« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月20日 (金)

ぼたん

昨日の夜、お風呂の後、パジャマに着替えていたゆきが、

『自分でやる』とパジャマのボタンを留めた。

おぼつかない手つきで、もぞもぞやっている。

「こうやってやるんだよ」とゆきの後ろに回って私の指が見えるように後ろからパジャマのボタンに手をかけて留めて見せた。


がんばって、はじめてボタン2個自分で留める事ができた。



出来ないだろうと思っていたので、意外!でビックリしたと同時に嬉しかった。
あまり嬉しかったのでゆきの前で本人以上にはしゃいでしまったよ。


時間が出来たらボタン留める練習用のフェルト玩具を作ろうと思ってたのに。
子供の成長ってはやいなぁ。

けい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月13日 (金)

お目目

最近歌を歌うようになったゆき 2歳7ヶ月。

となりのトトロの歌も 『とっても~ トットッロ~ トットロ~~』と出だしから

  ズルッとこけそうになりますが、

何回も「となりのだよ」と言っても「とってもの~トットロ~」と歌いだす。


聞いていて、とってもかわいいです。

さてさて、爺児がパースにいた時、車で出かける時は、

後部座席に運転席側からゆき・レイモンド・爺児と座っていた。

ゆきは前向きだが、レイモンドはベビーカプセルに入って後ろ向きで座る。

爺児からはレイモンドの顔は見えるがチャイルドシートの構造上ゆきからはレイモンドが見えにくい。

もちろん、運転席からはレイモンドの様子を見ることは出来ない。

私が運転中に爺児に『レイモン、寝てる?』と聞くのでそれを真似して、

ゆきが言う

   『爺児、レイモン お目目 入ってる?』

爺児と私は一瞬目が点・・・。

お目目入ってなかったら困るよね。。。なんて考えてると、

ゆきが『レイモン 寝てる? お目目 入ってる?』と聞く。



   あ~~~~~~~~~!!!



そっか、ゆきは『入ってる?』じゃなくて『開いてる?』と聞きたかったのだとわかった。

直してはいるんだけど、未だに聞きます。

   『お目目入ってる?』

開いてるだってばぁ~!

けい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月 7日 (土)

両手に・・・

今ふりかえれば、私の考えがあさはかであったのだ。。。

そう、まさかこんな事になろうとは・・・。



爺児が日本に帰って、我が家に爺児がいない2日目がやってきた。

その日は何も予定がなかった。

なにする?とゆきに聞くと、『自転車乗りたい』とゆき。

あまり良い天気ではないけど、雨は当分降らなさそう。

そうだ、どうせなら、近所の図書館でやっている『ストーリータイム(本の読み聞かせ)』に行ってみよう。

あそこなら、クラフトも楽しめるし。

自転車で行けば、ベビーカー押して行くよりも早いしね!

 
そう、これ↑この考えが間違えだった・・・。

行きは、レイモンドを抱っこ紐で前に抱え、紫のデイバックを背負い、ドーラのリュックを背負い(持っていくと言って聞かなかった・・・)、赤いヘルメットをかぶり、古ぼけた中古の補助輪付自転車に乗るゆきを追いかける羽目となった。

補助輪付自転車と言っても侮ってはいけない!

補助輪付だけど自転車なのだ!!

三輪車よりも早いのだ!!!

図書館の手前にある、ニュースエージェンシーで新聞代を払い、お店のお姉さんがゆきに赤い風船をくれた。

このあたりから、だんだんと歯車が狂い始めた事をこの時の私には知る由もなかった。

図書館では静かに座って本読みを聞いている・・・


ゆきではなく、、、、


図書館の中にあるトーマスの置物によじ登ったり。。。

借りる本を入れる子供用のトローリーを押して図書館内を練り歩いたり・・・。

やっとクラフトが始まったと思っても、ぜんぜんわが道を行くし。。。

帰ろうとして、自転車に乗ったはいいんだけど、図書館の前のちょっと坂になっている道を渡らないといけなくて、自転車のハンドルを引いて一緒にわたろうとしたら、ハンドルを握られるのが不服だったらしく、道の真ん中で乗車拒否!!!

急いで、ゆきと自転車を引いて、道を渡ると、『もう自転車には乗らない』とゆき。

ゆきは自転車の変わりに風船を手に持ち、
私はレイモンドを抱っこ紐で前に抱え、紫のデイバックを背負い右肩にさっき図書館で借りた10冊の本が入ったバック、左手にゆきに乗車拒否された自転車をもち歩く。

少し行くと、ちょっと後ろでゆきが、「あ~~~!」と騒ぐので、何かと思えば、さっきまで持っていた風船が風で飛ばされ、道の端に停車している車の横に張り付いている。

ゆきを安全な所で待たせて、風船を救出!

さっ、帰ろっっと思ったら、今度は『疲れた、抱っこぉ~~~!!』とゆき。

             !!!!!無理!!!!!


眠ってしまったレイモンドがよけいに重い・・・。

ゆきになんとか自分で歩いて帰るように言い聞かせる。

レイモンドを抱っこ紐で前に抱え、紫のデイバックを背負い右肩にさっき図書館で借りた10冊の本が入ったバックとドーラのリュック、右手に風船とゆきに乗車拒否された自転車、左手に泣きながら歩くゆきを連れて家まで歩いた。。。

自分とゆきを勇気つけるために『アンパンマンのテーマ』だって歌った。

無事に家にたどり着いた時は自分を褒めてあげたいと思った。

もう二度と自転車で図書館には行かないぞ!と心に誓うKayです。

けい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月 5日 (木)

爺児帰国

先週の火曜日の夜(3月27日)に爺児こと私の父が日本へ帰国した。

前回のさよならの様子はこちら!!

今回の滞在は6ヶ月と最長でした。

3月26日の夕飯が終わった席で爺児が『一言いいか?』と。

父の言う事を英語に訳してその場でPちゃんに伝えた。


爺児『この6ヶ月間、育児の方針の違いなどでイライラさせる事もあっただろうけど、それは文化の違いもあることも考慮してください。本当にお世話になりました。ありがとう。これからは二人で仲良くがんばって。日本にも是非遊びに来てください。』


訳して話しているうちに涙があふれてきた。

まだ、帰るまで時間があるのにね。

Pちゃんは泣いている私を見て、『今から泣いてて、、、明日の空港見送りではどうなるんだ?』

と思っていたことと思います。


そして、帰国当日、いつもは夜7時にベットに行くゆきだが、その日は爺児を空港まで見送るために遅くまでおきていてもいいことにした。

夜9時過ぎに家を出て(国際空港までは車で10分)爺児のチェックインを済ませ、お決まりの空港内のDOMOカフェでお茶をした。

空港って大好きな場所のひとつなんだよね。

なんかドキドキするじゃん?!

だから、この時は涙も見せずにさよならできました。
ゆきも、わかってるのか?わかってないのか?ぐずる事もなくあっさりとバイバイ。

寂しさが押し寄せるのは次の朝なんだよね。。。

でも、今回は前回からの経験で辛くなると心の準備が出来ていたので、そんなにビービー泣いたりする事もありませんでした。

心配して電話やメールをくれた友達、ありがとう。

一方、私の心配をよそに、ゆきは次の朝起きて爺児の部屋に爺児がいないとわかると、
私に『爺児は?』と聞いたけど、
『昨日の夜、みんなで爺児にバイバイしに空港へ行ったの覚えてる?
爺児は飛行機に乗って日本に帰っちゃったんだよ。』
と説明すると納得したのか?それ以後『爺児は?』と聞くこともなく、
すっごくいい子にしてました。


最近は『イヤイヤ攻撃』がひどくて、爺児の言う事も私の言う事も聞かなくって、イライラしていたけど、そのイヤイヤ攻撃も爺児が帰ってぴたっと止まりました。


もう、イヤイヤ期は卒業?
ただの休戦状態なのか??
それとも、嵐の前の静けさなのか???

爺児と言う「安全地帯」がいなくなったのを悟ったのか?

ともあれ、家族水入らずの生活に戻り、毎日忙しくしてます。


長いようで、あっという間の6ヶ月間でした。

ずっと、ゆきの面倒を見ていてくれたおかげで、私もレイモンドのお世話に集中できたし、たっぷり甘えさせてもらいました。


爺児のいた間にゆきも急激に成長し、色んな事ができるようになった。

日本語のボキャブラリーが増えた。

色の名前がわかって、言えるようになった。(最近のブームは『ムラサキ』)

一人でリュックがしょえるようになった。

虫(スパイダーやカタツムリ)を見つけるのが上手になった。

出かけて帰ってくると、手洗いの習慣がついた。
(時々、足も洗うようになった)

頭を洗う時に目をタオルで覆うようになった。

夕焼け雲を発見したり、

木が風に揺れているのを見て『風が強いね』と言うようになった。

大きい、小さいがわかるようになった。

長い、短いがわかるようになった。

うがい(くちゅくちゅっぺ)が出来るようになった。

「あいうえお」を暗唱するようになった。(全部じゃないけど)

大きいシャボン玉がふけるようになった。

絵合わせカード遊びが出来るようになった。

補助輪付自転車に乗れるようになった。

これ、全部爺児のおかげ。

話を聞かないゆきを相手に根気良くいろいろな事を教えて、私の知らない間にいろんな事ができるようになっていて、私も見習わなくてはと改めて思った。

爺児はたくさんのおもちゃよりももっともっと大切なものをゆきに与えてくれた。

ありがとう。

爺児と一緒に遊んだ時間、爺児から教えてもらった事はこれからもゆきの宝物になるであろう。

今度はみんなで日本に爺児に会いに行こうね。

大好きな飛行機に乗ってね。

ありがとう。

どうか元気で長生きしてください!

けい

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »