« お詫び | トップページ | あなたが看護師だと実感するとき? »

2007年7月20日 (金)

母の命日

今日は母の命日。

母が亡くなってから今年で4年。

あっという間の4年間でした。

今回は命日にあわせて帰れなかったので、インターネットでお花を注文しました。

今でも母の夢をよく見ます。

今までで見た母の夢で一番印象に残っているのは、亡くなった母から電話が来る夢。

夢の中で私は秋田にいて、母の葬儀も済ませ落ち着いた頃、家に電話が来る。

私が電話を取るとそこには母の声が。

母「もしもし、お母さんだけど。」

Kay「お母さん??」

母「あのね、私のDNAから最新の技術を使って生き返ることができるんだけど、私の体の一部でも残っていないかしらと思って電話したの。」

Kay「お母さんの体はもう火葬場で全部焼いちゃったよ。だから残ってないよ。」

母「そっか、もう焼いちゃったよね。うん、いいの別に。ただ、どうしたかな~と思って電話してみただけだから。じゃぁね。」

と、言う夢。

なんかSF映画の見すぎ?

今でも、肺がんの患者さんや呼吸不全の患者さんを見ると母の最期を思い出します。

インターネットで注文したお花には「8月に帰ります!」と言うメッセージをつけました。

もう届いている頃かな?

  けい

|

« お詫び | トップページ | あなたが看護師だと実感するとき? »

コメント

こんばんは!!
もの凄く久しぶりに、遊びに来ましたf^_^;
今日がKayさんのお母さんの命日なんですね。。
お母さんの夢を見るってことは、きっとお母さんがKayさんが毎日健康で過ごせるように見守っているんだと思いますよ!!
対してKayさんもお母さんとまた楽しく過ごしたいと思っているんでしょうね!!
8月には気を付けて帰国してくださいね(*^_^*)

投稿: オーライ | 2007年7月21日 (土) 00時10分

<オーライさん>
コメントありがとうございます!
ものすご~~~~く久しぶりです!!
そして思い出してくれてありがとうございます!
いよいよ来月、一時帰国します!
嬉しいです。 また暇つぶしにでも遊びに来てくださいね!
 けい

投稿: Kay | 2007年7月21日 (土) 11時07分

私も母の命日の前にやはり母を思い出します。母が他界して20年以上経ちましたが夢に出てきたのは・・・あったかなあ?という感じです。でもその日のことは印象的で毎年思い出しています。
遠い異国にいてもお花を贈るKayさんの優しさがお母さんに笑顔をもたらしたと思います。
私も母があちらの世界で自慢できるような娘になりたいです。

投稿: のりり | 2007年7月21日 (土) 19時23分

<のりりさん>
コメントありがとうございます!
インターネットのおかげで、海外からお花を送れるなんてすごく便利な世の中になったものです。
母の亡くなった日のことはこれから何年経っても思い出すと思います。
小さい頃は母とは似ても似つかなかった私、(母はすごくまじめで几帳面でした)最近歳を取るごとに、母に似てきたな~と思います。
きっと、のりりさんも自分の中にお母様の面影やちょっとしたしぐさをみることもあるでしょう。「遺伝」、「親子」と言う事もありますが今でもしっかり母は私の中で生きているんだなと思います。
けい

投稿: kay | 2007年7月22日 (日) 10時49分

私も母の命日の前はいろいろ思い出します。

もし、今生きていたら・・・とか現実味のないこと考えちゃったりして。苦笑

母娘は年を取れば友達のようになるって良く聞くけど、それはもう出来ないんだなあと落ち込んじゃったり。

でも信じています。Keyさんのお母様も私の母もいつも一緒にいてこのオーストラリアでの生活を見守ってくれていると思いますよ~~

投稿: May | 2007年7月22日 (日) 11時38分

<Mayさん>
コメントありがとうございます!
「もし、母が今生きていたら・・・」私も考えますよ。
一昨年、お付き合いしていたオージーの男性、嫉妬心がものすごく強い人で、交際していた9ヶ月、常に「母ならなんていうだろう?」と考えてました。夢に出てきて、「早く別れろ」と一言言ってくれればもっと勇気がもてたのにとか、色々振り返ります。
母の存在は本当に大きいですよね。
日本にいる時は友人のお母さんが台所に立っていると妙に懐かしくて、ついつい台所に入り浸ったりしてました。
私は毎日後ろから母に小突かれているような気がします・・・。
(生前もよく小突かれてました。。。)
けい

投稿: kay | 2007年7月23日 (月) 16時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29713/7210803

この記事へのトラックバック一覧です: 母の命日:

« お詫び | トップページ | あなたが看護師だと実感するとき? »