英語

2014年12月17日 (水)

ゆきの英語上達法?

ゆきが英単語を読み始めた!

当たり前じゃん!バイリンガルだし、オーストラリアに住んでいるんだからexclamation ×2


(・Д・)ノ


なんて、突っ込まれそうですが…σ(^_^;)

私は凄いと思っちゃったんです。
だって、私は娘ゆきに日本語(ひらがな)は教えていますが、英語は一切教えていません。

ゆきはひらがなが読めるので、日本のスーパーで見かけるひらがなや絵本に書かれている文字は読めます。
「さる」と書いてあれば動物の猿猿だと理解します。
それと同時に英語ではモンキーと言うことも知っています。

でも、今までアルファベットのAからZは教えましたが、「Monkey」と書かれてあっても、「M O N K E Y」とアルファベットで読み、それを「モンキー」と発音するとは知らなかったのです。

幼稚園に入る前に道路の標識を指して「S T O P(エス ティー オー ピー) ストップだよ!」と教えていたことがあります。
当然、暗記するので読めるようになります。

でも、「Step」と書いてあっても、私が教えなければステップとは読めるようになりません。
こういう丸暗記はどうなのかな? と思い、しかも、私が読めない単語をデタラメな発音を教えるのも嫌だったので、やめました。

ところが最近、道路の標識や看板などを見て教えたこともない単語を自分で読みだしたんですexclamation ×2

すごい不思議でした。

だって、私が学校で英語を習った時は単語は全て丸暗記で発音がわからなければ辞書を引いてカタカナで書いてある発音記号を参考にしたりしてましたもの。

それは、私がその時、ひらがなもカタカナも読めたし辞書を引くことも知っていたから。

じゃあ、子供はどうやって単語を読むんだろう?って凄く不思議だったんです。

日本語なら、ひらがなカタカナが読めればその通りに発音すれば通じますよね。

「き」には「き」以外の発音はなくて「きりん」を「こりん」とは発音しないのです。

でも、英語にはwaterと書くのにウォーターと発音します。 日本語的に書けば「woter」でも良さそうなのに…f^_^;

じゃあ、なんでゆきは英語を見て自分で読めるようになったのか?

それは、幼稚園で習う「フォニックス」です。

長いので次回に続く!!

次回はいつか?  。。。。。 神のみぞ知る??

けい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月29日 (火)

伝説となる女 ケディー

先週、とても嬉しい出来事があった。

私の日本人ナース系の友達、かつ ママ友でもあるケディーさん(仮名)があの難関のIELTSをみごとパスして、RNとしてパースで働けることになった。

彼女との出会いは4年前になる。

パースに看護留学しにきていた友達の紹介で知り合った。

私が主催させていただいている(最近は開催されてないけど。。。)日本人ナースの会INパースにも来てくれて、聞けば、同じ横浜出身! ぐっと親近感が沸いた。

同じ時期に2人の子供を出産し、しかも性別も同じで子供共々仲良くさせてもらっている。

彼女はワーホリで渡豪し、その間に旦那さんと知り合い結婚、日本では医療秘書として某総合病院に勤めていたが、ずっと看護の仕事に興味があったのだとか。
結婚後、パースではケアラーとして老人ホームで働いていたが、同僚に進められこっちでRNに成ることを決意した。

私が彼女とであった時、彼女はECU(エディスコーワン大学)の看護学部の学生だった。

大学2年目と時に第1子カレンちゃん(仮名)を妊娠、そして出産。

フルタイムからパートタイムの学業に変えて、それでも、新生児をスリングに抱え、他の学生の邪魔にならないように講義に参加してたりもしたケディーさん。

カレンちゃんが大きくなってからは、うちのゆきと一緒にケディーさんの大学の近くの公園で講義が終わるまで遊びながら待っていたことだってあった。

あと1年で卒業!って時にまさかの第2子タイシ君(仮名)を妊娠、妊婦で実習中にお父様が危篤状態となり、子供を置いて日本にいるお父様のもとに飛んで帰ったこともあった。

タイシ君の出産予定日が大学の実習と重なってしまうため、やむなく大学を休学し出産に挑む。

ちなみに、うちのレイモンとタイシ君は1ヶ月違いで、タイシ君のほうが早く生まれた。

タイシ君が生まれ、そして2012年大学復学、実習をこなし、その合間に就職活動。

みごと、第1希望のプライベートの病院に内定がきまる。

実習を終え、卒業も決まって、残すは最後の難関の英語の試験。

英語を第二言語とする人はRNになる為にIELTSで各教科で7以上をとらなくてはならない。

この試験、受けてみた人にはわかると思うが、本当に難しい・・・・。

このIELTSが取れないために、大学を卒業してもナースになれずに日本へ帰国する看護留学生がたくさんいる。

育児、そして家事をこなし、子供を寝かしつけてから夜中まで勉強すると言う生活。

IELTSが取れなければ、RNになれないわけだから、当然、内定だって取り消される。

そして、最後の最後に勝ち取ったIELTS !!!

先週、結果をネット上で知ったケディーさんから、朝一番に電話がかかってきた。

「やった~~~! 取れたよ!!IELTS!!!」

電話を握り締めて、飛び上がって喜んだ。

やった! やった!! やった~~~~!!!

彼女なら、絶対にパスすると信じていた。

長かったね、5年間の大学生活。

よくがんばったね!

家事、育児、実習、アサイメント、そして、英語の勉強

そんな彼女のめまぐるしい生活を知っていたから、本当に嬉しかった。

私には言えない、他の人には見せない、彼女だけが知っている苦しみも、つらいことだってあっただろう。

本当によくやったね!

友達として、彼女を誇りに思う。


彼女の頑張りを見て、私もがんばろうと思う。

この先、看護留学を目指している人やAUSでRNになりたい人に「IELTS パスできるか?」と相談を受けたら、彼女のがんばりを話そうと思う。

自分の夢に向かって、諦めずに努力した彼女、そして、夢を勝ち取った彼女のことを。

おめでとう! そしてありがとう!

私の人生に入ってきてくれて、ありがとう!!

これからも、ナース仲間としてそしてママ友としてよろしくね。

けい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月28日 (日)

英語上達の秘訣?

海外で特に英語圏で看護師を目指す人には当然だが英語コミュニケーション能力が必須となってくる。

「どうやったら英語が上達するの?」「英語上達の秘訣」が話題になる。

人によっても方法は全く違うし、上達の過程も早さも違うので一概には「これ!!」とはいえないのが現状である。

まあ、「英語上級者」からは程遠い私が言うのもおこがましい気がするけど、

今日は私の経験から「英語上達の秘訣」を書いてみたい。

日本で通っていた英会話学校、支店が沢山あり、通い放題で1年間25万円ほどだった。

月に2万円ちょっとで通い放題となれば、こんなおいしい学校はない、

それに時間割も沢山あって、授業の1時間前までに予約すればいつでも何処の支店でも授業が受けられた。

でも、1ヶ月通った時点で、倒産してお金が返ってこなかったんだけれどね。。。

ぁ、話がそれてしまいましたが・・・。

そこでは私は毎回同じことを繰り返し話していた。

でも、毎回メンバーも先生も違うので昨日授業中に話したことを話しても誰も「それ、昨日聞いたよ」とも言われない。

しかも、初めて話すときより、2回目3回目の方がよりスムーズにそして、間違いも直されるので、正確に話せるようになった。

毎回同じメンバーで同じ先生だとこうは行かないかもしれないが、これっていわば反復練習。

1回や2回直されて、話して、自分の物になったら苦労しないんだけどね。

私の場合はこの反復方法をナーシングホームでやっている。

シャワー介助の時、レジデントに学校の話や最近あった出来事などを話す。

みんながみんな、会話が成立するレジデントばかりではないが(認知症だったり、英語以外の言語しか話せなかったりね。)数人は私の話を聞いてくれるレジデントがいる。

レジデントの他にはスタッフにも話す。

休憩時間や2人で一緒に行うケアの時など、決まって学校の事などを聞かれるので、また同じ話題を話す。

あとは近所の友達とか、ネイティブの友人とかにも話す。

話せば話すほど、スムーズになってくる。

気がつくと、同じ話題を4~5回している事に気がつく。

でも、相手が全部違うので、気にならない。

この方法、結構良いですよ!

学校に行っている人などは、先生や友達、家に帰ってシェアメイトや彼氏やホストファミリーに話したり、とにかく同じ話題でも人が違えば使えます!

人によって、同じトピックスでも違う反応が返ってきたりして面白い。

そうやって、自分の得意なトピックスの話を増やしていくのです!

興味があったら、ちょっと試してみてくださいね。

けい

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2006年3月 7日 (火)

英語を例えて言うならば・・・

昨日ブログで紹介したユキちゃん、この度アメリカにある企業に就職が決まり今ビザの申請中なのだとか。

ビザが下りれば今の勤め先を退職し、来年からの勤務になる。
前途洋洋のように見える彼女の口からこんな言葉が出た。
「私の英語通じるかしら?あっち(アメリカ)でちゃんとやっていけるかな?」

ぇ? 

ワーホリであれほどスラスラ話していた彼女。
「大丈夫でしょ!?」と私が言うと。

「もうワーホリなんてとうの昔の事で英語もほとんど忘れてるし・・・。」
今でも彼女は勉強しているけど、話す機会も限られているので自信がないのだとか。

そこで、こんな話になった。

英語を例えて言うならば・・・・自転車。

自転車って、一度乗れるようになると、例えば5~6年自転車に乗る機会がなかったとしても、「乗れません!!」て事ってないでしょ?
人によって時間がかかるかもしれないけど、たいていちょっと練習すればスイスイ乗れるようになるもの。

英語も同じ、一度話せるようになった人はまた話せると言う事。
英語に触れる機会が多ければ多いほど、昔の感覚も早く取り戻せる。
「あ、そうそう!!その単語使った覚えがあるよ!」
と言う感じでね。

去年の3月にパースに来た時に5年ぶりにワーホリ時代にお世話になった友人に会った。
彼はイギリス人でその当事付き合っていたドイツ人の彼女は妻になっていた。
そんな久々の席で笑いながら彼は言った。
「ぅわ~。英語へたくそになったね。」

       がく・・・・。(撃沈)

自覚はしてたけど・・・・そんなに直球で来るとは思わなかったょ。
すっかり肩を落とす私に彼がフォローを入れた。
「大丈夫!今まで使っていなかったんだもの!しょうがないよ。3ヶ月もすれば元に戻っているさ。」

それからは早く3ヶ月過ぎないかな~と思いながら毎日を過ごした。
本当に不思議なもので、日々の生活の中で昔覚えた単語やフレーズなどが少しずつ頭に蘇ってきた。

じゃ、まだ自転車に乗るコツをつかんでない人はどうすればいい?

転ぶ事を恐れないで練習あるのみです!
転んだ数だけ上達していくのです!!
ひざやひじに出来た擦り傷は勇気努力の勲章です。
散々転び、「もう、自転車なんか乗れなくてもいい!!」
と自転車を放り出したくなる時はちょっと想像してみてください。

自転車にかっこよく乗れている自分を。

もう少しです!
コツさえつかめれば、立ちこぎだって出来るようになりますよ!!

初めて自転車に乗れたときの喜びや頬に受ける風の気持ちよさをあなたはきっと忘れないでしょう。

なんか自転車の話なのか英語の話なのかよくわからなくなってきましたね。
英語や自転車は生活になくても生きていけます。
でも、英語も自転車も使えるようになれなれば人生はもっともっと楽しくなるし行動範囲ももっともっと広がっていくと思います。

けい

| | コメント (6) | トラックバック (1)