« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月18日 (金)

ジュース生活ダイエット終了

10月16日でジュース生活ダイエット兼デトックスも無事終了しましたexclamation ×2

ジュース生活も6日目あたりからは、だいぶ楽になってきました。

頭痛もなくなって肌の調子も快適ですハート

お通じも相変わらず、快調ですハートハート

コーヒー飲みたいなーとたまには思いましたが、飲みたくて仕方がないという事もありませんでした。

ダイエット中は生野菜や果物ばかり食べていたので暖かいものが食べたいなぁと思いました。


気になる結果は、下の通り、

開始時 73.3kg

中間報告時 71.1kg

終了時 70.2kg

と 10日間で 3.1kg 減 ↓ ですハート


17日からは、肉類も少し食べつつ野菜中心の食生活に移行してます。

スムージーはこれからも毎朝続けます。
このスムージーが子供達の大事なビタミン摂取になっているので…。o(^_-)O

そして、ジュース生活ダイエット中に出来なかった運動…、昨日からホットヨガ復活しましたexclamation ×2

久しぶりのヨガ、、、、死ぬかと思った。。。

すごくきつかったよ。

でも、何でも最初が一番きついので、次回からは楽になっていくはず!!!



ヨガで体を引き締めて、この夏は新しい水着を買うわよexclamation ×2

応援ありがとうございました!

これからも、引き続き応援よろしくお願いしますねハート

けい

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年10月12日 (土)

ジュース生活ダイエット 中間報告

今週の月曜日から始まったジュース生活(ジュースファスト)ダイエット、5日目が終わろうとしております。


ジュース生活ってなに? と言う方へ説明しますと~


正確に言うと、私の場合ジュースじゃなくてスムージーなのですが、、、、


生野菜、果物、それを基にしたジュース、スムージー、ナッツ類を摂取する食生活です。レストラン




朝食、昼食バー グーリーンスムージー

夕食レストラン サラダ

スナックりんご ナッツ、バナナチップス、新鮮な果物

と言う食生活です。




ですから、アルコールもカフェインも砂糖も一切取らず、水と野菜、果物を沢山食べることによって、減量効果はもちろんのことデトックス効果があります。

詳しくは下のHPを参照にしてください! お勧めです!

http://www.fatsickandnearlydead.com/ (英語)


http://jemreboot.weebly.com/index.html (日本語)


さてさて、去年も10日間やったので、どうなるかは覚悟できていたわけです。


今回始めてみて、思ったのは前回よりもぜんぜん楽!と言うこと、やっぱり前回からの経験もあるし、体もある程度慣れているのか?
お腹はすくけど、空きすぎてどうしようもない!!と言うほどでもない感じです。

でも、まだまだ、「ジュース生活終わったら何食べよう? あれ食べようかな?」とか『コーヒーが飲みたい』と言う欲求はあります。


もう少し経てば、この欲求もなくなると思われます。


 この5日間で体重は2.2kg減りました。


まだ、頭痛がするけど、これはデトックスの際に出てくる症状で水分を沢山取れば解消されるということで、せっせと水飲むようにしてます。

以前は夜中の12時、1時まで平気で起きていられたのに、今は10時には眠くなり、ベットに行くようにしてます。

肌の調子も良いし、今の所、このまま10日間がんばれそうです。


また、報告しますね!

けい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月11日 (金)

ゆき語録~蝶が咲く

ブッシュハイキングに行った時、この草を見つけたゆきが




ゆき「ねぇ、お母さん、なんでこの草はこんなになってるの?」



私「なんでだろうね? 面白い形だよね。こういう形の草なんだよ。お花が咲くかな?」



ゆき「違うよ、これコクーン(繭)の草なんじゃない? ここから蝶々が咲くんだよ。」




そういえば、繭に見えなくもないもんね。

蝶々が咲くなんて、子供の発想って面白いな。

けい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 4日 (金)

デイケア デビュー! 母ちゃんの長い一日

全体に公開

  • 先週から慣らし保育でチャイルドデイケアに1時間ほど2回行っていたが、本日、とうとうデイケア デビューを果たしました!!

    これから、子供たちは週1回デイケアに通うことになる。



    慣らし保育のときも、私にびったりと抱きついてそばを離れようとしなかったレイモン(ド)。

    ゆきはデイケアに行くとすぐに目新しいおもちゃや滑り台で遊ぶ同じくらいの子供たちに駆け寄って行って、私なんか目もくれなかったので、大丈夫だと思ったが、問題は息子レイモン・・・。


    このママっ子&人見知りの性格、どうするよ・・・・。


    9時にゆきを送って(ゆきとレイモンは同じ経営者のデイケアだけど、年齢によって施設が離れている)レイモンのデイケアへ、保母さんは慣らし保育で何回か会っているのでこっちも心強かった。

    30分ぐらいレイモンと一緒にいるが、またまた私にびったりと張り付いて、モーニングティーの椅子にも座らないし、いつもなら真っ先に飛びつくフルーツやスコーンにも目もくれない。。。


    『お母さんの心の準備が出来たらいつでも、言ってね。私が抱っこするから、大丈夫。』

    私の心の準備はとっくに出来ているのですが、レイモンの心の準備が出来るのを待っていたら日が暮れちまう。

    他の子たちのモーニングティーが終わって、外遊びに行くタイミングを見て、保母さんにレイモンを託し、ちゃんとお別れを言ってデイケアを後にした。


    同じデイケアに行っているママ友やデイケアの保母さん達からも説明があったけど、最初のうちは慣れないから、泣くのは当然だけど、あんまり泣いて泣いて泣いてどうしようもなければ、電話が来て家に返される可能性もあるのだとか。

    はたして、何時間? いや、何分持つだろうか?


    絶対に電話が来ると思い、家で掃除や洗濯をしながら過ごす。


    子供たちのいない家。


    家に私一人きりなんて、ゆきが生まれてからなかったな。



    薬品を使うので、子供達がいると出来ないシャワールームの掃除、その間に2回洗濯機を回す。

    いつ電話がかかってきても良い様に、携帯の音量は最大、肌身離さず持ち歩く。


    家に帰ってきてから2時間余り、デイケアからの電話はまだない。



    今頃は昼ごはんも終わってお昼寝の頃かな?



    デイケアに電話をかけて、息子の様子を聞いてみる。



    『バイバイしてからは泣いてたけど、15分ぐらいで落ち着いて、べそかいたりしてたけど、おもちゃで気を紛らわしたりして、何とか大丈夫よ。今はお昼寝で寝てるわ。』


    と保母さん。


    良かった。


    ちょっと一安心。


    2時~3時の間に迎えに行きますと伝えた。



    3回目の洗濯機を回し、食料の買出しへ出かけた。


    一人でスーパーの買い物なんて久しぶり!!

    買い物メモを奪い合ったりすることなく、ゆっくりと品定めも出来ていいわ~!

    買い物から帰ってきたら、あっという間に2時になっていて、買ってきた品物をしまって、デイケアにお迎え。



    レイモンはちょうどおむつ交換でトイレから出てきたところで、私を見つけ大泣きあせあせ(飛び散る汗)



    偉かったね! よくがんばった!とぎゅっと抱きしめてキスをする。


    「お昼はあまり食べなかったけど、初めての子はみんなそんなもんだから、お昼寝も11:30から13:00まで良く眠ってたわ。
    すごく良い子だったよ。」

    と保母さんからの報告を聞いて、ますます安心した。


    何でも初日が一番大変だから、来週から少しずつ慣れて来ると思うしね。


    ゆきを迎えに行くと、ゆきも私の胸に飛び込んできた。

    泣いたりはしていなかったらしいけど、慣らしの時よりも時間が長かったので心配になったらしい。


    ゆきも楽しく過ごせたみたいで、安心した。

    帰る時、アフタヌーンティーを食べている二人の女の子が(オージーの子)私たちが帰るのを見て『バイバイ!ゆき!!』と手を振ってくれた。

    お友達も出来たみたいで嬉しかった。


    帰って、3回目の洗濯物を干して、夕飯を作っている間もゆきとレイモンは仲良く遊び、私の足元に抱きついてはなれないということはなかった。


    二人ともお昼ごはんを少ししか食べていなかったので、夕食ももりもり食べてくれたし、デイケア様様である!



    さて、来週は何をしよう?

    旦那は『出かけるなりして、自分のために時間を使えば?』と言ってくれるけど。

    しばらくは今までサボっていた掃除を徹底的にやろうと思う。



    こうやって、母ちゃんの長い長い一日は終わったのであります。


    けい

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年10月 3日 (木)

再びダイエット宣言!

そういえば、1年近く前にダイエットを始めて、2月に目標体重間近!と言う報告をしてから、8ヶ月も経とうとしております。

その後もホットヨガを1ヶ月続け、町が主催するブートキャンプに参加してみたり。

その間も毎日グリーンスムージーは飲み続けていたわけです。

一時期、70kgを切って、69kgになった時もあったのですが、その後はやっぱり70~71kgを行ったり来たり。。。

冬場は(6月から8月)フルーツも種類が減り、野菜サラダを食べるのもきついし、ダイエットには不向きなので、この状態をキープし、春になったらダイエットを始めようと考えてました。


油断したわ。。。



ブートキャンプも風邪でキャンセルし、風邪が治ったら再開と思っていたけど、なかなか重い腰は上げられなかったわけで。。。

しかも、子供達が残した食べ物をもったいないと私の口に運び、お酒も飲むようになって、、、

確実に胃袋の大きさに比例し食事量も増えたのであります。(;´д`)トホホ…




そして、気がつけば73kgまで増えてました。 アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!




前シーズンがんばって痩せたのに!

今年の夏はビキニは無理だけど、新しい水着を買いたいじゃない!

再来週からゆきとレイモンドの水泳のレッスンも始まるわけだし!

そして、40歳となる来年は体力増強のために筋力もつけたいじゃない!

と言うことで、来週からダイエット開始であります!

え?何で明日からじゃないの?なんて、、、聞かないでください。

大人には色々事情って物があるでしょ? 笑

来週月曜日から10日間 ジュースファストに入ります。

その後は野菜を中心にした炭水化物少な目の食事に切り替えます。

ここまでは、去年と一緒。

これに加え、ホットヨガにも復帰しようと思います。

がんばります。

今年中に目標体重突破! 70kgを切るぞ!

そして、新しい水着を着るぞ!

応援よろしくお願いします! m(_ _)m


けい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 2日 (水)

Self control 自己抑制

 
今日は単なる親ばか日記です~!

人生とは常に誘惑との戦いである。




あと五分眠りたい・・・。

お菓子食べたい・・・・。

もう一杯飲みたい・・・。

などなど、人によってその誘惑の色も違うだろう。


40歳間近の大人だって戦ってるんだから、ましてや子供だったらもう誘惑だらけなわけで・・・。


今日はそんなお話。





我が家のルールの一つに『ちゃんとご飯を食べない人はお菓子も食べられない』と言うのがある。


もちろん、これは偏食の娘ゆきに当てたものだけなんだけど。

恥ずかしながら、ゆきは好き嫌いが激しく、食事時は常に私との戦いである。



彼女の好物は「刺身しかもマグロの刺身」


パースでは高価であまり手が出ない代物、しかも、ハンバーグやカレーのように具に野菜を混ぜ込むことができない・・・と言うつわものである。

メニューによっては私が手伝えば(口に運ぶ)半分食べられるものもある。

我が家の食卓では、食わず嫌いは許されないので、目新しいものでも必ず『トライ』することになっている。


それでも、ふりかけご飯ばかり食べて、おかずに手をつけない場合は上のルールが適応となる。

この前の夕食もそうだった。

おかず一口を食べて、ずーーーーーーっと口の中でもぐもぐもぐもぐもぐもぐ・・・・・・。


いつものように、色々手を尽くしてみたが、ギブアップ。

「ご馳走さまするなら、それでいいよ。でも、明日はお菓子もジュースもないからね。」

と確認し、それでも、「いい」と言うので、ご馳走さました彼女。




次の日の金曜日はプレーグループで遊んだ後、裏のカフェでお茶するのが恒例となっており、そこで子供たちはジュースを飲んだり、持ち寄ったお菓子を分け合ったりする。


4歳児にとって、このシチュエーションで自分だけお菓子やジュースを飲んだり食べたり出来ないのはすごくハードルが高いし、親の私でも酷な事をしたなと思った。


でも、約束は約束。


お菓子を食べたいとごねたら、家に帰ろうと覚悟していた。


PGが終わって、カフェに着くなり、子供たちは持参したジュースを飲む。

ゆきは「マミー、ジュース持ってきた?」と聞くので、

ここで改めて釘を刺す。

「今日はジュース持って来てないよ。昨日お約束したでしょ?ご飯食べない人はジュースもお菓子もないよって。ゆきちゃんはそれでもいいって言ったよね? だから持ってきてないよ。お茶でも飲みな。」と麦茶の入った水筒を手渡した。


ゆきはお茶を少し飲むと、カフェの前の広場で遊びだした。

本当の試練はこれからである。

カフェのテーブルの上には、お母さん達が持参したお菓子が並んでいる。

普段なら、お母さんに聞いて許可があればこのお菓子も食べられる。

ゆきはテーブルにも近寄ってこなかった。



しばらく遊んでいると、お友達のMちゃんがお母さんから一口ゼリーの入った袋をもらい、お友達に配りだした。

これも、普段なら真っ先にお友達に駆け寄り、ゼリーをもらうゆきだが、、、

果たして、どう出るか?

私は黙って見守っていた。


ゆきはMちゃんを意識しながらも、避けるようにあちこちで遊んでいた。


Mちゃんは一通り配り終えると、私の所に来て「ゆきちゃん要らないって。なんで?」と報告してくれた。

私は「今日は食べられないんだよ。ありがとう。」と説明した。


その後も、他のお友達Tちゃんがグミを、また他の子がポップコーンを分けに来てくれたが、どちらも、ゆきは断った。



このやり取りを見ていて、一番びっくりしたのは私だった。


親の目を盗んで口に入れる事だってできたのに、しないで、自分から誘惑を断ち切るかのようにそこから離れ、私との約束を守った娘。

なんか、かわいそうなことをしたなと言う気持ちと誘惑に打ち勝った娘を誇りに思う気持ちが混ざり、涙が出そうになった。


ゼリーを断った時に私のそばに寄ってきた娘を抱きしめて

「すごいね、偉かったね。あなたはセルフコントロールができて偉かったね。」と褒めた。


寝る前にももう一度、娘に「お母さんとの約束を守ってくれて嬉しかった」と伝えた。


まぁ、元を言えばご飯をちゃんと好き嫌いしないで食べればお菓子を我慢することもなかったという話だったんだけど。


娘の成長が見られて嬉しい日だった。


けい



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »