« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月29日 (日)

ゆきの写真UPしました! 1歳2ヶ月~6ヶ月

お待たせしました!

ゆきの写真をUPしました。

1歳2ヶ月を過ぎて、歩き始め、よちよち歩きだったゆきも、しっかりと歩き、どたどたと走り回るようになりました。

追いかけるの大変です・・・。

だいぶ髪の毛も伸びました。

でも、前髪はまだまだ・・・。

いつになったら三つ編みができるようになるのかしら?

かなりの数の写真なので、お暇な時に覗いてみてください。

写真はスクロールして、一番下の左側です。

けい

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年5月21日 (土)

歯磨き粉

が、消えていた。。。

昨日の午後より、旦那はバリに旅行へと旅立った。

中ぐらいのスーツケースに

  え?これだけ?

というぐらいの荷物を積めて、彼は出かけた。

それだけなら、デイバックでも十分いけそうだと思ったけど、彼はバリでしこたま買い物をするみたい。

きっと、このスーツケースもパンパンになって帰ってくるのであろう。

  で、昨夜、ゆきが寝てから一人で、日本のドラマのDVDを見たり、ネットやったりと色々一人の時間を満喫し、ベットに入る前に歯を磨こうとした時、気がついた。

   歯磨き粉がない。。。

歯ブラシの立っているコップには私が日本から持ってきた歯磨き粉(しかもP助はその味が嫌いで使う事が無い)が残っていたが、普段使いの歯磨き粉が無くなってた。

   犯人は一人しかいない。

               旦那P助だ。

普通、旅行に行く時って、旅行用の歯磨き粉(ちょっと小さめの奴)を持っていくよね?

それとも、普段使いの歯磨き粉持ってく?

私は旅行用の洗面道具は別にしてあるので、もちろん旅行や入院した時にしか使わない。

こんな所で、カルチャーショックを感じてしまった。

それとも、これって普通なのかな?

早速、新しい歯磨き粉をおろそうかと思ったけど、もったいないので、日本から持ってきた奴で我慢しよう。

けい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月18日 (水)

バリでホリデー! How much?

質問です!

友達と4人でバリ島に遊びに行く事になりました。

期間は5泊6日。

もう、ホテル代(朝食込み)、飛行機代、空港への送り迎え代、海外旅行保険代を払い終えていて、後は当日を待つのみ!

  さて、あなたならいったいいくらのおこずかいを持っていきますか?

いえいえ、私じゃないんです。

私の旦那P助が、仕事の同僚とバリ島に旅行に行く事になりました。

もう一人子供が生まれたら、旅行どころじゃなくなると思うし、私も一人で何回か日本に帰ったりしてるから、彼が旅行に行く事自体、大賛成!!

大いに楽しんできて欲しい。

ただ、ここで、議論になったのがおこずかい金額なのよ~!

今週の始めのある夜の事、

けい「で、バリにもって行くお金のことだけど、いくら欲しい?」

↑一応、私が家計をやりくりしてしているもので・・・。

P助「1000ドル(日本円で約10万円、それよりも少し少ないかも。。。)」

けい「ゎ、わ、わんさうざん~~~~~~~~~~どっっ!!」

  そんなに使うわけ無いじゃん!

  もしかして、、、女でも買うつもり?!

P助「全部は使わないと思うけど。」

けい「使わないなら、そんなにもって行く事ないじゃん!」

P助「ワッザー(P助の同僚、面識あり)なんかは1000ドル以上持ってくっていってるよ。」

ちなみに、我が家はおこずかい制を取っていて、彼も、私も1ヶ月のおこずかいは300ドル。

その3倍以上の金額をたった5日間で使うつもりっっ!!

(しかも、もう今月分は払ってるし)

っと、ちょっと頭にきてしまった。

私がバリ島に行ったのは11年も前のこと、今とはちょっと事情が違うのかも?

これは少しリサーチが必要・・・。

早速、仕事の同僚に上記の質問を聞いてみた。

Aさん(イギリス人)「私はバリ行った事ないからわからないけど、う~ん、そうね、1000~1500ドルかしら?」

Bさん(オージー)「それはアルコール関係も含まれる?そうね、1000ドルかな。」

Cさん(オージー)「う~ん。少なくても700ドル以上ね。」

Dさん(オージー、再来月にバリに行く予定)「1500ドル。」

同僚だけでは飽き足らず、患者さんにも聞いちゃったりして。

(もちろん、ちゃんと会話が出来る人ね。)

患者Eさん(オージー)「1000ドルが妥当な線だね。」

聞いたのは圧倒的に女性が多かったんだけど、平均して1000ドルは持っていくというリサーチ結果がでた。。。

いったい何に使うの? 多すぎると思ったのは私だけ?

すごく、自分がけちな人間に思えてきた。

同僚が決まって最後に言ったのは、

「いいじゃない!きっと素敵なプレゼントを沢山買って来てくれるわよ!」

「お土産なんていらないんですけれど・・・。」と私。

もうすでに、P助にはお土産は私の分はいらないと言ってあった。

P助のジュエリーのセンスもいまいちだし、香水は妊娠中の今の私には受け付けられない、お酒は当分飲めないし、服はこれから体型が変わるからいらないし、変な置物などもあっても困る。

しいて言えば、授乳しやすそうな、お腹周りの目立たないほわっとしたワンピースとゆきにはちょっと大きめなTシャツくらいかな?

仕事帰りに一緒になったうちの病院で看護実習をしている日本人(オージーの旦那あり)、Kさんにも同じ意見を聞いてみた。

「1000ドル、少なくても700ドルかな。」

やっぱり私がけちなのか?

貧乏旅行しかしたことないから。。。以下にお金を使わずに楽しむかをモットーに旅してきた私には、その金額は桁外れなんですけど。。。

Kちゃんの分析では

「オージーって、後先考えずに、あるだけパァ~~~と使っちゃう人多いからね。」

そうか、これは国民性なのか?

家に帰って、早速P助と予算会議。

1000ドル持っていくことに同意した。

少なくもっていって、誰かに借りる事になるのも忍びないし、せっかくの旅行だから楽しんできて欲しいから。

私の気の変わりように、P助は唖然。

「リサーチの結果です。」と報告した。

P助の誕生日を忘れてしまった償いも含まれているとは言わなかったけど。

これで、楽しい旅行をしてきて欲しい。

今週末は我が家は母子家庭です。

旦那留守だし、GIRLS NIGHTでも開いてパーッとやるかな?!

けい

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年5月12日 (木)

いいわけ。。。

今日は旦那の誕生日。

そのことを2時間半前まですっかり忘れていた私。。。

  妻として、最悪です。。。

いつものように、食事が終わり、ゆきをお風呂に入れて、7時にはゆきはベットに行く。

その後、義理母からの電話。

もちろん、「誕生日おめでとうコール」だったわけなんだけれども、、、

   そんなことつゆとも知らず。

トイレを終えて帰ってきて、ソファーに座ってTVを見ていた。

キッチンで洗物をしていた旦那P助が聞いた。

P助「今日は何曜日?」

けい「今日は木曜日だよ!」

P助「木曜日か」

けい「うん、・・・・・・・?  !!!!!!ぁ!!!!!」

そのままソファーにうなだれてしまった。

ケーキどころか、誕生日カードすら用意してなかった。。。

ぁあ、最低。。。

日曜日まではちゃんと覚えていたのに。

月曜日の午後のシフトがすごく忙しくて、すっかり抜けてしまっていた。

ごめんね。 P助。

こんな妻を許しておくれ。

妊娠すると、物忘れがひどくなったりする、これを英語では

「マタニティーブレイン」とか、「ベィビーブレイン」と言うんだけど。

ここまでひどいとは。。。自分でもショック。

夜食にKFCを買って来て、(チョコレートブラウニー×6個付き)許してもらった。

しかも一緒になって自分もKFCバーガーとか食べてるし。

自己嫌悪。。。

恐るべしマタニティーブレイン・・・。

来年は忘れないように気をつけます。

ちなみに、今日は「看護の日」でもあるんだよ。

Happy Birthday P助!

けい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 4日 (水)

ちゃんと見てるのね

最近と言うか、ここ1ヶ月の間に同じような事があって、もしかして? うちの子すごいかも?と思うことがあったので、書きます。

って、単なる親ばか日記だから~!

それは、ゆきがお友達とそのお友達のお母さんを親子だとちゃんと認識していると言う事。

子供って、見ていないようでちゃんと見てるんだね。

それは1ヶ月前のこと、毎週金曜日に行っている日本人のプレーグループでの出来事。

ゆきがお友達と、おもちゃなどで遊んでいる時、誰かの靴を持って歩いているのを、少しはなれたテーブルでお茶を飲んでいた私は見つけた。

「あれ?ゆきの靴が脱げたのかな?」と思ってよく見ると、ゆきはちゃんと靴を履いている。

  ?じゃあ、誰の靴?

と、不思議に思っていると、ゆきがその靴を持って、もう一つのテーブルでお茶を飲んでいたお母さんの所に持っていくではないか。

そのお母さんも、ゆきが靴を持ってきたのに驚いて、私を見て、目が合った。

「それ、Mちゃんの靴ですか?」と私。

Mちゃんのお母さん「そう!Mの靴だわ!ゆきちゃん、ちゃんと私がMの母親だってわかってるんだね!すごいね!」と言った。

私は、単なる偶然だと思って、『そんなこともあるんですね~』ぐらいにしか思ってなかったんだけど・・・。

そして、今日、私が住んでいるサバーブの日本人プレーグループのお友達がうちに集まって一緒にランチをした時の事。

ランチも終わり、帰り私宅を始めたMさんに(同じMさんでも違う人です)ゆきがMさんの息子さんM君のズボンを渡すではないか。

Mさんは感心して

「ゆきちゃん、これが、M君のズボンと分かっていて、それに私がM君の母親だってことも分かってるなんて、すごいね!」

と言った。

どうやら、ゆきは誰が、誰のお母さんかをちゃんと理解しているみたい。

普段、マイペースでのんびりしてるのに、見てるところは見てるんだなと、

ちょっと、侮れないぞ!うちのゆき・・・。

と、思った出来事でした。

けい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »