« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月18日 (木)

息子の手術と娘の成長

息子レイモン(ド)が今日、手術をしてきました。


わたしの息子レイモンには生まれた時から睾丸にタマタマが1つしかなかった。



もう一つはどうしちゃったの?と言うと、まだ本人のお腹の中に納まったままだったんです。


男の子はお母さんのお腹の中では睾丸袋にはタマタマが入っていないそうです。
で、生まれると同時に睾丸袋にタマタマが移動するみたいなのですが、まれに生まれてもタマタマが下がってこない子供がいるそうです。

まぁ、今すぐ必要と言うわけでもないし、数ヶ月のうちに自然と下がってくる子もいるので、レイモンも生後3ヶ月までは経過観察で、その後専門医を紹介してもらって、今回手術と言うことになりました。

専門医によると同じ左側にソケイヘルニアがあるとのことで、それも治して、ついでにだんなの希望の割礼(おちんちんの皮を少し切る)もお願いしてすることになりました。

先週からゆきもレイモンも鼻水が出始め、目やにも出るわ、咳も出るし、レイモンなんて喉がゼイゼイしてた。

手術前日に麻酔科医の先生と電話で話し、風邪気味のことも伝えるが、当日あって胸の音を聞いて決めましょうとのことだった。



朝、7時30分に起きたレイモン。
食事を済ませ、ご機嫌で一人で遊ぶ。

鼻水も少ないし、昨日よりも風邪はよくなっているようだった。

9時30分とお寝坊したゆき。

朝食を食べさせ、着替える。

お昼ご飯のサンドイッチを作っている間もゆきと仲良く遊ぶレイモン。

12時ちょっと前にSJOG病院に到着。

旦那がお昼までの勤務で午後は休みを取ってくれた。



入院手続きを済ませ、病室に案内され、レイモンのバイタルを測り、後は手術の順番を待つばかり。

2時30分には呼ばれて、ベビーカーで寝ていたレイモンを起こして手術室まで看護師さんに誘導される。

手術室に入り、レイモンを抱っこしたまま、ガスマスクを当てて眠らす。


眠ったのを確認して、レイモンにキスして手術室を出た。

1時間もたたないうちにお迎えに呼ばれ、ミルクの入った哺乳瓶を持って看護助手さんと一緒にリカバリールームまで迎えに行く。



朦朧としながらも、泣くレイモン。。。



ベットにすわりレイモンを抱っこしてミルクをあげる。

朝8時30分以降何も食べていなかったレイモンは目をつぶりながらも240mlのミルクを一気に飲み干した。

ベットにレイモンを抱え乗ったまま、病棟に帰る。

1時間ぐらい術後観察して、状態が安定していたので6時前には退院することができた。

帰る直前に執刀医にも会えて、『すべてうまくいきましたよ』と言われて、ほっとしたよ。

本当に無事に終わってよかった。




レイモンもすごくがんばったけど、同じようにすごくがんばっていた子がもう一人!!

娘、ゆきである。

もちろん、ゆきを一人お留守番で家においていくことはできないから、雪も一緒に病院へ連れて行った。

病院について、病院の中に入る前にお約束

『病院の中では走ったり騒いだりしません』

と、お約束。

レイモンが手術に行くまでは、ゆきはTVを横目にレイモンと遊んだり、

レイモンがベビーカーで寝てしまった後は、
TVを見たり、アンパンマンの塗り絵をしたり、絵本を読んだり、

レイモンが手術に行った後は、
お菓子食べたり、旦那と一緒に散歩に行ったり、お絵かきをしたり、同室になったこの両親を観察したり、TVを見たり、トイレに行ったり、お菓子を食べたり、ジュースを飲んだり、塗り絵をしたりと、すっごく、すっごく、すご~~~~~く良い子にしててくれました。

ギャーギャー騒ぐこともなく、ばたばた走り回ることもなく、駄々をこねることもなく、本当に感心!

やっぱり、3歳なりにレイモンにちょっと大変なことが起こっていることをゆきも感じ取っていたんだと思う。

本当に母はうれしいよ。

帰りの車の中でも、寝る前のベットの中での会話でも、ちゃんとマミーとのお約束を守れたことを褒めた。
そして、とっても嬉しかったし、とっても誇りに思うことも伝えた。

まぁ、簡単な手術とはいえ、子供にとっても家族にとっても大変なストレスとなった日だったが、娘の成長が見れて嬉しい日でもあった。


けい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月 8日 (月)

トイレトレーニング 逆戻り・・・

トイレトレーニング、完了しました!!

と、1ヶ月前に報告したかったんですが、北海道旅行などもあり、ブログもかけず。。。

ぁ、更新が遅いのはいつものことですけどね。


心配していた、北海道旅行中もトイレにも自分から『おしっこでそう』と教えてくれたし、夜も一応ぱっとしてたけど、濡れてなかったし、もちろんトイレがない時は草葉の陰で用も足したこともありました。

パースへ帰ってからも、時々遊びに夢中でじょじょじょじょ~~~~っというのはあったけど、それ以外は外でも家でも失敗もなくトイレに行けていました。

  

   なのに・・・・ なぜ?????




一昨日あたりから、お漏らしの数が増え始めました。

昨日も、外出時は誘ってトイレに行ったけど、家ではおもらし・・・。

しかも3回も。。。

怒りたい気持ちをぐっとこらえて、『おしっこはトイレでするんだよ。おしっこ出るときは教えてね』と言い聞かせました。

ついでに、『今度マミーがトイレに行こうって誘ったときは行こうね。』と念押し。

そんな甲斐なく、今日も、、、

公園に行く前にトイレに誘った、出なかったので、外出中も「おしっこ大丈夫?」と声をかけていた。

『大丈夫。でない。』とゆき。

家に帰ってきて、レイモンがお昼寝している時、リビングで『おしっこ行こうか?』という私に『出ない』とゆき。

その後、『ちょっとお部屋に行ってくる』と自分の部屋に歩いていった。


    ??????????????????

             まさかうんち?してるんじゃ!!

(ゆきはウンチをするときは隠れてパンツの中にするときがあった)

と、ゆきの部屋に行ったときにはすでに遅し・・・・。


ゆきの足元には水溜りが・・・・・。

だからさっき行こうって言ったじゃない!!!

の、「だからさっき、、、」まで言いかかったけど、その後はぐっと飲み込んだ。

パンツとズボンを脱がせて、私がもってきたタオルで自分で掃除してもらった。
(もちろん仕上げは私だけど。。。)

いったいどうしちゃったの?




夕食を済ませ、お風呂の時間まで日本にいる爺児とスカイプでお話をする。

ゆきはPCの前とTVの前を行ったり来たり、爺時とのスカイプが終わって、お風呂に入ろうとリビングを通ると、ソファーとテーブルの間が濡れている。

『ゆきがおしっこしたの。』と気がついた私に事後報告。

ここで私の怒りが爆発。

怒っちゃいけないって、わかってるんだけど、、、ねちねち言っても逆効果だってわかってるんだけど。。。。もう、言わずにはいられなかった。

なんなんだ? 何がいけなかったの?

そして自分の行動に自己嫌悪  il||li _| ̄|○ il||li 

明日からはまたニコニコお母さんでがんばるよ。

けい









| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 3日 (水)

ゆき語録 大きくなったら?編

今日のゆきとの会話。



 私 『大きくなったらゆきは何になるの?』

ゆき 『花火!!』

           !!(゚ロ゚屮)屮

  けい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 2日 (火)

日本からパースに帰ってきてました。

あっという間に10月です。

前回の日記から、あっという間に1ヶ月経とうといています。

9月19日にパースに無事に帰ってきました。

19日朝6時にパース国際空港に到着、義母は空港まで迎えに来てくれました。

心配していた税関での荷物検査もスーツケースをあけられることなく無事にスルー!!

こんなことなら、マヨネーズ入れておくんだった・・・・。

(でも、こういうことをすると逆に見つかるんだよね)

帰りの飛行機でも子供たちはずっと寝ていてくれたので、助かりました。

19日は疲れているのに、家に子供達がいては何もできないので、朝の9時30分からプレーグループにいって遊んできました。

やっぱり、友達には『今朝飛行機で帰ってきたのに、無謀だ!!』と褒められ(?)ました。

長いようであっという間に過ぎた2ヶ月の日本滞在。

ついた当初は蒸し暑さ(30度を越える猛暑)と子供たちの風邪とで家にこもって過ごす事が多かったけど、子供たちの体調がよくなってからは、プールに行ったり、公園に行ったり、ショッピングに行ったり、花火大会に行ったり、トイレトレーニングをしたり、一時保育に行ったり、北海道旅行に行ったりと盛りだくさんだったね。

いつも貴重な時間を割いて、会ってくれる、高校時代の友達、英会話の友達、そして元同僚の友達、今回も本当にありがとう。

おかげで楽しい時間を過ごす事ができました。

普段は遠くに離れて会えないけど、こうやって会うと離れていた時間を感じさせないのはやっぱりお互いに気心が知れているからかな?

ありがとう。

ゆきも背がまた少し伸びたし、オムツも取れたし、日本語もすごく上達しました。

最近は私の口癖『もう、しらない!!』が彼女のブームらしい。

お気に入りのピンクの熊ちゃんをクッションの下に押し込んで、ぷいっとそっぽを向いて

     『もう、知らない!!』だって。

どうしたの?熊ちゃんが何かしたの? と聞いても、答えられないから、ただ単に真似してやってみたいだけなんだろうね。

レイモン(ド)も爺児の特訓のおかげ?でハイハイが前に進むようになりました。

つかまり立ちもまだ足元がおぼつかないけど、できるようになりました。

私も13年ぶりに髪の毛をショートにしてさっぱり!

買い物もできたし、本もたくさん買えて満足です。

爺児にも、甘えさせてもらってありがとう。

また、たくさん働いて、お金を貯めて日本に行こう!

今度会うときが今から楽しみです。

けい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »