« 2014年の目標 | トップページ | ゆき語録 びっくり編 »

2014年1月17日 (金)

最強のオーブン掃除方法

オーブン掃除をしました。

友達がオーブン掃除のやり方をシェアしてたのを見て、実際にやって見た。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10151740571641375&set=a.174541316374.123326.593291374&type=1

↑参考にした方法(英語)

やり方を日本語に訳して、私の感想も交えて報告しますねexclamation ×2



手順1:オーブンを150度(または、最低温度設定で)予熱する。その間にお湯を沸かす。

手順2:設定温度に予熱されたらオーブンをOffにする。
耐熱容器またはオーブン用のベイキングディッシュにアンモニア250mlを入れて上の段に置く。
下の段には耐熱容器に1Lの沸かしたお湯を入れて置く。

オーブンのドアを閉めて一晩放置する。


手順3:次の日、オーブン内に置いてあったアンモニアの容器とお湯を入れた容器を取り出す。
(アンモニアは手順4で使うので捨てないことexclamation ×2)
ドアをそのまま開けっ放しにしオーブン内の空気を逃がすために15分ぐらい放置する。

手順4:食器用洗剤を小さじ1~2と1Lのお湯をとって置いたアンモニアに混ぜる。
ナイロンタワシをアンモニア洗剤水に浸してオーブンの中でふやかされたギトギト汚れをこすって落として行く。

手順5:落ちた汚れをボロ布などで拭き取り、仕上げに水拭きして終了!

注意:必ずゴム手袋を使用してください。
掃除中は換気を十分に行ってください。




以上

の手順で昨日の夜にオーブンに熱湯とアンモニアをセットして寝ました。

恥ずかしながら、うちのオーブンは引越して来て以来4年間一度も掃除をしていませでした…。

2014_january_1289



写真↑4年分の汚れがこびりついたオーブン。

2014_january_1285

ガラスドアも汚れで中が見えません。


この4年間分の汚れが、この技でどこまで落ちるのか見ものだわ~!とドキドキ、ワクワクしながら朝を待ちました。

使用したアンモニアはクラウディーアンモニアでバニングス(ホームウェアハウス:ホームセンター)で購入できます。

2014_january_1326


室内クリーニングセクションに置いてあります。
1Lで5~6ドルくらいです。

今日の午後買い物から帰ってきてから、早速オーブン掃除を開始!

オーブンの中を換気している最中にオーブン内のラックやラックを入れる棚(オーブンの両脇にあってラックをスライドして入れる様になっている金属フック)など、外せるものは全て外しキッチンシンクで作ったアンモニア水とナイロンタワシで洗う。



え?と思うくらい簡単に汚れが落ちた。



続いてオーブン内の汚れに取り掛かる。

汚れ具合にもよるけど、ナイロンタワシは多めに用意しておいた方がいい。

私はポストカード大の平たいナイロン製のタワシ(スポンジみたいだけど、硬いやつね)をラックを洗うのに一枚、ラック棚で一枚、オーブン内で2枚くらい使った。

オーブンのドアのガラスなんて、こびりついて中々頑固な汚れだったので、ステンレスタワシ(キラキラしたスポンジタワシ)使っちゃったもんね。

オーブンによってはステンレスタワシだと傷が付いてしまうので要注意ですよ!

今まではかなり強力なオーブン洗剤を使って掃除してきたけど、この方法の方が汚れが落ちやすいし、掃除中に薬品で気持ち悪くなったりすることもなかった。


2014_january_1321


そして、この仕上がりexclamation ×2

2014_january_1324
↓ビフォー  ↑アフター
2014_january_1289_3


2014_january_1325



ガラスドアも閉めても外からラックが見えるんですexclamation ×2



所要時間はだいたい2時間くらいでした。
今回はかなり汚かったからだけど、次回はもっと少ない時間で済むかも。

これからは汚れをあまり溜めないで、定期的にお掃除しようexclamation ×2︎と心に誓う私です。

皆さんもお試しあれexclamation ×2



けい

|

« 2014年の目標 | トップページ | ゆき語録 びっくり編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29713/54648281

この記事へのトラックバック一覧です: 最強のオーブン掃除方法:

« 2014年の目標 | トップページ | ゆき語録 びっくり編 »