« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月26日 (火)

に ほ い

妊婦生活再開に伴い、わたしに襲い掛かるつわり、それと同じ時期にとても敏感になったものがある。

それは 『匂い』

今までは全く気にならなかったのに、もう、それだけは勘弁して!

という、匂いがいくつかある。

まず最初に鼻についたのが、

  「旦那P助のデオドラントスプレーの匂い」

これは、ゆきの時もそうだった。

P助のデオドラントスプレーは私が買い物に行った時に安売りしている時を狙って買うので、必ず匂いもチェックして買っていた。

だから、私も好きな匂いだった。。。妊婦生活が始まるまでは・・・。

私達の寝室はトイレとシャワールームがついている。

P助は朝、起きるとシャワーを浴び、デオドラントをスプレーして、着替えて仕事に出かける。

このデオドラントのスプレーの仕方が半端ないのだ。

片脇、約3秒以上は当たり前、わきの下が終わったら、首、胸、背部と続く。

ここで、シャツとジーンズをはいて、ジッパーをあげる前に

        股間にシューーーーーーーッ!!

え?外に女でもいるんですか?と突っ込みたくなるほどの気合の入れよう。。。

普段一緒にいても、それほど体臭は気にならないのに。

毎日繰り返されるスプレーのシャワー。

私はその匂いで、あぁ、仕事に行くのね、いってらっしゃい!とベットの中でいってらっしゃいのキスの準備をする。

ある朝、そのスプレー臭を全く受け付けなくなった。

  気持ち悪い。。。

P助にはもう一つのバスルームでスプレーをするか、外でやってくれと頼んだ。

P助は洗面所のP助用の棚に陳列されているデオドラントスプレーをごっそり抱えて、もうひとつのバスルームに移動、そこで、スプレーをするようになったので、まずは解決。

自分で2ヶ月ほど前に買ったデオドラントの匂いもダメになった。

最近開けたばっかりのココナッツの匂いがするシャワージェルも、捨ててやろうかと思うぐらい鼻につく。。。でも、もったいないので捨てないが。

スーパーの洗剤コーナーの前はもう、歩けない。。。

1ヶ月前に病院で行った研修で一緒になった他の病棟のナースAさんは4人目の子供を妊娠中だった。

私はその研修にゲロ袋持参で挑み、皆に妊娠していると一目で悟られた。

そこであったAさんは『私は柔軟剤の匂いが好きで好きで、たまらなくて、飲みそうになっちゃったほどよ。』と話してくれた。

この、匂いのツボは人によって違うようだ。

一番きついのは「たばこ」。

8年前に禁煙し、それ以来ずっとすっていない。

元々タバコの匂いは好きではないが、妊娠してから、タバコの匂いで吐き気をもよおすようになった。

スーパーやショッピングセンター、病院は全面禁煙なので、入り口でタバコを吸っている人が多い。

入り口はなるべく息を止め、早足で通り過ぎるようにしている。

でも、歩きタバコの煙は油断できない。

風向きしだいで、どこまでも執拗に迫ってくるからだ。。。

だから最近は歩いていても、タバコを持っている人には近づかないようにしている。

それでも、タバコを吸ったばかりの人やヘビースモーカーの人と話をしたりする時は対応に困る。

休憩時間にタバコを吸ったばかりの同僚と話している時に嫌な顔をするわけにもいかないし、顔見て「おぇ!!」とも出来ない。

その時はひたすら我慢し、少しずつ距離をとる。

実は私の義理母もタバコを吸うんだけど、イースター前のレント(何か一つ大事なものをイースターまで断つこと)でタバコをやめていた。

今までは良かったが、イースターホリデーが終わった今、ゆきを面倒見てもらうのにまた顔を合わせることになる。

このタバコの匂いに耐えられるか?

それとも、私のつわりが終わるのが先か?

ちょっと気になるところです。

けい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月24日 (日)

つわり ?天国と地獄?

それは妊婦生活ともにやってきた。

   「つわり」である。

~注意~

今日の日記はグロイ内容なので、お食事中、または、そういうの苦手な方は読まないでください。

始まりは、「ぅ、気持ち悪い。飲みすぎたなぁ・・・。(飲んでないけど・・)」

そう、二日酔いのような症状で始まった。

ゆきを妊娠した頃から、毎日浴びるように飲んでいたお酒もぱったり止め、ゆきが生まれてからも母乳だったので、パーティー、記念日や誕生日くらいしかお酒を飲まなくなった。

飲んでないのに、二日酔いの気分。。。

もちろん気分は最悪である。

ゆきを妊娠中ももちろんつわりはあった。

胸のむかつきはあったけど、大体、夕ご飯を食べ過ぎて吐くといった感じだった。

仕事に行く時に駐車場に車を置いて病院内に入る間、花壇ごとに吐いてたような記憶はあるが、こんなにひどくはなかった。

気持ち悪くて、ご飯食べたくない・・・でも、 ハングリージャックのハンバーガーなら食べられる!

と、仕事帰りの旦那に電話して、ハンバーガーセット(もちろんフライドポテト付き)を頼んだことも3回ぐらいあった。

ジャンクフードにはまってた時はまだよかった。

ジャンクフードとはいえ、食べられたし、食べてる時はおいしいと思えたから。

でも、しばらくして、ジャンクフードでさえも受け付けなくなった。。。

何を食べても、吐いてしまう。

食欲もなくなり、何を食べたいのかもわからない。

食べたくないから、何も作りたくないし、何を作っていいのかもわからない。

作りたくないから、買い物に行くのもしんどい。

私たちはテイクアウェーフードでもいいけど、ゆきがかわいそうだから、ゆきの食事は作るようにがんばった。

でも、何を作るか考えるのも苦痛。

味見をするのも苦痛。。

せっかく作った食事をゆきに残された、または拒否された日には・・・。

怒りを通り越して悲しかった。

仕事に行っても、家にいるときよりかは気がまぎれるけど、気持ち悪いのは変わらない。

心配してくれる同僚から、ジンジャータブレット(乗り物酔いの吐き気止め、生姜が主成分なので妊婦でも服用が可能)がいいよと聞き、仕事帰りに24時間薬局に立ち寄って早速購入した。

薬局のおばちゃんは商売上手で、『つわりで気持ち悪いから、ジンジャータブレットをくれ』と話すと、ジンジャータブレットの他に、『妊婦用マルチビタミン』『つわり改善サプリメントフォーミュラ(生姜とビタミンB6が主成分)』も勧められた。

この気持ち悪さが改善されるなら、そのくらいの投資は覚悟の上だ。

もちろん3点セットでお買い上げ!

  でも、全く効きません。。。

      でも、まだ飲んでるけど、もったいないから。

相変わらず吐いてたし、仕事に行くにも体がしんどくって、病欠を何度も取ってしまった。
(オーストラリアでは、簡単に電話一本で病欠が取れる)

かかりつけの医者に行って診断書を書いてもらい、それを持ってマネージャーのオフィスに行った。

旦那が、体調が良くなるまで、たとえ無給だとしても仕事を休んだらどうだと言ってくれたので、それを相談しに行ったのだ。

運よく、私の病欠も138時間残っていたので、4月いっぱい(3週間)病欠をもらえることになった。

いくら電話一本で休めるとはいえ、毎回毎回シフトに穴を開けてはほかのスタッフにも迷惑だから、病欠がもらえて気持ち的に楽になった。

仕事は休みになったけど、ゆきの世話は休めない。

2歳にもならないゆきが、親の体調を気使えるわけもなく・・・。

今まで通りに公園に行ったり、買い物に行ったり、料理や洗濯が出来なくなったり、部屋なんて泥棒が入ったみたいに散らかし放題だし。。。

私いったいどうしちゃったんだろう?

と、自分が情けなくて悲しくなった。

旦那が買い物に行ってくれたり、家の事もやってくれたり、友達がご飯つくりに来てくれたり、色々助けてもらって、本当に感謝している。

つわりについても、ネットで調べた。

つわりと一口に言っても、いろんな種類があるんだね。

私の場合は何か食べないと気持ち悪くなる『食べつわり』と食べたら吐いてしまう『吐きつわり』の両方。

空腹で気持ち悪いのか、低血糖で気持ち悪いのかわからなくなるし、食べても、その後吐くから安心できない。

世の中の妊婦さんはこんな思いをして赤ちゃんを産むんだね。

1人目が軽かったせいか、こんなはずでは・・・と思ったりもしてます。

こんな辛い時期の唯一の楽しみは毎朝、体重計に乗ること。

妊娠してから、最高77.5kgもあった私の体重は、どんどん減り続け、

今は72,5Kgしかない。

最低の時は71,4Kgまで減った。

つわりで、5kg減量!

ゆきを妊娠した時から履けなくなったジーンズも履ける様になった!!

やっぱり嬉しい!のは乙女心かしら?

まぁ、つわりが終われば増加の一途なのはわかってるんだけど。。。

これしか今は楽しみがないからね。

誰に聞いても、「このつわりが永遠に続くわけではない」というし、そう信じて、今を乗り切ろうと思います。

沢山のサポートありがとう。

けい

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年4月20日 (水)

お知らせ

ずっとブログをほったらかしでスイマセン。

パースは肌寒くなり、すっかり秋です。

と、思っていたら、明日はなんと33度まで上がる予定。。。

でも、朝夕は涼しくなってきました。

   
 赤ちゃんが出来ました。 再び妊婦生活突入です。

ただ今、妊娠11週目(3ヶ月)です。

今日、旦那とゆきを連れて超音波検査に行ってきました。

体長は約3センチ、心拍数も167回/分としっかり妊娠してますよ!との事でした。

順調に行けば予定日は11月14日です。

今年のクリスマスは4人家族に増えにぎやかになりそうです。

今回は生理が遅れて、妊娠したかな?と思った矢先に出血があり、GP(かかりつけの医者)に行くが、「今の所なんとも言えない。3週間後に超音波検査をして胎児がいれば妊娠しているでしょう。それまでにまた出血して止まらないようなら、また来て下さい。」と超音波検査の紹介状をもらい、悶々とすごす日々でした。

出血は量も多くなく1日で止まりましたが、やっぱり、超音波で確認しない限りは不安だし。。。

その後も自分で薬局で買った妊娠検査薬でチェックして+(陽性)が出たけど、あれって、特殊なホルモンに反応して出るわけで、万が一流れていても、ホルモン値が急激に下がるわけでもないので、やっぱり陽性が出る可能性がある。

日本みたいに産婦人科に行って、その場で超音波を取ってくれるシステムはこちらにはないので、(産科の病院の救急外来に行けば別だけど)今までは中ぶらりんな状態だった。

  私、どうなの? 妊娠してるの? はっきりして!!

って感じでした。 外からじゃ見えないしね。。。

でも、ちゃんとモニターに映った小さな赤ちゃんを見て、心音が確認できて一安心。

二人目はほしくないと言っていた旦那P助もようやく腹をくくったようです。

今回は体調管理そして体重管理もしっかりとして、臨月には20Kg増・・・ってことがないように気をつけます。

皆さん温かく見守って下さいね。

けい

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年4月19日 (火)

第3回日本人ナースの会 In Perthが開催されました

ご無沙汰してます。

報告がだいぶ遅れました。スイマセン。

もう、3週間以上も前の話なんですけど、

去る、3月26日キングスパークにて第3回日本人ナースの会 In Perthが開催されました。

天候にも恵まれ、今回は初の子連れ参加OKと言うことで、以前参加できなかった方が初めていらしてくれたり、参加してくれた方、ありがとうございました。

今回は日本での地震のこともあり、大体的に宣伝もせず、MIXIとブログだけの宣伝だけだったのですが、うっかり、以前参加していただいた方にお知らせメールを出すのを忘れてしまい・・・

今回の参加者は8名でした。

参加者が少なく、あまり情報交換が出来なくて申し訳ありませんでした。

しかも、写真も取るの忘れたし・・・。 ←大ボケ

でも、参加者の方からはほのぼのムード、アットホームな感じで良かったと言って頂き、ありがとうございます。

はじめての子連れは良かったのですが、今回、子連れだと、子供の面倒でゆっくり話せないとのことで、今度は子連れ+パートナー(子守)参加OKにしてはどうかという意見もいただきました。

今後検討して行きたいと思います。

もちろん、次回第4回日本人ナースの会 IN Perthも開催予定です。

日時場所はまだ未定ですが、追ってお知らせします。

最後にもう一度、参加してくれたかた、ありがとうございました。

次回の参加もお待ちしております!

けい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第3回日本人ナースの会 In Perthga

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »