチンときてしまった。

確かに、昨日もリンは午後勤務で私は午前勤務で昼食にインスタントのタイスープ(ホット&スパイシー)を食べたけど、他の人から苦情はこなかった。

タイフードの匂いが駄目な人だっているかもしれない。

スタッフルームには窓や換気扇がなくて匂いがこもるのもわかる。

でも、そこまで言う必要があるか?

リンに私の昼食のことまで言われたくないし、時間があったらとっくにお昼済ませているっつーの!!!

リンの一言で一気に食欲もなくなり、15分で休憩を切り上げ、看護記録を書いて何も言わずに仕事をあがってきた。

私の気のしすぎだろうか?

彼女は悪気がなく言ったのかもしれない。

でも、やっぱり腹が立つ。

どこに行っても苦手な人って必ずいるし、あまり気にしないようにしようとするけど、

私はそこまで大人じゃなかった。

明日から2日間休みなのが不幸中の幸いだ。

嫌な事は忘れて、ゆっくり休む事にする。

 けい

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2007年7月16日 (月)

タイミング

ここ1ヶ月ぐらい前から、病棟の人手不足緩和の対策として、私の病院ではPCA(看護助手)を雇うようになった(エージェントから)。

はじめはPCAをどう使っていいものかと戸惑っていたし、彼がどこまでできるのかがわからなかったので、仕事を与えられずに廊下で座って雑誌を読んでいるPCAさえいた。(ナースは相変わらず忙しいのに!)

最近ではPCAにもなれ効率よくケアが進むようにうまく操れるようになってきた。

PCAも何度かうちで仕事をしてなれてきている。

このPCAとしてあるいはガード(見張り)として私の病棟に仕事に来る人は学生が多い。

学生の中でも看護留学生も多い。

高い留学費を払うために、PCAとして働きながら大学に通っている彼女達。

ほとんどはECUに通っている。

私が日本から来たとわかると、

「どこの大学だったの?」

「IELTSで7取れたの?」

と聞いてくる。

「私の時はまだ看護協会(NBWA)の規定が変わる前で、英語のコースをパスすればIELTSは要らなかったの。」

と説明すると、みんな口を揃えて

  『ラッキーだね!』

と、言う。

やはり英語の壁、IELTS7ポイントの壁は高いようだ。

であった看護留学生の中の一人は、私と同じ時期にパースに来たにもかかわらず、英語コース、看護学士を違う大学でとり、看護登録をするのにIELTSが足りず、修士課程を勉強しながらIELTS7の取得に励んでいる。

本当にタイミングだなと思う。

もし、半年または1年出国を遅らせていたら、ここで働きに来ているPCAは私だったかもしれない。

私は本当にラッキーだと思う。

彼女達にも決して諦めずに頑張ってほしい。

  けい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月13日 (金)

MILO

MILOってお湯に溶かして飲んだり、アイスクリームにかけたりするよりも、容器から直接スプーンで食べた方がおいしいと感じるのは私だけでしょうか?

ちなみに、MILOはオーストラリアでは『マイロ』と発音します。
アメリカやイギリスではどうなんだろう?やっぱり『マイロ』ですか?

  けい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月12日 (木)

人生に起きる事は全てベスト

人生に起きる全てのことに無駄なことはひとつもない。
全て必要だから起きている。
偶然に起きたのではなく必然に起きている。
タイミングも場所も方法もベストなカタチで起きている。

何か起きる度に「どんな意味を持ってそのことは起きたのか?」を意識してみよう!
そこに含まれる「あなたへのメッセージ」に気付くことでしょう!

人生に起きることは全てベスト。
何に対してのベスト?
「あなたの望んでいる未来」に対してのベスト!

あなたの望んでいる未来はどんな未来?

未来を心配する気持ちは「悪いことが起きてほしい」と同じ効果がある。
曖昧な気持ちは「何も変化してほしくない」と同じ効果がある。

未来のヴィジョンをハッキリ持とう。
強く強く心から望んだ事は実現する。

何が起きても「これはベストなんだ!」と思い、前に進んでいこう!

「人生はかなりピクニック」 著:山崎拓巳
サンクチュアリ出版

より抜粋。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月11日 (水)

ファーストネーム

日本の文化と違う事の一つに、同僚を例え先輩や上司(主任や師長)であっても「ファーストネームで呼び合うこと」がある。

ファーストネームが飛び交う中、患者さんにはよっぽど仲がよいか、長期間いる患者、「ファーストネームで呼んで」と言う患者以外にはMr,Mrsなどの敬称をつけてファミリーネームで呼ぶ。

これは、私が働いていたナーシングホームでもそうだったし、もともとファーストネームで呼び合う(特に年上)ことに慣れていなかった私にはすんなりなじむ事ができた。

最近気がついたんだけど、ナースの間でファーストネームで呼ばれている患者さんは手がかかる人が多い気がする。

  私だけでしょうか?

  けい

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007年7月 9日 (月)

心に響く声9

願わくば
何事があっても動じることなく
常に思いやりの心で
全てのものと
接することができますように・・・

葉 祥明
「心に響く声」 愛育社 より抜粋

| | トラックバック (0)

2007年7月 5日 (木)

安全装置?

今日は首からかけるストラップのお話。

Kays_visiter_038 ←これは、私がいつも使っているストラップ。

一番左の青いのが仕事用。

一番右の赤いのがプライベート用(家と車のカギ)です。

どれも、ここオーストアリアでもらったもの。

このストラップには安全装置がついています。

Kays_visiter_038_1 青丸がついたものがそうです!

もうちょっと拡大してみましょう!

Kays_visiter_041

さて、どうして安全装置なのかというと、

Kays_visiter_042

まあ、普段はこんなふうに首からストラップをかけて仕事をしているわけですよ。

でも、病院には色んな患者さんがいて、中にはひどく混乱している患者さんや

ひょっとした時に思いもよらない行動をとったりする人もいるわけです。

その他に、ケア中に機械にストラップを引っ掛けてしまったりすることもあります。

Kays_visiter_048

そんな時に!ストラップで首が絞まらないように、ほら!

Kays_visiter_051 こんな風に安全装置が外れるようになっているんです!!

Kays_visiter_049おお~~!

なんて画期的!

なんて一人で盛り上がってしまいました。。。

日本では首からかけるストラップを使用したことがなかったので、どんな風かわかりませんが、

こうやって私達の安全も守られているんですね。

この安全装置、はずれた後、また接続すれば元通り、また使えます。

  けい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 4日 (水)

The Real Hero of Your Life Is You

A positive mental attitude says success is a journey,

not a destination.

Because of it, you know that throughout each day

you will experience success.

It also lets you see that you are the star

and the real hero of your life.

      ---Wally Amos

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 3日 (火)

空腸ってどこですか?

働き始めて4ヶ月たつけど、いまだに医療英語に悩まされている。

NGTと言えば、Nasogastric Tube(経鼻胃管)の事で文字通り、鼻から胃まで達するチューブで、私の病棟では飲み込みが難しい人、または意識のない患者さんに栄養たっぷりのドリンクを注入するのに使ったりする。

これは日本で働いていた時にも経験していたので、慣れるのに時間はかからなかった。

日本で働いていたときと違う事は、NGチューブを挿入した時に胃までちゃんと届いているかの確認の仕方。

日本ではみぞおちあたりに聴診器を当てて、NGチューブに専用の注射器で空気を注入しボコボコッとコップの水の中にストローで息を吹きこむ時に起こるような音がすればOK!と習った。

オーストラリアでは挿入したNGチューブに専用の注射器を接続して注射器の内筒を引っ張り、胃液を採取し専用のリトマス紙で確認する。
リトマス紙が酸性の値(PH7以下)ならOK!
明らかに酸性ではない時や胃の中の内容物が引けなかった時はレントゲンを取ってDrに確認してもらう。

まあ、確認の仕方さえわかればそれにしたがってケアしていくので後は経験でなんとかなる。

この間、私の受け持った患者さんにNJチューブが挿入されていた。

  NJチューブ?

申し送りでFEEDがどうたらこうたらと言っていたので、経管栄養の一種なんだろうけど、

   Jって何?

色々聞いていくと、JはJejunumのJとわかった。

  で、Jejunumってどこのこと?

患者さんの所に行くが、患者さんは疾患により意思疎通が難しい。

鼻からチューブが入っているのは一目瞭然だが、はたしてこのチューブの先はどこにあるのだろうか?

それによって、経管栄養のケアの手順が違ってくるからだ。

辞書で調べてみた。

  Jejunum=空腸

空腸だったのか。

このチューブの先は空腸にまで達しているのね。

調べてよかった。

今日のNew wordにメモしておかなきゃ。。。

体の部位の名前を知らない看護師・・・。

考えてみると怖いですよね。

もっと勉強しよう。

  けい

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年7月 2日 (月)

サンデーロースト

先週末、用事があって土日に休みを入れたPちゃん。

その用事がキャンセルとなり、暇をもてあましていた彼。

「何しようかな~」と言いながら休日の過ごし方を考えていたみたいなので、一つ提案してみた。

    Kay「ご飯作ってよ。」

私は土、日は仕事だし、仕事から帰ってきてご飯ができていたらこれほど幸せな事はない。

Pちゃん「料理か~。いいよ。何作ろうか?」

     待ってましたその言葉っっ!!

Kay「日曜日と言えば、ローストでしょ?だって、サンデーローストって言うぐらいだもの!」

ぇ?聞いたことない?

日曜日のディナーはビーフ、チキン、ポーク、ラムなどの肉を野菜と一緒にオーブンに入れてローストにするのが伝統的って病棟のほかのスタッフから聞いたけど。

で、Pちゃんは私のリクエストによりロースとポークを作ることになりました!

Pちゃんの手料理は今回が初めて!

どんなのができるのか、ワクワクして仕事から帰ると、家はロースとポークのこんがりとしたいい匂いに包まれていた。

夕食前にゆっくりとシャワーも浴びて、パソコンでメールチェックしながらご飯が出来上がるのを待つ。

じゃじゃ~ん!

Kays_visiter_029 Pちゃん特製のローストポーク&ベジタブル。

アップルソースとマッシュルームグレィビーソース(ワインボトルとアップルソースにはさまれているコップに入っている)でいただきます。

あ~、毎日が日曜日だったらいいのに。

ローストベジタブル、特にパンプキンはあまり好きではなかったのだけれども、Pちゃんの作った丸焦げのローストパンプキンはパンプキン自体の甘みがギューっと濃縮されていてすごくおいしかった!!

あっという間に完食!

Kays_visiter_035 本当においしかった!

食べている最中も、食べ終わった後も、そこまで言う?ってぐらいに褒めて褒めて褒めちぎりました!!

さて、今度はいつPちゃんの手料理にありつけるのでしょうか?

今から楽しみです!

けい

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月 1日 (日)

大きな大きな患者さん

看護師の仕事をしていると、色々な患者さんと出会います。

今まであなたが実際にあった人の中で、一番大きかった人は誰ですか?

私は私の人生で会った人の中で一番巨大な人に会いました。

彼は私の病棟に入院してきた患者さん。

   彼の体重250キロ

250キロ、4分の1トンです。

どうしてここまでなってしまったのかは不明。

私の記憶が正しければ彼は2ヶ月前にも入院していた。

その時も大きかったが、歩行器を使ってだが自分で歩けていたのに、

その時よりもさらに輪をかけて巨大になっていた。

2時間おきの彼の体位変換は6人のスッタフ総出で行ってもまだ足りないくらい。

ベットも特別の物でベットのリモートコントロールには最高積載量300キロと書いてある。

TVのニュースで肥満の人が増え、普通の救急車に乗れない患者が増えており、それに対して大きい人用の救急車まで登場したと流れていたけど、

こんなに身近な問題に感じた事はなかった。

今は特に命に別状はない状態だけど、これからどうなるんだろう?この患者さん。

なんとか早く自分で動けるまでになってほしい。

さもないと私の腰、いくつあっても足りないです。

   けい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »