« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月23日 (火)

ただ今からの一週間

ただいま~!と言ってから、早くも1週間が経ってしまいました。

パースは相変わらず暑いです。

で、ここ一週間何してたかと言うと~。

まずは買い物、冷蔵庫に何も入ってなかったので、野菜買ったり、お肉買ったり、お米買ったり。

ベビー&キッズマーケットにも行きました。

今回の戦利品はハイチェアー(食事の時に使う背の高い子供用の椅子)。

最近はゆきは周りのものにすごく興味を持つようになって、私やPちゃんが食事の時に何かを食べている時にじ~~~っと見てるんです。

たぶん 「何やってるんだろう?ママの口の中に物が入るとそのまま出てこないんだけど。。。」なんて思っているのかな?

来月からそろそろ離乳食を始めようと思っているので、今から食事の時はゆきも食べなくても一緒に食卓に付くようにハイチェアーを買ったんです。

早くものが食べれるようになればいいのにな。

そうそう、先週からゆきは自分の部屋のコット(ベビーベット)で寝るようになりました。

日本から帰ってきたゆきは今まで寝ていたバシネット(ポータブル可能な小さなコット)いっぱいいっぱいまで成長。

眠りにつく時に手足が動くとバシネットの布の壁に当たり、目が覚めてしまう為、寝かしつけるのにとても苦労しました。

コットに入れたら、嫌がることなくすんなりと寝てくれたので、一件落着です。

日本帰国中に夜中2時ごろに目が覚めて授乳していたのも、パターンが戻ったおかげ?で夜9時に寝ると朝6時までぶっ続けで寝てくれるようになりました。

いつもはP助が仕事でいないため、1人でしなくてはいけないことが、父がいるためにとても楽チン。

父はゆきをお風呂に入れてくれたり、ゆきと一緒に遊んでくれたり、抱っこしてくれたり、おむつ交換してくれたりととても助かってます。

ありがとう。

父が帰っちゃったら寂しくなるな。。。

そんなこんなで、楽しくやってます。

けい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月15日 (月)

ただいまパース!

先週の金曜日にパースに戻りました!

パースに到着したのは日付けが変わった12時過ぎ。

税関も何も没収される事なく、難なくクリアして、到着ロビーで首を長くして待っていたP助の胸元へ飛び込んだ。

P助は1ヶ月ぶりに再会するゆきの成長ぶりに目を見張っていた。

そうだよね。。。

パース到着後に体重測定したら、ゆきの体重は9キロにまで増えていた。

   ゆき、重すぎ!!

抱っこ紐でも肩こるわけだよ!!!

いきなり夏から冬だったのに、今度は一気に冬から夏へ!

そんな環境の変化にも負けず、風邪一つ引かず帰ってこれて本当によかった。

帰りの飛行機もゆきはいい子ちゃんでした。

ほんのちょっとぐずったけどね。

でも、本当に良くがんばった。

日本に行く前はちっとも興味を示さなかったおもちゃなどに興味を示すようになり、前に着ていた夏服ももう入らないものもある・・・。

子供の成長は本当に早い。

今回は無理言って父も連れてきちゃったんだけど、やっぱりいてくれると安心だし、何より手があるので、父にゆきをお願いして家事ができたりする。

助かるわ~!

お世話になります父よ。

てな事で、パースの生活に戻りました。

日本でお世話になった皆さんありがとうございました。

帰るたびにみんなの暖かさを感じます。

あなた達がいてくれるから、安心して日本に帰ってこられるし、パースにもまた帰ることができるのだと思っています。

いつもいつもわがまま大王でごめんなさい。

今度はパースにも遊びに来てくださいね!

 けい

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年2月 9日 (火)

2010年宇宙のたび?

今回、パースに娘、ゆきと帰るのに一人だといろいろ大変なので、私の父(通称爺児:じいじ)に一緒にパースまで来てくれるように頼んだ。

秋田は雪で暫く畑も出来ないし、丁度いいから来れば?と誘ったら、

二つ返事で『行く行く!』だって。

パースに一ヶ月滞在する予定なので、その間の海外旅行保険に入るために、旅行代理店へ出かけたときの事。

保険の手続きを進めるかたわらで、ゆきがぐずるので、店内の片隅でおっぱいをあげていたら、こんなものを見つけてしまった。

       宇宙旅行Travel Experience in SPACE

う~~ん、響きがロマンチック。

面白そう、とパンフレットを手にとって中を見てみた。

国際宇宙ステーションに8日間滞在。

しかも、それ以前に6~8ヶ月の訓練をつまなければいけないらしい・・・。

さすが宇宙。

一筋縄ではいかないのね。

睡眠や食事など、地球上とはまったくぺースと作法の違う宇宙での日常生活は刺激たっぷりです(JTBホームページより)

刺激も何も、命がけ・・・。

気になるお値段は?

   約30億円

ちなみに月旅行は120億円。。。

誰が行くんだよ・・・。

貯金しなきゃっ!

私に孫が出来て、その孫が大きくなる頃にはもっと格安で宇宙旅行に行ける日が来るのかな?

その前に歯治さないとね。

ぁ、その頃には歯ないかも?

♪コンピューターおばあちゃん、コンピューターおばあちゃん、をぅをぅ、ぼくは大好きさ~~♪

って、曲知ってますか?

私が小さい頃、みんなの歌で流れていた曲です。

その曲の間奏で、

歌手の男の子が『ずっと長生きしてください。夢の宇宙旅行、きっと出来る日が来る。』と言う所があります。

民間人でも、出来る宇宙旅行。

問題は旅費だな・・・。

けい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 7日 (日)

少子化を感じるとき

ゆきを連れて歩くと、人がよって来る。

特に父の家の周りは超がつくほど田舎なので、人口も少ないし、勿論子供の数も少ない。

スーパーに行っても、温泉に行っても、

「ぁれ~!!めんこい(可愛い)赤ちゃんだこど~!!」

と、まるで珍しいパンダでも見るように目を細めてジジ、ババが集まってくる。

こんな所で少子化を感じてしまう。

親としては悪い気はしない。

しかも、ゆきも愛想よく笑うものだから、爺、婆はますます興奮!

   もう、この年で世渡りを心得ている?

来年、この町で小学生に上がる子はたった5名だそうだ。

そりゃあ、赤ちゃんが珍しいわけだわ。

けい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月 4日 (木)

帰国変更中止

パースに帰国する日にちをのばそうかな~と思ったんだけど、フライトが変えられなくて、諦めましたというお話です。

どうして、伸ばそうとしたのか?

そうそう、理由ね。

今回の日本帰国中に歯の治療もしたんです。

パースにいた時にいつのまにか奥歯の詰め物が取れてしまって、しかもそれ以上にかけていたらしく(いったい何食ったんだよ?)すごく気になっていたんです。

今回ゆきに万が一のことがあった時の事も考えて、住民票を入れて、国民健康保険にも加入しました。

(普段はしませんけどね。)

そして、私の歯の治療が可能となったのです。

幸いなことに詰め物が取れた上に欠けていた歯は神経は無事で銀のかぶせをするだけでいいことになりました。

先週型を取って、今日、銀を詰めてもらいました。

その時に前の上の犬歯に歯槽膿漏があるのを指摘され、聞いてみると治療に早くても2週間かかるとのこと。

5年前からこの犬歯のところに膿胞が出来るたびにつぶしていたんです。

レントゲンとってもらったら、犬歯の根元の中に膿がたまっていて、それを歯の裏側から穴を開けて膿を排膿し消毒をして排膿ができ次第また穴をふさぐ方法みたい。

それに2週間。

   パースでやれば?

そうなんですけどね。

パースでは保険が適応じゃなくて、しかも歯科にかかるとお金がすごくかかるのです。

今度いつ日本に帰ってこれるかもわからないし。。。

今は腫れたりしてないけど、いつばい菌が入るともわからないわけで、ちょっと気になってたんです。

フライトさえ変更できれば、フライトの変更手数料考えても日本での治療の方が格段に安いし安心なわけで・・・。

パースにいる旦那P助に相談。

P助は『どっちでもいいよ。君がそうしたければそうすればいいじゃん』とちょっとすね気味の返事。

気分悪・・・。

早速マレーシア航空に電話して空席照会してみるが、成田からクアラルンプールが満席だったり、乗継が悪かったりとどうにもこうにも・・・。

それに、もし私の席が変更できたとしても、今回一緒にパースまで来てくれる父のフライト(日本で買ったマレーシア経由の往復チケット)まで変えられるかも微妙。

ゆきと父を連れてマレーシアで1泊するのも面倒だし。

結局諦めました。

今回のフライト中に痛み出したりしないことを祈るばかりです。

P助にも要らない心配させてしまって、申し訳ない。

もっと早くにやっておけば良かった。

後悔しても遅いけどね。

と、言うことで、予定通りに(2月11日)パースに帰ります。

けい

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »