« 看取り | トップページ | Medical Terminology はじめました。 »

2007年8月 6日 (月)

NOと言えない日本人?

最近よく言われること、

「まだいるの?早く帰りなよ。」

「ぇ?もしかして日勤なの?」

そう、日勤の終業時間3:30PMを過ぎても、まだ看護記録のカルテを探し看護記録を書いている私。

私と同じ勤務の同僚はもう10分前には帰っているのに、

なんで私はここにいるんだろう?

と、疑問に思いながら記録を書く。

その間もナースコールに呼ばれたり、患者さんの家族が話しかけてきたり、
記録がじぇ~んじぇん進まない・・・。

アフタヌーンスタッフ(準夜勤)は午後1時に出勤してくる。
申し送りを終えて、各セクションナースからさらに詳しい申し送りをするのが1時半くらい。

食事に行ってない時はそれが終わってからお昼休みに入る。

お昼から帰ってくると、アフタヌーンスタッフがティーブレイクに入る。

その間もナースコールの対応ややり残した仕事を片付ける。

エクストリームリー・ショートスタッフ(超人手不足)なのでやはり仕事は残さずに帰りたい。

それでも、他の人は仕事を残して帰る。

     人から頼まれるとNOと言えない私。

      ぁ、そのくらいならできるかな?

と思って「5分もかからないし、私がやるよ。」と引き受けて自分の仕事(記録)がはかどらない。

今日も、患者さんの包帯交換をしていると、

「ここはオーストラリアなんだから、NOと言う時はNOと言わなきゃ駄目よ!そうでなきゃいいように利用されるだけよ!」

と喝を入れられた。

もう、十分に利用されている気がするんですけど・・・。

みんな忙しいしのもわかるし、お互い様だから・・・とついついね。

こんな時、どこまでも日本人だとつくづく実感する。

今年の目標追加:「NOと言える日本人になる」

がんばろ。

  けい

|

« 看取り | トップページ | Medical Terminology はじめました。 »

コメント

No~は興味深く読ませていただきました。
米国・台湾で同じ経験有。
自分に与えられたことは誠心誠意をこめてやり遂げよう!っていうのは
ワタシのポリシーかも。日本人はその傾向が強いんじゃないかな?
一緒に働いてた日本人の中でそうじゃないのもいましたけどね。
「そこまでやる必要ないのに」「そんなところまでやっても給料Upにつながるわけでもあるまいに」と米・台の人々にしょっちゅう言われてましたよ。でも、なんとなく気持ち悪いのよ、ワタシは。自分に課せられたものを残すっていうのが。
このように海外で、奥ゆかしい、日本人の美徳?を体現しながら暮らしてたにも関わらず、日本に帰ってきたら「外国暮らしをしてた人は自己主張が強い」「あっちでは白黒つけないと気がすまないのだろうね」と評されることもあるので、意思表示をはっきりするってことは会得してはいたんだろうと思いますがね(苦笑)
残業したり、人に頼まれたことをこなしてる自分、ハタから見れば「あいつ何やってんだろうね」って思われるようなコトも、全然イヤじゃなくむしろ楽しんでた面もあるので、根っからのお人よしなのかもね。

投稿: meiko | 2007年8月 7日 (火) 10時09分

<Meikoさん>
コメントありがとうございます!
「立つ鳥跡を濁さず」じゃないですけど、私もなるべく仕事は残さずに帰りたいと思うタイプです。
しかも、すでに手をつけてしまったものは最後まで・・・と、後の人に後始末をお願いするのも気が引けるし、やっぱり自分で!と思ってしまうんですね。
私もめいこさんと同じように、楽しんでやるタイプなので、他から言われて「あ。そっか日本じゃないんだ」と思います。
結局タイムマネージメントがなってないってことなんですけど・・・。
どこから頼んでいいのかもわからないし、やっぱりとうぶん残業する事になりそうです。。。
けい

投稿: Kay | 2007年8月 7日 (火) 11時06分

日本人ってなかなかNOって言えないですよね。
あ、お久しぶりです、Kyuです。
ブログを削除してかれこれ数週間。
やっと立ち直り、コメで着るようになりました。
今はまたブログを立ち上げよかどうしようか考え中です。
お知らせしたいことは山ほどあるんですけどね(^^)

日本の看護師はみんな協力して仕事を終らせてなんぼですけど、
こっちはなかなか上手くそうはいかないようですね。
働きたくないOZの性格故のことでしょうかね(^^)
負けないでNO!と言って頑張って下さいね!!!

投稿: Kyu | 2007年8月 7日 (火) 14時49分

<Kyuさん>
コメントありがとうございます!
お久しぶりです!
そうそう!ブログがアクセスできなくなってしまって、また故障かな?
と心配していたのですが、またこうやってコメントくれて生きている事がわかったので安心しました。
よかったです。
どちらかと言うとこっちの人は時間が来ると、何があろうとも帰ります。
そういう性格みたいです。
ですからあまり頑張り過ぎないようにしようと思います。

またブログ立ち上げる事になりましたら、連絡くださいね!
楽しみにしてますよ!
けい

投稿: kay | 2007年8月 7日 (火) 15時36分

えぇ、ワシなんとか生きちょりました(^^)
気晴らしに日本に帰ってみたものの、
イイ気晴らしになった反面、やっぱり日本がイイな〜〜〜としみじみ思い、
ちょっとこっちに帰って来たくなかったです(^^;)
今は、こっちでの生活にまた前向きになりつつありますけどね。
日本とはおっかない国だぁ〜〜〜(><)
また、遊びに来ますね(^^)/

投稿: Kyu | 2007年8月 7日 (火) 19時49分

ものすごくよくわかります。

私も仕事して2年経っているのになかなかNoといえないんです・・・

と、いうよりも中途半端にしてあとから気にするよりはましかなと思うけど時々損してるな、と思うことも。苦笑

まあ、そうはいっても、Noといえない分、働かない人と働くときは、わざとゆっくりメディケーション等の仕事をして「ごめんね、仕事遅くて><」と言いながらパートナーに働いてもらいます。笑 それでもダメなときは、地獄ですが><

投稿: May | 2007年8月 7日 (火) 22時38分

こんばんわっ。
NOって、なかなか言えないですよね。。。
あたしも、ナーシングホームでレジデンスの人にお願いされると、ついつい話を聞いて、お手伝いしようとするんだけど。
パートナーの人に、「時間がないから、そんなこと聞いてたらだめっ!」と怒られます。
NOと言えないのは、頼まれて断るのって、なんだかいい気持ちがしないからですかねぇ。難しいですよね。

投稿: あきこ | 2007年8月 7日 (火) 22時53分

<KYUさん>
コメントありがとうございます!
いい気晴らしになりましたか?
よかったです。
日本っていい国だな~って私も思います。
日本にいるとなかなか見えないことも、外に出て初めてわかりますよね。
また遊びに来てくださいね。
けい

投稿: Kay | 2007年8月 8日 (水) 10時31分

<Mayさん>
コメントありがとうございます!
「わざとゆっくり働く」
それはいい手ですね!
今度ためしてみようと思います。
なんか一人だけせっせっせっせと働いているような気がします。
ま、駄目だしされないだけましかな・・・なんて、いいように考えたりもしてます。
けい

投稿: Kay | 2007年8月 8日 (水) 10時35分

<あきこさん>
コメントありがとうございます!
レジデントさんや患者さんの話を聞く時間がもっと持てればと、つくづく思います。
レジデントさんもちゃんと人を見て色々言ってくるからね。
「あ、こいつ使える」とわかると、余計色々頼むし・・・。
その気持ちはわかりますよ。
いつもごめんねと言いながら仕事してました。
日本でもここでもね。
体壊さない程度にお互いに頑張りましょうね。
けい

投稿: Kay | 2007年8月 8日 (水) 10時39分

私は、どうしても時間内に終わらないときはしっかり超過勤務を書きます。日本人は他の国民に比べて働き者だし、よく気が付くし、だから大変な仕事量をこなしてしまうんですよ。暇そうにしているカナディアンナースを見るとムッとすることもあります。でも自分は自分。何が大切か、優先順位も考えた上で仕事をしているのだから、気兼ねせず超勤を申請できるのです。
今日もしっかり1時間書いて帰りました。あ~忙しかった!

投稿: Missy | 2007年8月17日 (金) 14時08分

<Missyさん>
コメントありがとうございます!
超過勤務表は書いたことがありません。
て、いうかそんな物が存在するのかもわかりません。
プライベートの病院で働いている友人はタイムカードなので超過勤務は勝手に計算されるみたいです。
今度、他のナースに聞いてみます。
けい

投稿: kay | 2007年8月18日 (土) 18時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29713/7437157

この記事へのトラックバック一覧です: NOと言えない日本人?:

« 看取り | トップページ | Medical Terminology はじめました。 »