« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月31日 (火)

ウェディングケーキ 試作品 2

結婚式まであと2週間あまり。

今週末は新居への引越しでばたばたするだろうし、来週はたぶん引越しの片づけでてんてこ舞いだろう。

と、すると、これが最後のウェディングケーキの練習となる。

今回は前回失敗に終わった、カラメルに再度チャレンジし、ちゃんと組み立ててみる事にした。

本当は本番通りの大きさに作りたかったのだが、第1弾のシュー皮が硬すぎて膨らまず・・・結局数が足りなくて今回もミニチュアバージョンでした。

完成品はこちら!

Wedding_cake_2_004 ちょっと傾いている?

き、気のせいですよ!!

このカラメルがすごく熱くて、シュー皮をつけた瞬間にやけどしました。。。

火傷した指、合計3本。

おかげでパソコンのタイピングが思うように行きません。

恐るべしカラメル・・・。

結婚式前に火傷するのも嫌なので、カラメルを諦めてチョコレートコーティングにしようか悩み中です。

Wedding_cake_2_002 本番の土台の大きさは高さ40センチ。

Wedding_cake_2_003 この土台に、

こんな風にシューが積みあがっていく予定。

予定は未定。。。

さぁ!本番に向けてがんばるぞ!

けい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月30日 (月)

Kay's Hen's Night!

やってきました! Hen's night!

 Hen's nightって何?って?

それは結婚直前の女性が最後の独身生活をエンジョイするために行うパーティーの事です。

男性の場合はBachelor night またはBuck's nightと呼ばれます。

人によっては男性ストリッパーを呼んだりするらしいのですが、
私は一応既婚者ですので、女友達を集めて食事に行きました。

でも、普通の食事じゃつまんないでしょ?

って、事で、ドレスコードを決めてノースブリッチに集結したわけです。

  そのドレスコードとは?

Hens_night_018

じゃ~~~ん!! Naughty Nurse!!!

  ぁ、そこ!! ひかないひかない!!

The Shedの中にあるレストランで腹ごしらえして、レストランの後は

飲んで! 呑んで!! のんで!!! 
Hens_night_033

(注意)アルコールは一切含まれておりません!

ライブで踊る!!

Hens_night_049

踊る!

おどる!!

オドル!!!

あ、そうでした。

私妊婦でしたね・・・。

Hens_night_024

時々、ベィビーのチェックも忘れずに!

この後、パブ、ナイトクラブを2軒はしごし、楽しい夜はふけていったのでした。

Hens_night_056

ナースのコスチュームがかなり目立って、かなりうけたので、コスプレパーティーにはまりそうです!

集まってくれた皆さん、お疲れ様でした。

けい

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年3月24日 (火)

ウェディングドレスが・・・!!?

今日はレンタルウェディングドレスのフィッティング(最終試着)に行ってきた。

もちろん、ブライドメイトのFちゃんを引き連れて。

数ヶ月ぶりに試着するドレス。

   入った!!はいいんだけど、やっぱりきつい。。。

      太ったのか?

この前、ブライドメイトのFちゃんのドレスを決めるのにお店に行った時、店員さんに妊娠しちゃったのでデザイン変えないと駄目かな?と相談した。

このデザインは自分ですごく気に入っているの。

その時には『あのドレスは多少引き伸ばすことができるから大丈夫だと思うよ』と言われて安心していた。

  のに・・・。

レンタルドレスやのとなりにある洋服お直しやサン(ここでドレスのお直しをする)で言われた言葉。

「あ~、これはもうめいいっぱい引き伸ばしてあるから、これ以上は無理ね。」

     ぇ?話が違うじゃないか!!

ブライドメイトのドレスはFちゃんの懸命なダイエットの甲斐があって、すんなり問題なく、ちょっと余った幅をつめるだけでOK!

  なのに私は・・・。

今は妊娠17週目でおなかもぜんぜん目立たないけど、式のある週には20週に入っている。

この3週間でこのおなかがどこまで大きくなるかは誰も予想が出来ない。

最悪のことを考えて、ほかのドレスも試着するが、お店にあるドレスはどれもサイズが小さくて着れなかった・・・。

  ぅそ・・・。

やばいぞ!

早速ウォーキングを開始した私です。

おなかが出てくるのは防げないにしても、よけいな贅肉はこれ以上増やせない。

この3週間が勝負!

このウェディングドレスが着れるかどうかは4月11日に最終のフィッティングにかかっている。

こんな時、やっぱりレンタルじゃなくて買ったほうが良かったのかな?

と、思う。

もう、遅いけどね。

がんばろう。

けい

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月23日 (月)

日曜日の朝の不思議な出来事

最近は病棟で働く人数が増えて、時々オーバースタッフになる事もあるんです。

そうすると、他の病棟で人員が足りない場合はそこへヘルプとしてまわされるか、有給休暇で休む事ができます。

先週の日曜日の朝もオーバースタッフになる事がわかっていたので、前の日に夜勤のシフトコーディネーターのDさんに『もし病欠が出なかった場合は有給取らせてください。』と頼んでおいた。

Dさんは「わかったわ~!」と。

その夜は一応仕事に行く支度を済ませ就寝。

朝になるまで電話が来るかと気になって、なかなか熟睡できなかった。

期待もむなしく、Dさんからの電話はなく、いつも通りに起きて仕事に出かけた。

病棟に着くとDさんが

   「何でここにいるの?」と

「え?何でって電話なかったから・・・仕事に来たんです。」と私。

Dさん「何言ってるの?朝電話したじゃない!電話で話したでしょ!?」

Kay「?電話もらってませんよ。」

急いで携帯の着信を調べるが、何もない。

Dさん「うそ!? 朝、電話して有給とっていいよって話したわよ!」

  Dさん、誰と話したんですか?

病棟にある職員の連絡先が書いてあるアドレスブックで私の連絡先を確認。

間違ってはいない。。。。

Dさんは私を確かに話した!と言い張る。

  いいですよ!お休みもらえたのなら帰りますから!

と、病棟を後にした。

おかげで朝一番でマーケットにもよって買い物できたし。

家に帰って二度寝も出来たし。

P助とゆっくり過ごす事ができました。

  でも、Dさん誰と話したんだろう?

  けい

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月17日 (火)

ウェディングケーキ試作品 1号

ウェディングケーキ試作品第一号!を作ってみました。

Wedding_cake_1_001 今回はちゃんと絞り器(って言うの?)も買って、大、小と均等になるように、絞って、焼いてみました。

ちゃんとしぼまずに、それでいてこげずにちょうど良く焼きあがりました!!

今回はカスタードも作って、病棟からかすめとってきた注射器でカスタードを注入し、後は積み上げるだけ!

カラメルを作ろうと砂糖とお水をお鍋に入れて火にかける。

ぐつぐつしてきたが、砂糖がカラメルにならず、粗塩のようにぱっさぱさに・・・・。

     なんで?  と首をかしげる。

レシピにはグラニュー糖と書いてあった。

普通の砂糖(ホワイトシュガー)は溶けないのか?

と、と言う事で、カラメル作りは中止。

急遽コーティングチョコレートを接着剤代わりに組み立てる事にした。

     ま、練習だしね。

で、冷蔵庫で冷やし固め、完成!

Wedding_cake_1_003

3個ほど試食しちゃったので、トップまで積み上げる前に足りなくなっちゃいました。。。

まあ、試作品だからね。

本番はこの倍の大きさになる予定?

予定は未定?

もうちょっと練習が必要です。

さぁ! めしあがれ!

けい

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年3月16日 (月)

ウェディングケーキの試作品の利用法?

挙式まであと1ヶ月。

準備は順調に進んでいる。

結婚式のMC(司会者)もDJも、決まったし。

カメラマンも決まったし。

エアスタイルも元ヘアドレッサーの同僚にお願いした。

後は、最大な悩み「披露宴の席順」が残っている。

ケーキは自分で作ろうと計画中で、今その練習を毎週の休みになると行っている。

せっせと小麦粉をはかり、バターをはかり、卵を溶く。。。

毎週試作品を食べると飽きるので、この試作品を何かに使えないかと考えた。

で、誰かの(たぶんTISANEさんのだと思う)ブログに乗っていたアイディアを拝借!

Merch_2009_023

シュー皮に茹でたまごマヨネーズ、マスタード、パセリを入れて混ぜたものをはさみ、プチトマトを切って飾ったもの。

アパタイザーにぴったりです。

さっっ!今週も練習練習!

けい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月11日 (水)

初恋の人からの手紙?

kay、ひさしぶり。
今でもフリマに自作の詩を出品していますか?会うたびに詩を書いておれに見せてきたkayをなつかしく思います。

kayが「なんで私が面倒を見ないといけないのよ」とおれに言い捨てて別れたあの日から、もう19年が経ったんだね。月日が流れるのは早いものです。

あ、そうそう、手紙を書いたのには特に理由はないんだ。ただ部屋の掃除をしていたらkayからの昔の手紙が出てきたから、なつかしくなって。びっくりさせたかな。

思い返してみると、いつも恋愛の主導権を握っているのはkayのほうでしたね。ときどき告白されるkayに対し、女子と接点すらほとんどないおれ。kayがいつも「私たちは束縛とかしない自由なカップルでいよう」と言っていたのは、おれにとって、ほとんど「いつでも別れるぞ」という脅迫のようなものでした(苦笑)。今でもその場面が夢に出てうなされます。

そういえばkayにとって、おれって初恋かな?なんだか普段からやけにツンツンしているわりに、恋愛になるとぎこちなくなっていたイメージがあります。もはやあんなウブさはないんだろうけど(笑)。

まだラブラブだったころ、kayはおれに「私ね、男って顔で決まるとは思わないの」といつも言っていましたね。よかれと思って言っている言葉が人を傷つけるあたりは、天然爆弾のkayらしいなぁと思います。今も相変わらずなのかな。

恋愛を総合的に考えれば、おれはkayと付き合えたことを、とても感謝しています。キツイことを言われたときに耐える方法や、言い返したい気持ちを無理矢理封じ込める方法をこの恋愛から学びました。どうもありがとう。

いろいろ書いたけど、おれはそんなkayのことが好きでした。これからもkayらしくいられるよう、あと、当時本気でやっていた深夜ラジオへの投稿も続けて(笑)、幸せをふりまいてください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. kayがクリスマスにくれた観音像、まだ飾る場所が決まりません。

観音像なんて送ってませんから!!
詩は書いていたけど、フリマには出してません!!
今も机の奥に封印してありますから!!!
微妙に当たっているようで、いないようで、
当たらずしも遠からず?
中学の時の同級生のマイミクさんの所から拾ってきました。
  こちら! 初恋の人からの手紙 ←クリック!
ついでに私の恋愛における分析までしてくれるそうです。
   
        ↓ ↓ ↓
kayさんについての分析結果は以下の通り。

【短評】
タフで強気。甘ったれた男性が受け付けらないが、依存されやすくもある。
男性を「面倒くさい」と感じやすい。
【あなたの恋愛事情を考察】
kayさんは基本的に、何でも自分の力でなんとかしようとするタイプだと思われます。それによって獲得した能力は誇れるものですが、逆にその強さが男性を引き寄せません。いや、kayさんにとってあまり恋愛感情が起きないような、ドキドキできない男性たちは引き寄せるようですが。

kayさんは無意識に、甘える自分というのを封じ、人に頼らなくていい強い自分を目指していることと思われます。自分の中に「弱い自分」がいてはならない状態では、当然、他の人の中にも「弱さ」を感じるとイライラするのです。自分以外の男性が弱いとき、腹立たしく思うのです。

その結果、自分よりはるかに器が大きい男性(完成品)を求めさまよい続けるか、kayさんのほうに振り向かないような男性と恋愛しやすくなります。例えば「特定の彼女はいらない」という男性だったり、彼女持ちの男性だったり。

ここから言える、kayさんにありそうな問題点を列挙します。

◆素直に甘えられないので、男性と対立的になるか、男性がヘコむ。
◆弱い男性は生理的に受け付けない。彼氏が弱ると冷める。
◆消去法の結果、「悪い男」との恋愛率が高まる。

じゃ、旦那P助はよほど強い男なのか?
それとも、打たれ強い男なのか?
それは皆さんの想像にお任せします。
すこし、青春時代のときめきを思い出して、浸ってみたい方、
お試しください!
けい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 9日 (月)

食べちゃ駄目!!

と、言われるものが、ここ、オーストラリアにはあります。

    しかも、妊婦限定で。

日本にいた時は、看護学校でも習わなかったし、妊婦さんはとにかくカルシウムと鉄分を多くバランスよく食べましょう!

と、当たり障りのないものだったような気がするけど。

もちろんだけど、妊娠が発覚して、すぐお酒はやめた。

自分で妊娠チェッカーで尿検査をする前日半分あけた赤ワインを冷蔵庫にのこしたまま、私は禁酒生活に突入。

冷蔵庫を開けるたびに、『まだ、残ってるよ!』と主張する赤ワイン。

料理に使うにも、そんなに量は減ることもなく、旦那P助が流しに捨ててしまった。

あの日以来、近所のおなじみの酒屋さんには行っていない。

仲の良かった店員さんも、きっと私は引っ越し、または日本に帰国したんだと思っている事だろう。

P助は『たぶん従業員一人ぐらい雇いきれなくて首になってるかもね。』と・・・。

ここ3ヶ月ずっと素面で過ごしております。

そうそう! お酒の話じゃないんだよ!今回はね。

妊婦が口にしちゃ駄目と言われる食べ物。

・ソフトチーズ(カマンベールチーズ、クリームチーズなど)チーズでもハードチーズ(チェダーやプロセスチーズ)はOK

・生魚(刺身、生牡蠣)、燻製された魚(スモークドサーモン)

・コールドミート(ハム、サラミ、パテなど)

これらは、食べる前にちゃんと火を通せば食べる事ができます。

なんで、食べちゃ駄目なのかと言うと、これらの食品を好み、繁殖する『リステリアListeria』と呼ばれるバクテリアに感染すると流産や死産になる可能性が非常に高いと言う事が報告されているからです。

お国が違えばバクテリヤも違うって事ですね。

今までは、気軽に立ち寄っていたデリフードも駄目!

売店にあるハムサンドイッチ、スモークサーモン&クリームチーズベーグルなんてもっての他ってわけです。

レストランでもなるべく生ものや冷たいものは避け、温かい料理、ちゃんと火の通った料理を食べなさいと私の病院の栄養士さんにも指導されました。

そのあと、売店でチップス(フライドポテト)を買い食いしているところを目撃されちゃったんだけど・・・。

お刺身も生牡蠣もあと半年は禁・・・・。

がんばります!

  けい

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

ソフトタイプの損な役回り?

対人関係において、人当たりがいいソフトな人となんかちょっと絡みづらいというか、ファーム(Firm)な人っていますよね。

私はどちらかと言うと、ソフトなタイプです。

人に頼まれると「NO」と言えない、長いものには巻かれて世間を渡る、出来れば白黒はっきりつけないで、曖昧なグレーで通す、タイプです。

だから、患者さんにはよくわがままを通されるし、いいように使われる事もしばしば。

オージーの同僚ナースや旦那P助には『もうちょっと、ファームに(厳しく)ならないといけないときもあるよ!!』と言われる事もしばしば。

患者さんにいいように使われているんだな~と自分でもわかっているんですが、あまり自分には苦にならないし、自分にだけならいいか・・・と思ってしまったりします。

 でも、こういう患者さんに限って、「Kayに頼めば何とかしてくれる」と自分の受け持ちでもないのによけいなことを頼まれたり、アシスタントナースの人にも私が受け持ちでもないのに「KayにOOがほしいと言ってと言われた」と言われても、私何も出来ませんから!!

受け持ちナースには受け持ちナースのマネージメントがあるわけで、それを横から口出す身分でもないし、受け持ちじゃない患者さんから言われても、受け持ちナースに聞いてみるねとまず受け持ちナースに対応してもらいます。

先週末もこんなことがありました。

腰痛悪化で入院している35歳女性、Fさん 既往歴には不安症、双極性うつ病があり、2~3時間おきに『痛み止めちょうだい』と訴える以外は、ADLも自立しているし、あまり手のかからない患者さんだ。

土曜日の午後勤務だった私、午後勤務の前半は比較的落ち着いていたが、後半になって呼吸困難や熱発の患者さんなどで病棟も少しばたばたしていた。

熱発した患者さんには解熱剤を処方するが、全身状態も悪いため、体温を下げるために扇風機を置いて風を送る。
(こちらでは、氷枕、怜罨法などは使いません)

その扇風機はFさんの部屋にあったもので、扇風機をその患者さんに取られたFさんは(受け持ちでもない)私に扇風機がなくては夜暑くて寝られないと訴えてきた。

   そんな事言われても・・・・。

ま、できるだけのことはしましょう。

病棟のランナーに頼んでどこかの病棟から扇風機を借りて来てもらえるように頼んだ。

その間も、Fさんの不満は止まらない。

扇風機は病院のもので、状態の悪い患者さんに優先的に使われるのはわかっているらしいが、『看護助手が一言もなしに勝手にもって行くなんて失礼よ!』なんて、私に言われても。

扇風機を手配してくれるように頼んだランナーからは機材室にも予備はなかったし、どこの病棟でも使用中だから予備は見つからなかったと報告があった。

そのまま、Fさんに『どこの病棟も使用中で見つからなかった』と言う。

Fさんは納得できない様子。

この時点で、夜勤者への申し送りも終わり、午後勤務者は次々と帰宅。

私はFさんに捕まったまま・・・。

  ぁの~、私、帰りたいんですけど・・・。

夜勤者に頼もうにも、一人の患者さんの様態が悪くそれどころじゃない様子。

夜勤のリーダーさんにも一応報告したけど、

『見つからないなら、運がなかったと諦めるしかないわね』

と、ぴしゃりっっ。

  ぁ、それを私の変わりに彼女に言ってほしいのですが・・・。

彼女は『私が他の病棟に行って扇風機貸してくださいと交渉しに行ってもいいかしら?』と言い出す始末。

個人で行っても、あなたはうちの病棟に所属しているんだから、『はいどうぞ』と貸してくれるものではないと思うよ。。。と説明し、

「ランナーの人は引き続き病院内を探してくれると言ってたから、病室で待っててもらえる?それ以上は私には出来ません。」

と言って、病棟を出ることが出来た。

どうやったら、うまく切り抜けることが出来るのでしょうか?

 今後の課題の一つです。

けい

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »