« 隣のイッコさん | トップページ | Had a party? »

2007年11月 5日 (月)

凹んだ日

昨日は仕事中に色んなことが重なって、かなり凹んでしまった。

・受け持ち患者の一人、Mさんがず~~~~~~~~~っと「Help Me!!」と部屋から叫んでいた。
理由は個室で寂しかった+手にはめたミトン(NGT自己抜去予防用の抑制)をはずして欲しい!!
抑制のプロトコール通りに4時間置きにミトンをはずして、手のマッサージをしたり、監視下で手をフリーにさせてはいるが、やはり患者もストレスもたまる。
わかるんだけど・・・。

Mさんがそれはもう一生懸命に叫び続けるものだから、隣接している個室の他の受け持ち患者さんたちもイライラ・・・・。

Mさんの部屋はナースステーションから一番遠い部屋なので、叫んでいても頻繁に部屋を覗きに行く事ができない。
気分転換もかねて、Mさんを大きな車椅子に乗せ、ナースステーションの前までつれてくる。

その間にも他の患者のコールの対応したり、与薬したり。

・受け持ち患者の一人、個室にいるS君(20歳)は部屋のドアも、ブラインドも締め切っている状態。Mさんがうるさいから・・・。わかるよ。でも、こちらとしてはドアは開けておいて欲しい。それに、日勤のナースからも「鬱防止のためにブラインドも日中は空けておく事」と申し送られたが、彼は拒否・・・。
これ以上、無理強いする理由もないし、説明もうまくできない。
彼から「自分の病気のことについて知りたい」と言われたがうまく説明ができなかった。
彼の病気については自分で調べていたし、病態もわかっていたのだが、どこまで説明してよいかわからず、下手な事を言って誤解を招くのもイヤなので、ベーシックな事だけ説明し『明日、Drに説明してもらえるように頼んでおくね。』と付け加えておいた。

一昨日、彼がうちの病棟に転棟してきてからずっと思っていたんだけど、彼、物を頼むのはいいのだけれども、「Thank You」といわない。
頼まれた後に「何か他にお手伝いする事ありますか?」と聞いたときも、
「That's it.」

・・・・・それだけかよ・・・オイ。。。

若いから?シャイだから?自分の病気だけで精一杯だから?
彼の病状もわかるんだけど、なんか自分が召使のような気がして虚しくなってくる。

そして追い討ちを掛けるように、新しい患者さんが転棟してきた。
Dさん、40代の女性、IVDU(覚せい剤使用)の上に心内膜炎で入院してきた。
彼女もMさんの叫びにイライラ・・・Fワードを連発。
酸素マスクははずすわ、禁断症状もあり不穏気味。
熱は上がるし、解熱剤は拒否するし、『眠剤くれ』と訴えるし(しかも夕方4時)、胸痛も訴えるし、もうてんてこ舞いです。

他のナースはナースステーションに座って暇そうな様子。
バタバタしているのは私だけ?
どうして私だけ忙しいのだろう?

昨日は学生のアリスちゃんが付いてなかったことが不幸中の幸いだったけど、昨日までで、アリスちゃんの事を含め私の中でいろいろな事が積み重なり、自分のキャパを超えて一気に凹んでしまった。

やっと取れた夕食、休憩室でPちゃんに電話するが、Pちゃんは携帯を持ってなくて話ができず、溜まったものが吐き出せないでいた。

私、何やっているんだろう?
こんなんでよくAUSでナースをしているな。
患者さんにうまく病状も説明できないし、コントロールもタイムマネージメントもできない・・・。
学生指導もきちんとできないのに、私に付いた学生アリスもかわいそうじゃないか。
これでよく、IVナースになりたいなんてみんなに豪語して・・・。
身の程知らずもいいとこだ。
今まで何事もなくやってこれたのが奇跡だったのだ・・・。
自分の不甲斐無さに涙が出てきた。

まさしく鬱のど壷にはまり込んでしまった私。

休憩の後はクリニカルナースの助けもあり、患者さん達も落ちつき、初めてS君から「Thank you」という言葉を耳にし、ようやく復活し始める。

自分ができる事しかできないから、その中で自分のベストを尽くそうと思う。

今日と明日がお休みでよかった。
気分転換してすっきりした気持ちで水曜日に仕事に行けたらと思う。

   けい

|

« 隣のイッコさん | トップページ | Had a party? »

コメント

あのあと、大変だったのね。気持ちはよくわかる。
月曜日のmorning地獄を見た私でした。まあ、なんとか、時間内にかろうじて終ったって感じ。いや、まじで、こんなんで、学生指導なんてできる??とか思うわ。明日から、って、本当は今日からだけど、5週間、私、指導できるかしら?私の勤務にくっついて仕事するらしい。まじで、完璧に5週間一緒。アリスちゃんと違って、めちゃめちゃよく話す子で、それも早口、時に???てことがある私、、。やばいなあ、、明日から、、って感じです。でも、頑張ろうね。

投稿: sayuri | 2007年11月 5日 (月) 18時32分

人は凹んで、悩んで成長するものです(^^)
頑張って!!!

投稿: Kyu | 2007年11月 5日 (月) 20時51分

<Sayuriさん>
コメントありがとうございます!
同感していただいてありがとうございます・・・。
Sayuriさんにも学生さんが付いてしまったのですね。お疲れ様です。でも、Sayuriさんは日本での学生指導の経験があるので、ぜんぜん大丈夫ですよ!!!こんど、その秘訣を教えてください。
けい

投稿: kay | 2007年11月 5日 (月) 21時27分

<Kyuさん>
コメントありがとうございます!
なんか、Kyuさんが言うと、すごく説得力がありますね。励ましありがとうございます!
凹んで跳ね返すくらいの気持ちでパワーアップしてみます。
けい

投稿: kay | 2007年11月 5日 (月) 21時29分

大変な一日だったんですね。
でも、ひとつでもいいことがあるとなんだか救われた気がしていつもの倍うれしくなったりして。
確かに、自分ができることしかできないですよね。
私も昨日はかなり落ち込むことの連続だったので、今日もはまっててなかなか抜け出せないでいるのでうすが、明日はメルボルンカップで学校はお休み。なんとかリフレッシュして水曜日からのテストに備えたいと思います。
Kayさんも発散させて水曜日からまた元気になってください。

投稿: のりり | 2007年11月 5日 (月) 23時21分

おつかれさまでした。
看護師っていろいろ凹むような経験を重ねて、立ち直り、そこから学んでやっていくうちに成長するものだと思っています

ゆっくり休んで、またがんばりましょう!

投稿: H i | 2007年11月 6日 (火) 08時36分

こんな忙しい状況の中でよく頑張られましたねKayさん!お疲れ様!少しは疲れが取れましたか?
病棟のCNCは看護はチームプレーだというけれど、すっごく個人プレーだと思うのはハピだけ?ハピがどんなに忙しくても知らん振り。そのくせ自分が忙しくなるときれる。ヘビーな患者さんを持って椅子からベッドに移したいとき訴え続けても1時間も助けが借りれず(ちょうど配薬の時間と重なったので)本当に嫌気がしてこんな所で働けるか!って爆発しそうでした。
ハピも召使のように扱われたり、患者さんとうまく関係が作れなかったら落ち込むけど、ここはAUS、ハピにとって何でも2倍時間が掛かる国と思って2日は耐えます(笑)
あと、患者さんから病気の説明をして欲しいと言われたら、まず患者さんがどこまで病気を知ってるか確認すると話しやすいですよ。患者さんが知ってることは一緒に話せますからね。よかったら参考に~
お互い凹んでもまたいいこともある、悩み、ストレス発散した後はいいことがあると信じて頑張りましょうね!

投稿: ハピ | 2007年11月 6日 (火) 08時57分

<のりりさん>
コメントありがとうございます!
普段ではあまり気にしないことでも、色々溜まってくると、ちょっとした事でも余計敏感にしかもネガティブな方向へ物事を取ってしまうようです。
ガス抜きも必要ってことですよね。
ありがとうございます!
明日はまた元気に病棟に行けそうです。
けい

投稿: kay | 2007年11月 6日 (火) 10時35分

<Hiさん>
コメントありがとうございます!
凹む経験があるってことは、まだまだ私も学ぶべき事があり、成長していけるってことですよね。
この記事もいつか「あ~~あ~~!こんなことで凹んでいた時期もあったな」と笑いながら読める日が来るのでしょう。(今はまだ読んだだけでウルウルですけど・・・)
ありがとうございます。
こうやって大人になっていくのですね。
頑張ります!
けい

投稿: kay | 2007年11月 6日 (火) 10時40分

<ハピさん>
コメントありがとうございます!
忍耐と言う文字が私にはちょっと欠けているみたいです(笑)。
「病状をどこまで知っているのか患者さんに聞いてみる、その上での病気の説明」なるほど!そういうふうに導くのですね!!
早速やってみたいと思います。
ありがとうございます。
けい

投稿: kay | 2007年11月 6日 (火) 10時47分

なんだか大変な1日でしたね。お疲れ様です。
私も落ち込むことたくさん。

時々限界が来てドラッグトローリーをひっくり返したくなる時があります。苦笑


就職したばかりのとき、なんで日本に帰らなかったんだろうってずっと思っていました。
でも1年たって、2年過ぎた今、やっぱり頑張ってよかったって思います。

だから頑張りすぎず頑張って下さい。
少しずつ自分のペースで成長していけばいいのだと思います。

投稿: May | 2007年11月 6日 (火) 19時41分

こんばんわ、けいさん。
ついてない日と言うか、何もかもがうまくいかない日って時々やってきますよね。
あたしも今日は、ボロボロでした。。。。
サボってる訳じゃないのに、一生懸命やってるのに、スタッフやレジデンスの人からの指摘や依頼が多くて「わぁぁぁぁぁああああっ!!!!」ってなりそうでした。
あたしも明日は、もうちょっとがんばってみます。
↑の記事、面白かったです。
笑いが取れるレジメ、それもいいかもっ!

投稿: あきこ | 2007年11月 6日 (火) 21時34分

<Mayさん>
コメントありがとうございます!
私の病棟にはドラックトローリーがなくてよかったです。あったら、とうの昔にひっくり返されていたでしょう(笑)。
何もかも完璧にしようと、周りからの期待もあるし(ぃゃ、別にないんですけど)と思い込んでたのだと思います。
Mayさんの言うとおりにマイペースで少しずつ頑張りたいと思います。
ありがとうございます。
けい

投稿: kay | 2007年11月 7日 (水) 11時46分

<あきこさん>
コメントありがとうございます!
何をやってもうまく行かない日、確かにあるかもしれません。
お互い気楽に行きましょうね。
レジメで笑いが取れても、仕事が取れなければ元も子もないので、要注意ですよ!!(笑)
それでもよければ、験してみて下さい!(笑)
けい

投稿: kay | 2007年11月 7日 (水) 11時50分

こんにちわ。KAYちゃん。お久しぶりにコメントします。この記事を読んでいてすごくわかるわーと思いました。私もKAYちゃんみたいに思ったこと何度も何度もあります。でも、その後で考えたことは、私なりの看護をしようということです。言葉の壁は大きいから10年たってもネイテイブの人たちよりうまくなるなんてことはありえないと思っています。でも、いつも、患者さんの立場にたっての看護は日本でもこっちでも同じこと。こっちのナースはどちらかというとナース中心の看護。ナースの時間に合わせた看護が多いと思います。ちょっとした心がけでも、患者さんには伝わるものです。今まで働いてきて、英語なんて関係なく病棟の中で私に受け持ってもらってHAPPYだった、と言ってくれた患者さん何人かいます。すごく、報われた気持ちになりましたよ。だから、おちこまず、KAYさんなりの看護でいいんじゃないでしょうか??がんばりましょうね。

投稿: usako | 2007年11月11日 (日) 09時21分

<Usakoさん>
コメントありがとうございます!
おかげさまで、復活しました!
休み明けの病棟は嘘のように静かでした。
おかげであれ以上凹むこともなく、気分も気温も上昇中です。
Usakoさんのおっしゃる通りに、焦らず、自分の看護(歌って踊って笑えるナース)を目指そうと思います。
また、遊びに来てくださいね!
けい

投稿: kay | 2007年11月12日 (月) 10時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29713/8767481

この記事へのトラックバック一覧です: 凹んだ日:

« 隣のイッコさん | トップページ | Had a party? »