« けいの憂鬱 | トップページ | 隣のイッコさん »

2007年11月 1日 (木)

見つけた!

日本にいた時からだけど、私には看護師として極めたい物がなかった。

例えば救命救急病棟ナースやICUナース、じょくそうナースなど、全く興味がなかったわけではないが、スペシャリストになりたい!ってほどでもなかった。

AUSでナースになろうと決めてからはそれに向かってただただガムシャラに突っ走って来た。
めでたくRNになったのはよかったが、ここで更なる漠然とした疑問がわいてきた。

  さて、これからどうしよう?

今は一般内科病棟でRNとして経験をつんでいる。
働き出して半年以上が過ぎた。
色んな患者さんを看る中で、自分の分野はなんだろう?
と考えていた。

ずっと緩和ケアナース、ホスピスのナースになりたいと思っていたが、今の知識と経験と英語力ではちょっと難しい気もする。
なんと言っても、母を亡くしてから私の心の準備がまだできてない。
肺がんの患者さんを看るとどうしても母の姿を重ねてしまう。

では、自分に何ができるのか?

同じ看護師として日本やAUSやアメリカやイギリスやカナダで目標を持って仕事や勉強をしている人をうらやましく思っていた。

まぁ、焦らなくてもそのうち見つかるかな~なんて気楽に考えていた今日この頃。

ついに見つけてしまった!

私、INTRAVASCULAR THERAPY(IVナース)になろうと思います。

IVナースとは主にPICC(Peripherally Inserted Central Catheter)を挿入したり、トラブルシューティングをしたり、患者さんやナース、医療スタッフにPICCラインの教育をしたりするのが仕事。

この間、病棟でPICCライン挿入を見る機会に遭遇した。

IVナースがPICCラインを私と2名の看護学生に説明しながら挿入する。
手順はIVHの挿入と似たようなものだが、抹消から入れるためIVHよりは他の臓器を傷つけたりするリスクが少ない。

   カッコイイ!!

見ているうちに、胸が弾みだして、ワクワクしてきた。
PICCライン挿入を終えた後、さっそくIVナースを捕まえ情報得る私。

どうしたらIVナースになれますか?
どのくらいトレーニングを受けるんですか?
IVナースになるために大学に行かなければいけませんか?
外科系病棟の経験が必要ですか?
IVナースへの質問攻撃は止まらなかった。

これだよ! これ!! 私がやりたかったものは!!!

頭にかかっていたモヤモヤがすきっと晴れるような、
暗闇の中にひと筋の光が見えた感じ。

情報を得るにしたがって、ポジションさえあれば私でもトレーニングが受けられるかもしれないとの事。
SDナース(ナース教育係)のSにも相談してみた。
Sは喜んで相談に乗ってくれ、IVナースのスペシャリストにEメールでIVナースになる必要条件などを聞いてくれると申し出てくれた。

で、今日の事、IVナースのマイコー(仮名)が1枚の紙を持って私の病棟に現れた。

マイコー「君かい?IVナースになりたいって子は?」
Kay「はい!私です。」
マイコー「ちょうどIVナースのポジションに空きが出る事になったから、ここに申し込んでみるといいよ。」
と、マイコーはIVナースの募集要項が書かれた紙を手渡してくれた。

募集要項によると仕事は2008年の1月から6ヶ月間のパートタイム。
CV(履歴書)と志望動機を書いたカバーレターと2名の推薦者の連絡先をつけて12日までに申し込んでねとのこと。

早速、病棟のCNSマリーとナースマネージャーに相談した。
もし受かったら、パートタイムなので、週3日はIVナースとしてその他の2日は今の病棟でRNとして働こうと考えている。
ナースマネージャーも「問題ないわよ。いいじゃない。やりなさい。」とGOサインを出してくれた。

これから、CVをアップデートして、カバーレターを準備しなきゃ!

 何か新しい事に挑戦する時はワクワクするね。

  やるぞ~~~~!

  けい

|

« けいの憂鬱 | トップページ | 隣のイッコさん »

コメント

なんか、やりたいことが見つかってキラキラしてますね(^^)
とっても羨ましいです。
頑張って下さいね♪

投稿: Kyu | 2007年11月 1日 (木) 18時19分

IVナースかっこいいじゃないですか!
確かに病棟に指導に来るIVナースを見るたびに、素敵☆だって感じます。

一般内科で働いてると自分のスペシャリティについて考えますよね・・・
専門病棟にいる友達が羨ましかったり・・・

また、Kayさんのいう緩和やホスピス看護がお母様と重なる、大変よくわかります。
私もがん患者さんをみると未だに母を思い出し、まだ緩和をやるにはReadyじゃないんだと思い知らされます。

でも母に出来なかったことを患者さんにすることで私自身が救われているのかもしれません。

私もこれからもっと専門になれるように頑張ります。

Kayさんも頑張って下さいね!

投稿: May | 2007年11月 1日 (木) 19時24分

やりたいことが見つかってよかったですね。

ナンバー1になるのではなく、オンリー1になること、これが今の私の目標を達成するために、信じていることです。

海外の看護は細分化されていて、専門的に勉強するには最適ですね。これからもがんばってください。

投稿: Aya | 2007年11月 2日 (金) 05時31分

<KYUさん>
コメントありがとうございます!
この間のKyuさんのブログで「今後の進路」についてかかれてましたよね?時間が無かったので、コメントがかけなかったのですが、Kyuさんも同じ気持ちでいたんだと感じました。
私はAUSにずっといる派ですが、やはり自分の方向性について考えていた所です。 これは神様が与えてくれたチャンスかもしれないと思って頑張ってみようと思います。
ありがとうございます。
けい

投稿: kay | 2007年11月 2日 (金) 07時47分

<Mayさん>
コメントありがとうございます!
IVナースカッコイイですよね??!!
採血やIV確保が大好きなので一時は「採血専門の人(フルボトミスト)」になろうかと考えた事もありました。
同僚に聞いたら、フルボトミストは採用者を院内トレーニングで育てるのであまり専門性はない+お給料がRNの方がいい事などで、諦めました。
PICCラインは日本では見たことがなかったので、私にとっては新しい分野です。 すごく自分に向いていると勝手に思い込んでいます。まずは挑戦してみますね!!
応援ありがとうございます!
けい

投稿: kay | 2007年11月 2日 (金) 07時56分

<Ayaさん>
コメントありがとうございます!
やりたい事、見つけることができて本当にラッキーだと思います。
これからは歌って踊れて、刺せる?ナースを目指して頑張りたいと思います!
応援ありがとうございます!
けい

投稿: kay | 2007年11月 2日 (金) 08時02分

専門ナースは良いですよ~。深く知識をもつようになるし。自分に合わなければ他を挑戦すれば良いことだしね。それにPTが良いですよ。専門に入っていく難点は、それ以外に使い物にならなくなってしまうこと。だから本当にその道に行くと決めるまでは片足、内科などに突っ込んでいくことが大切ですよ。
私もホスピスが好きと思っていて、移ったのだけれど、蘇生もなければ輸血、点滴だってない。Acuteのことをみな忘れてしまうのだろうかと、内科でピックアップのシフトをしばらくはしていましたよ。

今はここで骨を埋めようと決意をしたので、気にならなくなったけどね。

頑張れ~。

投稿: Missy | 2007年11月 2日 (金) 14時12分

IVナース♪なんて素敵な響き、ホンワカ♪
留置針フェチなKayさんにまさしくピッタリじゃないですか!まさしく出会うにして出会ったって感じですね。応援してます、頑張ってくださいね☆

投稿: ハピ | 2007年11月 2日 (金) 20時53分

<Missyさんへ>
コメントありがとうございます!
もしIVナースとして働く事になっても、一般病棟でも働くつもりです。ビザの関係もあるので・・・(労働ビザなのでフルタイムの採用でなければならない)。それでも時給が4ドル上がるので頑張ります!
けい

投稿: kay | 2007年11月 2日 (金) 22時38分

<ハピさんへ>
コメントありがとうございます!
IVナースはホンワカと言う感じなんですね!ハピさんのイメージでは。
私はシャキーーン(『必殺仕事人』のポーズで)っという感じを想像してました。
面白いですね(笑)。
必殺(しちゃいけないけど)IVナースになれるように頑張ります!
けい

投稿: kay | 2007年11月 2日 (金) 22時46分

IVナースから以前講習を受けたことがあります。PICCも入れたりと、すごいなあ~と感心しました。
自分のやりたいことが見つかるのってすごく嬉しいし、充実した人生になると思います。
お互いがんばりましょうネ。

等身大バトンやってみました、
なんかバトンって緊張しちゃう私(苦笑)

投稿: H i | 2007年11月 4日 (日) 08時54分

<Hiさん>
コメントありがとうございます!
ただ今、CVとカバーレターを直している最中です!
来週中には申し込めるように頑張ります!
お忙しい中、等身大バトンを受け取っていただいてありがとうございます!
早速お邪魔させていただきますね!
ありがとうございます!
けい

投稿: kay | 2007年11月 4日 (日) 10時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29713/8712992

この記事へのトラックバック一覧です: 見つけた!:

« けいの憂鬱 | トップページ | 隣のイッコさん »