コンバージョンコース

2006年12月13日 (水)

ファイナルエクザムの結果発表

いよいよやってきました。

ファイナルの結果発表の日です!

インターネットでアクセスして自分の取った教科の結果を知る事ができます。

やっぱり不安で2~3日前にファイナルで落第する夢まで見てしまった私。

結果が出るまで気が重かったです。。。。

で、夜ちょっと疲れて横になってたら、Fちゃんから電話が来た。

「ファイナルの結果どうだった?」

と。

すっかり忘れていた。

急いでネットを繋げて結果をアクセスする。

電話越しにFちゃんもいるから、もし落ちていても、何とかなりそう。

一人で結果を知るのは怖いから。

  で・・・・。

ここまで引っ張った気になる結果は?

Management in Health Care

Nursing Bioscience 244

Research Foundation in Nursing

以上の3科目、全て合格してました!

よかった~~~!!

すごくうれしくて、電話越しでFちゃんと祝杯を挙げた。

後は今やっている実習を乗り切り、レポートとヘルスアヒストリーを書き上げて提出すれば、来年の1月には看護登録が出来るだろう!

卒業も出来るぞ!!

やった~~!!

けい

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年11月21日 (火)

エクザム終了!

やっと、コンバージョンコースの全てのファイナルエクザムが終わりました!!

   NO MORE EXAM!! Yessssssssss!!!!

と、昨晩は大学の日本人の友達と集まりお疲れ様の打ち上げ!!

心行くまで飲み明かしてきました。

今は本当にただただホッとしています。

 で、テストどうだったの?  って?

そうそう、難しかったのですよ~・・・。

昨日も話したとおり、一つのコンピュータールームを使い、4回入れ替え制で行われたリサーチファンデーションのエクザム。

4人グループの私たちのうち、Nowちゃんは第2回目の11:30AMから、
ミッキーとFちゃんは第3回目の1:00PMから、
そして私は第4回目の3:30から。

Nowちゃんとミッキー&Fちゃん達は前後で入れ替えになるので情報交換がなかなかできない。
Nowちゃんが試験が終わった時、メッセージが入ってきて、
「テストに何が出たか知りたければ、教えるけど。」

と、神様みたいなお言葉。

まだ、勉強の途中だったけど、(教科書についているCDRの練習問題をやっていた)Nowちゃんが「CDRの練習問題からは、あまり問題が出ない」と言ったのでさっさとあきらめてNowちゃんちにお邪魔した。

Nowちゃんからさっそく、これが出たあれが出たと、いろいろ教えてもらった。

こうなれば、もうやるだけやるしかない。

Nowちゃんちで自分が教科書を忘れてきた事に気がつく。

やっぱりどこか抜けている私。。。

このテストは『Open book』で教科書、ノート、電子辞書持ち込みOK!なのです。

Nowちゃんに教科書を借りて、ちょっと早めにUNIに着いた。

時間通りにコンピューターRoomに入り、自分のIDナンバーとパスワードをコンピューターに入力し、『試験を始める』というアイコンをクリックすると同時に試験が開始される。

試験時間は2時間、クリックと同時にカウントダウンされる。

問題は120問だが、120問中5問はマッチングクイズで5問全部で65点分になる。

だから全部で115問×1点+5問×65点=180点満点となる。

クイズが始まってから、配点の高いマッチングから始めた。

2時間で120問。

時間がぜんぜんありません。

マッチングだけで20分は時間を費やしてしまう。

問題を読むだけでも時間がかかるのに、それから教科書で調べて・・・なんて時間、
本当に無いのです。

だから、教科書持込OKと言われても、油断は禁物です!

試験を開始して、時間を見ながら問題を進めていく、
後半で時間を見た時に「後、残り40分。」との表示を見て、自分の残されている問題数は40問だったのを確認し、『1問につき1分か、何だ~余裕じゃん!』と思っていたが、
画面をスクロールすると、なんと、その下に10問、問題が残っていた。

余裕どころか、形勢一気に逆転・・・。

もう、最後の方は問題が長いと読むのが面倒なので(読んでも意味がわからないし)、長い分の質問は全部勘で答えました。

    こんなんでいいのか?

いいのです。

もう、終わってしまったことですから。

それに半分取れればいいのですから。

あとは神に祈るだけです。

けい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月20日 (月)

リサーチファンデーション・ファイナルエクザム

ファイナルエクザムの勉強といろんなことがあり、ばたばたしています。

更新が遅れてますが、明日からは、ちゃんとした内容でお届けできるかと思います。

これから、リサーチファンデーションと言う科目のファイナルエクザムです。

これが、最後の最後!!

うれしさ半分、勉強不足の不安もありますが、このエクザムはマルチプルチョイス(選択問題)なので、エッセイ形式よりももっと気が楽。

コンピューター上のテストなので、会場が制限されてしまい、1つのコンピュータールームを4回入れ替え制で行われる。
私は名前順から行くと一番最後で3時30分からの2時間。

終わるのは5時30分。

その分、朝勉強できるのはいいけど、出来るならさっさと終わらせたかった。

後、もう少し時間があるので、勉強します。

頑張ってきますよ!!

  けい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月15日 (水)

ナーシングバイオサイエンス・ファイナルエクザム

今日、無事にナーシングバイオサイエンスのファイナルを終えてきました!

昨日は夜中まで勉強しベットに入ったのは深夜1時ぐらい。

試験は12:15からだったので、朝起きて勉強しようと思い目覚ましをかけた。

その目覚ましよりも早くに携帯電話が鳴った。

  誰??

バイト先のボスからだった。

ボス「あなた、今朝は6:30から仕事はいっているけど、いったいどうしたの?(仕事来ないなんて)」

    は?

ボスにははじめ月曜日にファイナルだと話していたが、時間割がわかった時に(先週)秘書の人に話しておいた。
先週の日曜日にロスタ(勤務表)を確認したときにも水曜日に仕事が入ってたので、日曜日にボスに電話して仕事の曜日を変えてもらい、今週の月曜日に今日の変わりに働いてきたばかりだった。

Kay「今日はファイナルエクザムで仕事には行けませんけど。」

ボス「ぁ、そうだったわ。だから月曜日に働いたのよね。。。」

 ・・・・・。

   そうです、あなたのミスです。。。

ボス「Good luck.」

と言ってボスは電話を切った。

こんな電話で起こされた一日だった。

  そうそう、エクザムの話だったね。

エクザムは2時間で、その内容は50問がマルチプルチョイス(選択問題:マークシート)で書き込み問題が30点分あった。

選択問題は、今までやってきたクイズがベースになっていた。

書き込み問題はケーススタディーになっていて、2例の患者さんの事例が書いてあった。

1ケース目はCOPD(慢性閉塞性肺疾患)の男性が狭心症を起こして入院してきた事例。

問題としては、

・Emphysema(肺気腫)の病理を説明せよ
・COPDの患者にどうして高濃度の酸素を与えてはいけないのか?
・彼のAcidosisのStateを書け
・Atroventの作用とSulbutamoleの作用はどう違うのか?

2ケース目は胆石で入院してきた女性が手術適応となり、その術後に出血性ショック、DVT(深部静脈血栓症)を併発してしまう事例。

問題は、

・黄疸のメカニズムを説明せよ
・灰色便のメカニズムを説明せよ
・Hypovolemic shock(血液減少性ショック)でなぜ頻脈が起こるのか?
・Thromboxane A2(トロンボキサン)の作用を書け
・Plasminogenの作用を書け
・Dopamine Antagonist(ドーパミン拮抗剤)を使用することでなぜ嘔気が治まるのか?
・Heparinの作用
・Warfarinの作用
・DVT(深部静脈血栓症)の症状を書け

ざっと覚えているのでこんな感じでした。

これからナーシングバイオサイエンスを受ける人は参考にしてくださいね。

これを英語で説明しなくちゃならない。

うる覚えの単語は、選択問題に出されている単語から必死に拾い繋ぎ合わせました。

ちなみに、絵を書いての説明もAcceptableだそうです。

英語でうまく説明が出来なかったので、必死に絵を書いてみました。

ま、終わったので、良しとしましょう。

と、言う事で、今日はちょっと飲んでほろ酔い気分です!

  けい

| | コメント (6) | トラックバック (3)

2006年11月13日 (月)

いよいよファイナルエクザム!

いよいよ今週の水曜日に1つ目のファイナルエクザムがあります。

その科目は『ナーシングバイオサイエンス』!!

2時間で、マルチプルチョイス(選択問題)とケーススタディー問題(看護や薬のメカニズムについて書き込む形式)が半分ずつ出るらしい。

このテストでは50%以上を取らないと、パスできない。

最近、恋にうつつを抜かしろくに勉強もしていなかった私。

昨日からやっと本腰を入れて勉強し始めました。

     昨日からかよ!!

水曜日までに間に合うのか?

間に合うわけありません。。。

ので、筋骨格系の勉強は諦めました。

今まで受けたクイズの問題をベースに出るらしいので、クイズで点数の良かった(ちゃんと勉強した科目)CerculationとOxygetionは後回しで、その他のMetabolismとEliminationからはじめようと思いました。

今までにプリントアウトしたレクチャーノートを読んだり、教科書(Pathophysiology)なんて今回初めて開いて読んでみたよ。

    結構面白い。

昨日、やっとMetabolismが終わり、Eliminationも半分終わりました。

でも、ノートまとめただけで、覚えてないのですけど・・・。

だって、病理はなんとなくわかるけど、医療用語を覚えるのが大変。
教科書やノートだって同じ単語を何回も辞書で引いている始末・・・。

   大丈夫か私?

ま、どうにかなるかな?なんて。
気楽に考えてたら落ちそうなので、

あと2日、気合入れて頑張ります!

  けい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 3日 (金)

っほ・・・。

おはようございます。

毎度お騒がせしております。

ご心配もおかけしております。

さてさて、あれから昨夜は夜中まで勉強し、睡魔と「こんなに勉強しても明日受けられなければ無駄かな?」という思いに負けて2時にはベットに倒れこんでしまった。

夢の中でも、悪夢にうなされ、寝た心地がぜんぜんなし。

朝早くにおきて、8時にはUNIの図書館についていた。

早朝にもかかわらず、コンピュータークイズの部屋はたくさんの人でごった返していた。

受付のおばさんに学生IDカードを渡す。

おばさんがIDをスキャンすると、「予約入ってないけど」と言われた。

  当然です。 してないのですから・・・。

「すいません」と謝り事情を説明して何とか1つだけあいているPCでクイズを受けられることになった。

1つの科目で試験の制限時間は20分。

その間に20~22問のクイズに答える。

終了と同時に答えと、成績がその場でわかる。

    よかった。

ほっとして、席について早速Eliminationの科目のクイズ開始。

ぜんぜんわからず、20分以内で終了し、結果は40%。

やっぱり・・・?

でも、5つのクイズの合計の%で決まるので、
Better than nothing...

PCルームから出ておばちゃんにお礼を言う。

「これで全部終わりね。」

KAY「・・・。ぃぇ。後2つクイズが残っているんです。」

おばちゃんはあきれてものも言えない感じで、

「なんてことなの?こんなのありえないわ。先生と話し合ったほうがいいわよ。ほかの生徒にも先生にも私たちにもフェアじゃないし。」

  はい・・・。

    自分の馬鹿さ加減は重々承知でございます。。

       返す言葉もございません。。。

私はただただ、「すいません。」と繰り返すばかり。

おばちゃんはわたしのIDを再びスキャンし
「早く!やってきなさい。」と他のPCに通してくれた。

   ありがとう。

Nutrition/Metabolismのクイズを開始。

やはり勉強をあまりしていなかったおかげで、チンプンカンプンだった。

後は勘のみ。

結果は55%だった。

まずまず。

これで残りの最後のクイズが受けられなかったとしても、合計でもまだ50%は超えているので、少しは楽かも。

クイズが終わって、受付のおばちゃんに「ありがとう」を言いにいくと、
おばちゃんは黙って手を出して私のIDをスキャンし最後のクイズも受けさせてくれた。

   ありがとう。

ただただおばちゃんに感謝した。

最後のクイズはMusclostal。

やっぱりぜんぜんわからず・・・。

勘に頼って50%。

  ――――クイズすべて終了――――

以前に受けた2つのクイズがかなりよかったので合計して5で割った平均は約70%でぱす!

後はファイナルエクザムを残すのみ。

おばちゃんに、何度もお礼を言ってPCルームを後にした。

捨てる神あれば拾う神ありだね。

本当に今回はラッキーだった。

これからはこんなことがないように十分気をつけよう。

 さ、最後の3つのクイズは分からなかったのでこれから勉強しなおそう。

皆さんにはご心配をおかけしました!

皆さんも気をつけてくださいね。

けい

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年11月 2日 (木)

クイズが。。。

やってしまった・・・。

これは相当やばい事をやってしまったのかも?

かも、じゃなくて、そうとうやばい。

恋やアサイメントにうつつを抜かしている間に、ナーシングバイオサイエンスのクイズをやり忘れてしまっていた。

正しく言うと、予約すら入れてなかったのだ。

ナーシングバイオサイエンスの5つあるコンピュータークイズ。

その2つはもうすでに受けてパスしていたが、残りの三つは、この最後のアサイメントが終わってからやろうと考えていて、予約すら入れていなかった。

今日、Fちゃんから「来週のスタディーウィークにはクイズは受けられないと思うよ」と言われ、オンラインでクイズの予約状況を確認してみると、クイズを受けられるのは明日までで、しかも当然ながら予約は完全に埋まっていた。

  ぁっちゃ~。

クイズ5つの合計が40%の割合でプレゼンが10%、のこりの50%はファイナルエクザムになる。

この40%落とすとファイナルで相当頑張らない限り、確実に落ちる。

馬鹿だったな~。

余裕かましていたつもりが・・・。

で、どうするか?

これから3つのクイズを勉強して、明日UNIに行って、コンピュータールームの係りの先生に泣きつきます。

それでも駄目なら、しょうがない。

ファイナル頑張ろう。

とりあえず、勉強します。

無事にクイズが受けられるように祈っていてくださいね。

けい

| | トラックバック (0)

2006年10月28日 (土)

Good Excuse?

今セメ最後のアサイメント、リトレチャー・レビューに取り掛かった。

提出は来週の金曜日。

このリトレチャー・レビューは自分で選んだトピックについての文献を読んでまとめる物。

私の選んだトピックは「Norovirus(ノロウィルス)」

嘔吐下痢症の原因になり冬に大ブレイクするウィルスです。

まだ書き始めてない・・・けど、文献だけ読むので精一杯。

頑張るよ!

だって、今回はTさん(片思いの相手)に文法見てもらうようにお願いしたんだもの!!

GOODエクスキューズでしょ?

月曜日までに仕上がるように頑張ります!

今回はちょっとアサイメントに感謝している(浅はかな)ケイです。

けい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月16日 (月)

看護師としての誇り

今、取り組んでいる、今セメで最大な課題、Professional Portfolio。

かなり行き詰っています!
それは私だけでなく、ミッキーやFちゃん、Nowちゃんも、
みんなでそれぞれが行き詰まってます・・・。

この間もポートフォーリオについては説明したけど、
これって簡単に言ってしまえば、看護に関する「自伝」かな?
と思うのです。

自分が今までに看護の分野で何を学んで何をやってきたか、どんな事に貢献できたのか、などなどをAustralia Nursing & Midwifery Council (ANMC)が出している、National Competency Standards for Registered Nurseのドメインにそって、書いていくもの。

これ自体で70%のマークを占め、このアサイメントを落として卒業できなかった生徒が毎年沢山いると聞くから、余計に力が入る。

で、何を書いていいのかわからず、どうやって書いて良いのかわからず、
余計に焦り、空回り・・・の図・・・・。
くるくる、くるくる・・・回りだしたら止まらない・・・。

自分に看護能力(Competency)がある!!

と思ったことも無かったし、証明するったって、どうやって証明すればいい?
もしかして、能力があっるって思っているのは、私だけかもしれないのに。。

どうしよう? 本当は能力なんて証明できるほど無いのかも?

くるくると螺旋を書くように欝の世界に落ちていく・・・。

すごく悩んで、悩んで、焦っていたのに、
昨日、夕飯を作っている時に、突然開き直った私。

いいじゃないか、自分のやってきた事をそのまま書こう。
ここまで、勉強して、経験をつんで、お金を貯めて、オーストラリアまで来たのだ。
それに、前期はパスしているし。

もし、このアサイメントを落としてパスできなかったとしても、
それは、私の看護師としてやってきたこと・能力を否定されたわけではない。
今までやってきた事、私の看護感を含めて、それを誰にも否定・批判する事はできない。

きっと、落とされるとすれば、自分の表現力や説得性(証拠が少ない)にかけるなどのPresentation能力やアカデミックライティング能力が劣っていたのだ。

だから、もし落ちたら、もう一度やり直せばよい事。
次はきっとうまく行くだろう。

   こう考えたら、少し気が楽になった。

       すごく前向き?

もし、私にナースになれる才能・能力(Competency)が無いのなら、ここまで来てないし、とっくの昔にやめていただろうから。
(え?気のせい?)

こうなったら自己暗示よ!
私は大丈夫!

もし、これから、パースで看護師を目指しているなら、
留学前に務めていた職場の上司からの評価表、院内や自分で書いた論文(リサーチ)やケーススタディー(大学入学前3年以内の物が望ましい)、自分の病棟でやった(主催した/出席した)勉強会、出席したセミナーなどの資料などがあると、このポートフォーリオに生かされると思います。

参考までに。

けい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 9日 (月)

Professional Portfolio

最近は私生活のことを書くのに忙しくて、勉強の事はあまり触れてませんでしたね。

今月中に提出しなければならないアサイメントの1つがこれ、

    Professional Portfolio

これはManagement in Health Care(MHC)と言う科目の中のアサイメントで、
1.カバーレター
2.CV/Resume(履歴書)
3.Evidence of analytical discussion of Australia Nursing Midwifery Council(ANMC) Competencies including identification and linkage of evidence of self-achievement.
    Domein: a)Professional & Ethical Practice(500Words)
               b)Critical Thinking & Analysis(500Words)
               c)Management of Care(500Words)
               d)Enabling(500Words)
4.Carrer Plan & Continuing Competence Strategies
    a)Summary of Achivements
    b)1year career plan
    c)3year career plan
5.Reflection of Professional and Portfolio Development
  (400Words)

から構成されている。

何のことかさっぱり分からないよね?
そうなんです、私もあまりわかっていないのです。

手っ取り早く言うと、「自分の売り込みプロジェクト」とでも言いましょうか?

私は、今までにこんな経験(学歴や職歴も含む)をして、ANMCが出しているCompetenciesにもこんなにそってるし、もうすごいんだから!!
こんな逸材見逃しちゃ、後悔するわよ!!
と、とことん自分を褒め、売り込む!
過大評価もなんのその!

ここでは日本ならではの「謙遜」なんて通用しない。

自分を積極的に論理的に売り込むのだ!
もちろん文献は必要になってくるが、他のエッセイと違うのはReferenceに自分の今までに書いたアサイメントや、実習に行っていれば実習の評価表、在職していた病院の評価表、推薦状などが使えるという事。
自分の価値を自分の勉強した成果や他人からの評価で裏づけをして、
「ほらね?私すごいでしょ?」とこれでもかと、押し売り、叩き売り!

これ、思ったよりも難しい。
しかも、今まで、自分をどのぐらい優れているかなんて書いたことないし。
謙遜が美徳の日本人にとってはとても違和感がある。

こんな所で、私ってとっても日本人なんだと再確認する。

でも、ここは日本の美徳を捨て、オージーに習い自分を売り込むわよ!!

けい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧