« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月24日 (火)

こんなの作ってみました!

結婚式まであと2ヶ月切っているわけですが、

    こんなんでいいのか?

と言うほど、のんびりしている私です。

ドレスはレンタルで予約済みなので、後は式の2週間ほど前にサイズ直しをして本番に挑むわけです。

で、ドレス以外は全く手付かずの私でして、

ベールぐらい何とかしないとと思い立ち、クリスマスプレゼントにもらったミシンを2ヶ月ぶりに引っ張り出してきて、作ってみました。

参考にしたサイトは こちら と こちら

まず、スポットライトと言う、日本で言うと『ユザワヤ』みたいな(ここまででかくないけど)手芸屋さんに行って、ベールの布地と縁取りのレースとインジビブル(クリア)のミシン糸、あと、ベールをつける櫛を購入。

Veil_and_bride_mate_007_2 サイトに乗っているとおりに型紙を作り、ベールに当てて、裁断する。

Veil_and_bride_mate_009 ちょっと長かったので、もう少し短めに裁断。

Veil_and_bride_mate_010

ベールの縁にレースをマチ針でつけて、レースの山(波)にあわせて縫っていく。

6メートル買ったレースがぴったり縁一周分あり、ちょっとほっとした。

6メートルも針を上げたり下げたり、地道な作業・・・。

生地が薄いので、途中で絡まって糸が切れたり。。。

縫い糸もインビジブルの糸は細いので、切れやすかったり・・・。

そして、私も切れそうになったり・・・・。

Veil_and_bride_mate_013 やっと、縁取り完成!

2時間ぐらいかかった・・・。

ここまでくれば、あとは楽勝!!

中心の幅60センチをグシ縫いして、中央に寄せます。

Veil_and_bride_mate_016 寄せた部分をサテンの布で包むようにして隠し縫い。

櫛をつけて出来上がり!

ではお見せしましょう!

完成品はこちら!

Veil_and_bride_mate_024 ちょっと左右の高さが微妙に違うけど・・・

ドンマイ!

Veil_and_bride_mate_017 かぶってみた。

Veil_and_bride_mate_018 Veil_and_bride_mate_022

こんな感じ。

なかなか良くできたと思う。

ベール作っちゃうなんて、どんだけ暇なんだよ!!

なんて突っ込まれそうだけど・・・。

結構作れるもんですね。

充実した一日でした。

けい

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年2月18日 (水)

初めての超音波検査

今日は朝から初めての超音波検診に行って来ました。

旦那P助が働いている病院で超音波検査を受けたので、検査時間にP助もブレイクを取って検査科に下りてきて一緒に超音波の画像を見ることが出来た。

検査をスムーズに行うため、『検査前に1リットルのお水を飲んで来てくださいね。あと、トイレは朝1番のトイレが済んだら検査が終わるまで我慢してくださいね。』と注意を受けていた。

おかげさまで、病院に着いた時には膀胱はパンパン・・・。

トイレを我慢するのに必死でした。

ちゃんと予約時間通りに検査が始まってよかった。本当に。。。

半ば冷や汗をかきながら診察台に乗り超音波検査開始。

おなかにつけるジェリーがちゃんと暖めてあって、違う所でちょっと感動してしまった。

モニターに映し出されたベビー ↓

Satokayano20090218085129386

CRL(頭殿長:頭からお尻までの長さ)45.7mm

私の小指よりも短い。

検査技師さんは私のパンパンな膀胱をものともせずに超音波の機械をお腹に押し当てていろいろな角度からベビーを観察。

私の年齢が年齢なので、ダウン症のリスクも一緒に見るのだとか、

一般的にベビーの首が太いのはリスクが高いとか。

「見る限り、首も細いわね。まあ、後は血液検査を見ないとなんともいえないけど、大丈夫じゃないかしら?」

と、なんかすごく曖昧なんですけど・・・。

Satokayano20090218085637590

ちゃんと心臓が動いているのもはっきり見えた。

超音波で心拍数が測れるなんて知らなかった。

規則的にちゃんと動いてます!

Satokayano20090218085702246

←ちゃんと手が二本あった。

足は?

Satokayano20090218085742519 お!!

あったぞ!

母に似たのか?

しっかりした足だ・・・。

Satokayano20090218085802426  足もちゃんと二本ありました。

時々手足をばたばたさせて、元気そうに動いていて、なんだか一安心。

まだまだ手のひら半分に満たないぐらい小さいけど、小さくても私のお腹の中でちゃんと一つの生命が育まれている。

外からはまだ何もわからないのにね。

なんか不思議な気分。

男女の性別はまだ小さすぎて今回はわかりませんでした。

次回に期待しよう。

旦那P助も隣でモニターを見て始終ニコニコ。

時々「わぉ~~!アメージング!!」と声を上げてました。

あんた、検査受ける前は、

超音波検査のベビーの姿なんてただのモニターに写るわけのわからない物体にしか見えない!!

あれを見て感動する人の気持ちがわからない!!

と力説していたのはどこのどなただったかしら?

超音波検査を通して親になる実感UP! と言った所です。

元気に育てよ!

私ももりもり食べるぞ!

<おまけの話>

私は超音波の画像はプリントしてもらえるのかと思ったら、CDに焼いてくれました。

やっぱりハイテクだな~~!!

  けい

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年2月16日 (月)

ばっくれかよ??

久々に仕事の話。

本当に久々なので、私がナースだって事忘れてたでしょ?

まぁ、いいけど。

私の病棟にはAIN(看護助手)さんがいて、食事のセッティングや食事介助、シャワー介助、清拭、おむつ交換、体位変換の介助、とそりゃあもう良く手伝ってもらえて、すごく助かっているのです。

でも、常にいるわけではなく、AINさんたちがお休みの場合は派遣会社からPCA(パーソナルケアアシスタント、もしくはアテンダント)を派遣してもらうわけですよ。

昨日(日曜日)の朝のお話。

私はシフトコーディネーターで、患者の受け持ちはなく、入退院の準備や病棟がスムーズにまわるようにいろいろな仕事をするわけです。

日本で言うと『リーダー業務』ってとこですね。 よくわかんないけど。

夜勤者からの申し送りが終わり、ナース達がそれぞれの受け持ち患者さんの所へちりじりになった頃、気がついた。

  あれ?PCA見た?

ナースステーションのホワイトボードには、『PCA:ジャシカ(仮名)』と書いてある。

  『ジャシカ~~~~~~~~病棟にいる~~??』

と、病棟に備え付けられている呼び出し用マイクロフォンで問いかけるが、返事はない。

もしかしたら、もうシャワー介助に入ってて聞こえないのかも?

もしくはトイレ介助で手が離せないとか?

ナース一人一人に「今日のPCA、ジャシカみた?」と聞いてまわる。

みんなの答えは 「NO」 だった。

PCA一人でもまだまだ足りないのに(病棟には2人は必要)その肝心の一人もいないんじゃ話しにならない。

いまの病棟は1人では動けない患者さんが多く、介護度も高い。

早速、当直ナースマネージャーに報告。

「あの~。PCA来るはずなんだけど、まだ来てないんですよ~~。どうなってますかね?」

当直ナースマネージャー(AHNM)「ぇ? おかしいわね? あなたの病棟派遣会社からPCAのジャシカが行くはずだけど。」

Kay「そのジャシカがまだ現れていないのですよ。もう一度、病棟をよく探してみますけど、あと、PCA一人じゃとても対応できないのでもう一人まわしてくれると助かるのですが。」

AHNM「わかったわ。どこかで迷っているのかしら?彼女、出勤簿にはもうサインしているけど。ちょっと全館放送してみるわね。他のPCAも追加で遣すから。」

Kay「よろしくお願いします」

電話を切って、病棟を一回り、ジャシカを探す。

この時点でもう朝8時(30分遅刻)。

病院が大きくて、1フロアに4、5個も違う病棟があるので、初めての人は必ず迷う。

私も時々迷う。 今でも迷うし。

特に派遣の人は慣れてないと、違う病棟で働いてたと言う事も珍しくはない。

しばらくしてAHNMから電話が来た。

AHNM「ジャシカ現れた~~~?」

Kay「まだです。」

AHNM「どこ行ったのかしら?いまセキュリティーに電話して探してもらってるけど。代わりのPCA2人そっちに回したから。もう!エージェンシーにお電話しなきゃ(怒)」

Kay「ありがとうございます。もし、ジャシカが現れたら電話しますね。」

 ジャシカよ・・・どこに行ったのだ?

20分後には新しいPCAが二人来てくれて、よく働いてくれた。

ジャシカは?と言うと、その後の報告では出勤簿にサインだけして、帰ったらしい。

理由はわからない。

具合が悪くなったのかもしれないし、もしかしたら、トンズラしてもわからないと思ったのかもしれない。

日曜日の自給は平日よりも良いし、派遣だと2倍ぐらい違う。

トンズラできると思っているのなら、ジャシカ・・・仕事はそんなに甘くないぞ!

信じられないかもしれませんが、こういう人、こちらでは結構います。

けい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月12日 (木)

塩豚

ず~~っと前から、口をすっぱくして言ってますけど、

  私 豚肉 大好きなんです!

  ぁ、共食いと言ったそこっっ!! 一歩前へ出て歯を食いしばれ!!!

 でね! この前おなじみの「クックパッド」でレシピを検索してたら、

こんなレシピを見つけちゃって! 

  その名も 『塩豚』 

 もともとはお肉を保存するための技法だったようです。

で、作り方はとっても簡単で、塩をもみ込んで冷蔵庫で2日以上置いて肉を熟成させるだけ。

要はほったらかしです。

で、7日間熟成させ(ほったらかし)た塩豚でこんなものを作ってみました!

Siobuta_007 まずはにんにくと粒コショウ、ローリエを入れたお鍋で茹でた。

『茹で豚』

Siobuta_008 そして、その茹で汁を使ってお野菜を煮込んだ

『ポトフ』

黒いのはマッシュルームです。

本当はクリアなスープだったんだけど、マッシュルームを入れたら黒っぽくなっちゃいました。

出汁が良く出ていて美味しかった。

Siobuta_009 塩豚をにんにくと赤唐辛子と一緒に炒めた

『ぺペロンチーノ』

Siobuta_012 同じく塩豚とにんにくとかぼちゃを炒めて、醤油で香りをつけた

『かぼちゃの炒め物』

かぼちゃの甘さと塩豚の塩味がマッチして美味しかった。

Siobuta_011 それに、タンドリーチキン(一番上)をつけて、おなかいっぱい。

塩豚、結構何にでも使えるのでレパートリーも広がります。

ぜひお試しくださいね!

けい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 9日 (月)

マタニティー・ブルー?

妊娠を発表してから、皆さんからの沢山のお祝いの言葉、本当にありがとうございました。

発表の後、しばらくは皆さんからのお祝いの言葉をもらって、ほくほくしていたのですが、その後ちょっと欝になってました。

原因は2つ。

1つはつわりが悪化した事。

いままではただの胃のむかつきだけだったのに、食後、特に夕飯後はひどくて、トイレに駆け込む事も数回。

食欲もなくなり、まるで24時間二日酔いみたいな感じ。

   お酒も飲んでないのに・・・。(ちょっと悔しい)

最初は単なる食べすぎかな?なんて思ってたんだけど、食べ過ぎなくても吐くこともありました。

胃のむかつきで、何もすることが出来ない。

TV見ても楽しくない。 ただ、ベットに入ってこのむかつきがおさまるのをじっと待つ。

2つ目は出血。

先週の木曜の夜から、おりものがピンク色になり、その後薄茶褐色に変化した。

いままでは何もなかったのに、びっくり。

生理みたいな鮮血でもないし、そんなに量も多くなかったんだけど、出血はやっぱりショックだった。

金曜日の午前中にGP(かかりつけ医)の所に連れて行ってもらい、診察。

先生は『大丈夫。妊娠初期には良くある事だから。家で寝てなさい。』と診断書を書いてくれた。

2日間病欠で仕事を休み、家でごろごろ過ごす。

何もすることないし、体はだるいし、食欲もないしで、ベットの中で考える事は悪い事ばかり。

日本なら産婦人科に行けばすぐに超音波とってくれて、赤ちゃんの心音を確認したり、赤ちゃんの無事を確認できるのに。

外からじゃないもわからない。

赤ちゃんは無事なのだろうか?

知らない間に流れちゃったら・・・と最悪なシナリオばかりが頭をよぎった。

何も出来ないなんて、なんて無力なんだろう。

唯一できる事はただひたすら安静にする事のみ。

P助が『鉄分足りないんじゃない?』と心配してくれて、思い出したように2年前に買った鉄分のサプリメントを飲んでみた。

少し、気分が楽になったような気がした。

     私って単純?

私の周り、しかもパースでの数少ない経産婦の友達にメールや電話で話しを聞いてもらった。

こんなときに頼りになるのはやはり経験者だ!

彼女らから励ましの言葉をもらい、力もわいてきた。

精神的なものか、それともサプリメントが効いたのか?
つわりもうそのように楽になった。

出血も2~3日で止まり、ちょっと一安心。

P兄1の彼女ケリー(仮名;日本人)に、

『もしかしてマタニティー・ブルーなんじゃない?』と言われ、

イッチョ前にそんなものになるなんて、私もやるじゃない!

なんて、違う意味で感心してみたり。

妊婦生活、山あり谷ありです。

これからどんな事が私を待っているのか?

ちょっとどきどきですね。

でも、P助や家族、友人、ブログやMIXIでのみんなのサポートがあるので、乗り越えていけそうな気がします。

けい

P.S  出産後の女性の約半分が一時期の軽い抑うつ状態を示すことが認められています。これをマタニティ・ブルーといいます。お産後3日目から8日目に少し沈んだ気持ちになったり涙もろくなったり、なんとなく不安な気持ちになったり、集中力が低下したりします。 一般的に産前は『マタニティーブルー』とは言わないようです。ご注意ください!  

| | コメント (7) | トラックバック (3)

2009年2月 4日 (水)

お知らせ!

早いものでもう2月。

パースは相変わらず暑いです。

 ここで、お知らせです。

  赤ちゃんが出来ました!

3ヶ月目(10週目)に入った所です。

年明けて、だるくて風邪かな?なんて思っていたら、こういうことだったんですよ。

今のところ出産予定日は9月4日。

性別はまだまだわかりません。

だって、まだ一回も超音波検査していないんですよ。。。

つわりはあまりなく、たまに胃のむかつきがあるだけです。

だから、たまに『本当に妊娠しているのかな?』なんて思ったりします。

早く永住権の申請しなければ!!

2週間後にある超音波検査で赤ちゃんの姿を見るのが今から楽しみです。

このペタンコな胸もパメラ・アンダーソンの様になるのかしら?

De72527fdf1d1abe_2 ←こんな風に??

く~~~!!

今から楽しみ!

ぇ? もちろん、赤ちゃんに会うのがですよ!

けい

| | コメント (13) | トラックバック (1)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »