« 日本帰国危うし? | トップページ | 名前と風邪と粉薬 »

2012年7月29日 (日)

日本帰国しました!

いろいろありましたが、日本帰国決行いたしました!

そして、今日秋田の爺児の家に無事子供たちと到着しました。

帰国危うし?なんて書いて、皆さんにご心配おかけして大変申し訳ありません。


でも、金曜日の朝にDrに受診するまでは本当に日本帰国するかどうか、私にもわからなかったんです。

前の日の木曜日の夜に旦那P助に聞いてみた。


けい 「もし、あなたが私ならこのいまの状態の二人を連れて日本に帰国する?」

P助 「ん~~~~~~~~。 二人が健康な状態でも、僕一人では子供二人連れて帰国なんて無理。」

と、いう答えにならない答えが返ってきた。


健康はお金には代えられない事を十分に分かってるから、お金がかかっても、帰国を遅らせることも考えていた。


金曜日の朝、あとはDrの判断に任せるしかない。

朝一番でDrに受診する。

Drはゆきとレイモン(ド)の診察をしてから「GOサイン」と一緒にゆきのために抗ヒスタミン剤(飛行機の中で眠れるように)と点鼻薬を出してくれた。

もちろん、パッキングなんて半分もしてなかったので、帰ってから大忙しで旦那に帰国OKの旨を伝え帰国の準備をする。

夕ご飯を済ませ、お風呂に入り、レイモンは早めにベッドへ連れて行き出発まで寝させる。
ゆきはそのまま起きていた。


早めに空港に行き1番でチェックインを済ませ、P助とお茶をする。
Drに「フライトの2時間前に抗ヒスタミン剤と点鼻薬を使ってください」とのことだったので、P助と別れる直前に飲ませる。

P助とバイバイして、ここからは私一人にレイモンをスリングに入れて抱え、ゆきが乗ったベビーカーを押し、ベビーカーにはベビーフードや液体類の入った緑色のエコバックをひっさげ、プラス、小型のスーツケースを引き歩く。

出国手続きを終えて、搭乗ゲートに着いた時にはゆきは爆睡していた。。。

   

     薬の効きが早くねぇ?


無理もない、お昼寝もせずにもうすでに寝ているはずの時間に起きていて、しかも抗ヒスタミン剤まで飲まされたらね。。。

問題はこの先、搭乗ゲートでベビーカーを預けなければならない、しかもゲートの先は階段である。。。
見かねた地上係員がレイモンを抱っこして、私がゆきを抱えデイパックを背負い、もう一人の地上係員がスーツケースとエコバックを持って飛行機まで案内してくれた。

本当に助かった。

一番にチェックインしたおかげで、廊下席4席を3人で使うことができた。
ゆきは中2席で横になることができた。
離陸後の気圧の変化で耳の痛みで泣く子供がいることを聞いていたので、それが一番心配だったけど、ゆきもレイモンもパースから香港までずっと寝ていてくれて本当に助かった。


パースを少し遅れて出発した飛行機、香港にちょっと遅れて着いた。

香港空港での乗り換え時間は1時間。

ベビーカーを搭乗口腕預けて香港空港でも使えるようにお願いしていたのだが、ベビーカーが出てくるまでに時間がかかってすごく焦った。

飛行機内で待っているときにスチュワーデスさんに「乗換飛行機が8時45分なんです。」と言って乗り換えの航空券を見せる。

「大丈夫よ」 と言ってくれたスチュワーデスさんの顔は少し引きつっていた。

ベビーカーが出てきて、それにゆきを乗せ、レイモンをスリングに入れて抱え、香港の地上係員がスーツケースとエコバックを持ってくれて成田行きの搭乗口まで案内してくれた。

香港空港、とにかく広い。

一緒のフライトだったスチュワーデスさんも途中まで一緒に来てくれて、「ベビーカーを押しながらスーツケースを引っ張るなんてどういうつもり?今度はベビーカーに引っ掛けられるボストンバックにしなさい。」と説教された

成田行きの搭乗口に着くともう搭乗手続きが始まっていた。

子連れなので、優先的に通してくれて、無事に成田行きの飛行機に乗ることができた。


成田行きでも通りかかるスチュワーデスさんたちがゆきやレイモンの相手をしてくれて、すごく助かりました。

ゆきは成田着陸直前に「シートベルトを締めたくない」と大泣き・・・。

周りの乗客には申し訳なかったけど、ここまで頑張ったんだもの、ゆきにも大いに泣いてもらった。


成田に着くとあの日本独特な蒸し暑さ・・・・。

トイレで夏服に着替え、入国手続きを済ませ、預けた荷物を受け取る時にはゆきまたもや爆睡中・・・。

大きなトロリーに大きなスーツケース、小さいスーツケースを乗せ、スーツケースの上に爆睡中のゆきを乗せ余った隙間にベビーカー、デイバック、エコバックを乗せてレイモンをスリングで抱えトロリーを押す。

途中、ゆきがトロリーから落ちそうになったので、後ろからゆきを落ちないように支え無事到着ロビーへ。

成田空港で大きなスーツケースを秋田へ送り、残りの荷物で羽田空港行リムジンバスに乗り込んだ。

バスの中でもずっと子供たちは寝ていてくれたのですごく助かった。

羽田に着いたのは午後5時50分。

帰国すると必ず時間を作ってくれる高校時代の同級生達、今回は私も子供も二人だし、友達にも子供が生まれたので羽田にとったホテルの部屋で話をしながらご飯を一緒に食べることにしてもらった。

積もる話もあったし、ゆっくり話すことができた。

ありがとう。


そして、一夜明けた今日(7月29日)朝羽田発8時55分の飛行機で秋田に到着しました。


いつもそうだけど、、、、
今回もいろんな人を巻き込んで、いろんな人に親切にしてもらって、いろんな人に迷惑かけて、パースから帰国することができました。


叔母にもいろんな友達にも言われたんだけど、、、


私一人で乳児と幼児を連れて帰国するなんてなんて無謀なんだ・・・・って。


私は行けると思ってたんだけどね。

やっぱり、無謀なの?かな?

ま、無事に着けたのでいいか。

みんなから受けた御恩はまた他の形で返していければいいなと思います。


そして、一番よく頑張った子供達。

ありがとう。

これから秋田でいっぱい遊ぼうね!
マミーはとことん付き合うぞ!!

  

けい

|

« 日本帰国危うし? | トップページ | 名前と風邪と粉薬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29713/46509947

この記事へのトラックバック一覧です: 日本帰国しました!:

« 日本帰国危うし? | トップページ | 名前と風邪と粉薬 »