« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月23日 (月)

オーストラリア、病棟仰天あるあるエピソード ~処置に関する日本との違い!?~

私の書いた新しい記事がリリースされました。

お時間のある時にでものぞいてみてくださいね!    

       ↓クリック↓

今回は「オーストラリア、病棟仰天あるあるエピソード ~処置に関する日本との違い!?~」についてです。

 

けい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月18日 (水)

ソルティー ダディー

育児もそうだけど、人を教育するって難しい・・・・ 今日、つくづく思いました。
私の旦那は料理をしない。
結婚する前はローストポークを作ってくれたが、私が作ったローストポークのほうがおいしかったので、それ以来作ることはなくなった。
それはそれでよかったんだ。
旦那はいつも私が作った料理をおいしいと残さず食べてくれるから。
 
私が仕事に復帰してから私がいない時、子供達や旦那の夕食は私が用意してオーブンに入れるだけの状態にしておくか、旦那が作るレパートリーは「焼くだけソーセージ」か「10分でできる!ミルクと混ぜるだけパスタ」の2つのみ。
今年に入って、平日の子供たちの習い事が増えて家でゆっくり食事を作るのが難しくなった。
驚くかもしれませんが、我が家の夕食は夕方5時から5時半、遅くても6時には食べたい。
なぜかって?
子供たちは7時が就寝時間(眠らなくても、ベッドに行く時間)なので、お風呂や本読みなどいろいろその前に終わらせるとなると5時が打倒と言うことでゆきが生まれてからこのルーティーンは崩していません。
(日本帰国時はパースとの時差が1時間あるので、夕食は6時、就寝時間は8時になります。)
子供たちが3時に学校が終わって、習い事に連れて行って帰ってくるのは5時半くらい。
それから、ご飯作るには遅すぎるので、外食になったりする。
旦那が仕事が早く終わり家に帰ってきている時は、「これ温めておいて」と帰宅途中に頼んで、家に帰ると同時にご飯が食べられるのが望ましい。
もっといいのは、旦那がもっと料理を作ってくれること!
なが~~~い前置きはこのくらいにして本題に入るね。

で、今日は旦那が家にいたので習い事に行く前に旦那に「これを夕飯にするので焼いてほしい」と買ってきておいたステーキ4枚パックを渡した。
旦那「え?どうやって焼くの?」
私「ステーキの焼き方はネットやユーチューブで検索すればおいしい焼き方が沢山出てくるよ。 私たちが帰ってくるまでに2時間以上もあるから大丈夫! 探してみてね。」
と言い残し、お友達にお土産でいただいた「美味しいバリの塩」を渡し、これで焼くとおいしいって友達にもらったの!と伝えて出かけた。
家に帰ると、ステーキの焼けるいい匂い!
おぉ! 感激!
ウキウキしながらキッチンに行くと旦那がステーキと格闘していた。
旦那「こっちは子供用。味見してみて」
私はお皿の上にホイルをかぶせて休ませてあったステーキをまな板に移してスライスしてみた。
中まで火が通っていて、良く焼けている。
ウェルダンだな。
私はミディアムレアが好きなのだが、そんなことはこの際良いとしよう。
一切れつまんで、口に入れる!!
「ぅ・・・・・。 しょっぱい・・・。」

そう、どんだけ塩を振ればこんなに辛くなるのかと言うほど塩辛かった。。。。
子供もそうだけど、やったこと、出来たことを認めて、ほめて伸ばす!
と言うのがこちらでの一般的な教育方法だけど、この塩辛いウェルダンのステーキのどこにいいところがあるのか、やっぱり見つけられなかった。
「固くならずに、柔らかく焼けたでしょ?」と旦那は自分で自分をフォローするが、
固いステーキとしょっぱいステーキどちらを食べるかと聞かれたら迷わず固いステーキと答えるだろう。
 
レシピ通りやったと言う旦那。
レシピには肉の表面が白くなるほど塩を振れと書いてあったと。
これでも、塩の量は少なくしたんだよ。
と・・・。
やばい、褒めなければ、どこか褒めて、ありがとうと感謝して、次につなげなければ・・・。
旦那を料理のできる、レパートリーが5つくらいあることが望ましいが、せめてステーキぐらい焼ける旦那に育てなければ!!
しょっぱいステーキをかみしめながら、いろいろ考えたが、何も浮かんでこなかった。

その理由はもう一つあった。

もう一つの褒められない理由は「塩」だった。

そりゃあ、「この塩でステーキ焼くとおいしいよ!」と言ったのは私だけどさ・・・

お土産でいただいた、本当においしい「バリの塩」を半分も使われたのだ。
料理に使うのを楽しみにしていただけあって、この入れ物に半分しか残っていない塩を見て

胃の底からこみ上げる、でも、決して爆発させられないイラッとした気持ちがわいてきたのは事実だ。。。

たぶん、これが自宅にあった普通の塩だったらこんなにもジレンマに打ちのめされることはなかったのだろう。

教育って難しい・・・。
旦那は最善を尽くしたのだ・・・。

尽くしたんだよね?

喜んでくれると思って作ってくれたステーキを私は褒めることができなかった。。。

感謝はしたんだけどね。。。

喜んで食べて、旦那に感謝して旦那のモチベーションを上げて次につなげるチャンスをつぶしてしまった。

反省して、またの機会を待とう。
今夜はやけにのどが渇く・・・。
けい
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーストラリア、病棟仰天あるあるエピソード!第3弾 入院患者さんと医療システム 

o絶好調!  

またまた 私の書いた新しい記事がリリースされました。 
  お時間がある時にでも、よんでいただけるとうれしいです!
       !!クリック!!
  
          ↓ ↓

今回のテーマは「オーストラリア、病棟仰天あるあるエピソード!第3弾 入院患者さんと医療システム」です!
けい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

守られているオーストラリアのナース達~看護師の今後を考えるために知っておきたいこと~

私の書いた新しい記事がリリースされました。

お時間のある時にでものぞいてみてくださいね!    

       ↓クリック↓

今回は「守られているオーストラリアのナース達~看護師の今後を考えるために知っておきたいこと~」についてです。


けい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーストラリア、病棟仰天あるあるエピソード ナースの制服・ファッション編

私の書いた新しい記事がリリースされました。 お時間のある時にでものぞいてみてくださいね!   

           ↓クリック↓

今回は「オーストラリア、病棟仰天あるあるエピソード ナースの制服・ファッション編」についてです。 けい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »