« コメントについてのお知らせ | トップページ | 昔の男 ~思いでほろほろ編~ »

2008年10月 6日 (月)

夜勤明け

長かった3週間にもわたる夜勤が今朝明けた。

眠い・・・。

最後の夜はとてもばたばたと忙しかった。

昨日までは夜勤は3人で行っていたが、手がかかる人が多いため、4人勤務の夜勤となった。

私の他に夜勤専属のCNが2人と夜勤専属RNが一人と、ベテランぞろいでラッキー!と思ったのもつかの間、申し送り後に状態の悪い患者さんが私の受け持ちの個室の患者さんと部屋換えをしたために、重症さんの受け持ちになってしまった・・・。

ぁぁ・・・ついてない。

最後の夜くらい無難にすごしたいのに・・・。

この重症のSさん女性83歳は準夜勤帯で私の病棟に転棟してきた。

Sさんは右足の蜂化職炎、抹消の浮腫、急性腎不全で入院。

既往歴として心不全、AF、TIA(一過性脳虚血発作)、糖尿病、関節炎、喘息、高コレステロールとてんこ盛り。。。。

加えて肥満で100キロを超える巨体の持ち主です。。。。。

呼吸困難を訴え、準夜勤務のナースが気がついた時、尿量は0・・・。

当直Drに緊急受診。

利尿剤を投与したり、ECG取ったり、点滴増量したり、モルヒネ使ったり、で、Drが胸部レントゲン写真をオーダーしたところで夜勤帯にバトンタッチ!

4人部屋にいたSさんはレントゲンを取りに行った後に個室に移る事となった。

500MLの点滴を一気に落とし、尿量を上げようと試みるも、尿量は以前10ML・・・。

呼吸困難は軽減したが(モルヒネのせいでね)、顔は青白いし、手足顔も冷たい。

尿量が少ないので、また当直医に報告。

当直ドクターは『もう少し様子見て』との事。

この『もう少し』の間に他の患者の投薬やおむつ交換を済ます。

もう少し待ってみたがSさんの尿量は0。

バイタル測るがどこもかしこもむくんでいて、血圧も取りにくい・・・。

1時間前には100代あった血圧も触診で80代、体温は低下し33度。。。

ぉぃぉぃ。 やばいよ、これ・・・・。

そこに当直Dr登場。

バイタルと尿量と報告する。

「血圧が下がっているので利尿剤は使えないね。でも、これ以上点滴も増やせないから、このまま様子見て」との事。

胸部レントゲン写真は問題なしだったと。

血圧80ですけれど・・・。

そのまま去っていく当直医。

CNに相談する。

Sさんは尿量低下についてはNO MET(コードブルーに値しない、または望まない)だったがその他はフルコース(心肺蘇生する+積極的な治療を望む)。

血圧低下(90以下)はコードブルーに値する。

午前0時50分コードブルー発令。

METチーム(緊急医療チーム)が駆けつけてくれた。

急いで、点滴追加、採決、血ガス、ECG、ポータブル胸部、腹部レントゲンと仕事をこなすMETチーム。

血圧は100代まで上昇し、何とか落ち着いたが、採決結果で凝固系を示す値のひとつINRが高く、腹部に圧痛があるため、腹部出血?の疑いで緊急CTを取ったり、CTから帰ってきたらFFP輸血の指示が出てたり・・・。

次から次へと指示が出る出る。

『どうか他の患者さんが寝ていてくれますように(他の受け持ち患者には徘徊や夜間せん妄の患者がいたため)』と祈りながらSさんに付きっきり。

FFP輸血が終わったと思ったら、Sさんが「たすけて~!!」叫びだし不穏状態に。。。

しかも、隣の夜間せん妄があるCさんもつられて?叫びだす始末。

ここは動物園か?

そうしている間に4人男性部屋のMさんが廊下でうろうろしているし・・・・。

勘弁してくれ。

早く朝になってくれ!!!

他のナースもED(救命救急病棟)のオーバーフローで開いているベットを開放しなければならず、その受け入れで忙しそうだったし。

ようやく椅子に座る事ができたのは明け方の4時ごろ。

Sさんは追加のモルヒネでようやく落ち着いた。

夜が明けだし、Sさんのバイタルを測っていると、CNのディジー(仮名)が部屋にやってきた。

『あなたにとって大変な夜勤だったわね。今夜が最後なんでしょう?よくやったわ。あなたと夜勤できてよかったわ。』とお互いに健闘をたたえハグをした。

ここでようやく、日勤者とバトンタッチ。

私の最後の夜勤はこんな風に明けた。

誰も死ななくてよかった。

今日はぐっすり寝れそうです。

けい

|

« コメントについてのお知らせ | トップページ | 昔の男 ~思いでほろほろ編~ »

コメント

お疲れ様

急変の対応をしていると、他の患者さんのことが後手にまわり、ますます忙しくなりますよね…
「誰も死ななくてよかった」の気持ち、よくわかります!

投稿: tisane | 2008年10月11日 (土) 23時54分

<Tisaneさん>
コメントありがとうございます!
他の患者さんは病態的には落ち着いていたので、すっかり放置状態でした。
この急変した患者さんは私が夜勤終了して帰宅した1時間後に亡くなられました。
ご冥福をお祈りします。
けい

投稿: kay | 2008年10月13日 (月) 10時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29713/24303219

この記事へのトラックバック一覧です: 夜勤明け:

« コメントについてのお知らせ | トップページ | 昔の男 ~思いでほろほろ編~ »