« オーストラリア、病棟仰天あるあるエピソード 第5弾  健康診断と病棟のお助けナース編 | トップページ | 日本帰国中! »

2016年7月 3日 (日)

オーストラリアの就活

私の書いた新しい記事がリリースされました!

今回は「オーストラリアの就活」です。
記事の一番下に評価があるので、ポチッとしていただけると嬉しいです。

http://kango-oshigoto.jp/media/article/849/

|

« オーストラリア、病棟仰天あるあるエピソード 第5弾  健康診断と病棟のお助けナース編 | トップページ | 日本帰国中! »

コメント

はじめまして!オーストラリアで長く看護師をされていて尊敬しています。私も今看護師になりたくオーストラリアで看護の勉強をしているのですが留学生のパースでの新卒の就職ってどんな感じなのかなあと思いまして。もし教えてもらえたら嬉しいです。NSWは競争率が高く最初は他の州にアプライした方がいいと聞いたのですがWAで留学生でnewgrad のポジションを得た知り合いの人とかいたりしますでしょうか?お時間ある時返事をもらえると嬉しいです。よろしくお願いします。

投稿: Yuki | 2017年4月16日 (日) 10時30分

<Yukiさん>
コメントありがとうございます。
お返事遅くなって申し訳ありません。
ゆきさん初めまして。ゆきさんはNSWで看護師になるためにお勉強中なのですね。
NSWも新卒の就職(Newグラッドのポジション)が厳しいのですね。

ここ、WAパースでもニューグラッドプログラム(新卒者の為のプログラム)にアプライしてもあぶれる新卒者が結構いると聞きました。
かろうじてニューグラッドで入れたとしても、プログラム終了時にその職場に就職できなかった、ポジションがなかったという話も聞きます。
オーストラリアは今どこの病院でも就職難なんですね。

ゆきさんのご質問で「留学生でニューグラットのポジションを得た知り合いがいるか?」とのことですが、「留学生で」と言うと、病院からスポンサービザも出してもらってと言う事でしょうか?

私の知る限りではニューグラッドのポジションをゲットした日本人ナースは知っていますが、どの方も永住権保持者なので、ゆきさんの質問の意味が「スポンサー、ビジネスビザ支給も含めてのグラッドポジション」という事であれば、私は存じ上げません。

ナースではないですが、旦那のアドバイスとしては「数打ち当たるだから、申し込むだけ申し込んでみたら?」との事でした。
私自身、ニューグラッドについて詳しくないので同僚のナースにも聞いてみますね。

けい

投稿: Kay | 2017年4月21日 (金) 19時30分

ご丁寧な返信ありがとうございます。やっぱり永住権が必要ですよね。new gradってだいたい卒業前の8月くらいにあってその時は私学生ビザなのでかなり厳しいみたいで。私は卒業さえすれば技術独立永住権の申請が可能なのですが(もしルールなどが変わらなければ)ただ永住権が降りるのを待ってたらなかなか就職は難しそうだなあと悩んでいるところです。でもとりあえずKayさんのいう通り可能性が1%でもあるのなら練習にもなるし学生ビザのままでも色々応募してみようと思います。返信にアドバイスありがとうございます😊

投稿: Yuki | 2017年4月25日 (火) 19時24分

<Yukiさん>
コメントありがとうございます。
技術独立永住権の申請ができるのですね!それが取れれば問題ないですね!
ビザの事はあまり詳しくおりませんが、一定期間を超す学生ビザなら卒業して3か月くらいは就職活動の機関のブリッジングビザがおりませんでしたっけ???
でたらめ情報で混乱させてしまったらごめんなさい。もしできるならビザの事もちょっと専門の方に相談できるといいかもしれませんね。
グラッドプログラムGETしたらぜひ報告してくださいね!パースから応援しております。
けい

投稿: Kay | 2017年4月28日 (金) 21時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29713/66321308

この記事へのトラックバック一覧です: オーストラリアの就活:

« オーストラリア、病棟仰天あるあるエピソード 第5弾  健康診断と病棟のお助けナース編 | トップページ | 日本帰国中! »