妊婦生活

2009年9月 6日 (日)

きた~~~!!

夜中の12時ちょっとすぎに『おしるし』がありました。

おしるし:子宮口が少し開き、卵膜がはがれて少量出血すること

その後、整理痛みたいな痛みが、定期的に襲ってきています。。。

   これが陣痛か?

旦那P助は昨日一日偏頭痛でベットで寝てすごしたので、私の隣で本を読みながら『産まれそう?陣痛みたいな痛み?』と聞いてきます。

陣痛なんて体験した事ないんだから、これがそうなんてわからないよ。。。

でも、なんだかそわそわして、うれしそう。

私もなんだか緊張して、寝ようとしても、次にいつ痛みが襲ってくるかどうかわからないから寝れなくなってしまった・・・。

で、今これを書いてます。

昨日は野菜を買いにマーケットに行きたかったんだけど、P助の具合が悪くて断念。

ま、いいか。 明日もあるしと思い、ずっと気になっていたキッチンリビングのモップかけをした。

ベットルーム、コンピュータールームは先週のはじめにやっておいた。

キッチンとリビングは引っ越してから一度もモップをかけていたなっかのがすごく気がかりで、2時間かけて、やっと終わった時にはスッキリ!

何とか間に合ってよかった。

赤ちゃんが生まれたら、当分モップかけなんて出来ないもんね。

そういえば、産休に入る時に同僚に聞かれたことがある。

『産休入ったら何するの?』

Kay「そうね、掃除するかな?」

同僚「そんな焦ってやらなくてもいいよ!産まれる1週間前ぐらいになるとね、掃除したくてたまらなくなるから。私なんてきれい好きなほうじゃないけど、うちの子が産まれる前に掃除がしたくなって朝5時起きして、天井から床まで磨いたもんね。あなたもきっとそうなるからそれまではゆっくりしていたほうがいいよ!」

母親学級でも、同じような事を習った。

これを「ネスティング」というそうだ。

本能の中に巣作りをして、赤ちゃんを迎える準備をする遺伝子がちゃんと組み込まれているのかもしれない。

これ書いている間、約10分間隔で痛みが襲ってくる・・・。

この痛み、いつまで続くのかしら?

寝れないからご飯でも炊こうかな?

けい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 4日 (金)

も~~~ぅ、いいかい?

本日、出産予定日です。

何事もなく、平穏に一日が終わろうとしています。

朝起きて、旦那P助が『今日が予定日だよ~~~!!出ておいでぇ~!』とお腹の赤ちゃんに呼びかけてました。

続いてご近所のFちゃんがやってきて『どう?産まれそう?』と。

   ぃぇぃぇ、、、全くその気配ございません。

その割にはお腹の中でごにょごにょと動いてますが。

Fちゃんも『今日が予定日だよ~!出ておいで。週末は私が仕事だから月曜日か火曜日に出ておいで。』とポンポンと私のお腹をたたきながら注文つけていました。

  お腹の赤ちゃんは『ほっといて頂戴!』とばかりにマイペース。

お昼ちょっと前には同僚からも電話が入った。

『もう、いつ生まれてもおかしくないんだから買い物は一人で行っちゃだめよ!』と忠告を受けました。

一昨日、友達に付き添ってもらい、しこたま食べ物を買ったので、冷蔵庫、冷凍庫は食べ物でいっぱい。

当分、買い物しなくてもよさそうな感じ。

リサーチによると、出産予定日に産まれるベビーの比率は5%なのだとか。

それ以外の95%のベビーは遅かったり、早かったりするのが普通で、赤ちゃんの準備ができた時に出てくるから心配するなと書いてあった。

母としては「も~~~ぅ、いいかい?」の気分ですが、赤ちゃんにしてみれば「まぁ~~~だだよ~~!!」って気分なのでしょうね。。。

待ち人遅し・・・です。

  けい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 2日 (水)

蒙古はん

日本の友達が送ってくれた『妊娠・育児の雑誌』をパラパラめくって読んでいたら、赤ちゃんのお尻が目に入った。

プリプリしていていてすごくかわいい。

そして、そのお尻には『蒙古はん』が写っていた。

そうだ、そんなことすっかり忘れていた。

私達、日本人はモンゴロイド系なので、この『蒙古はん』はおなじみ。

でも、ずっと昔に、外国でこの蒙古はんを見た医療者が親からの幼児虐待と勘違いして警察に通報されたと言う事を聞いたことがあった。

そっか、見慣れない人から見たら「蒙古はん」も『青あざ』も区別付かないもんね。

ちょっと心配になって、旦那P助に『蒙古はん』の話をした。

産まれてくる子は日本人とオージーの血が半々なので、当然『蒙古はん』だって出てくる可能性もある。

『もし、生まれてきた赤ちゃんのおしりや背中に青あざのようなものが付いていても驚かないでね。それは『蒙古はん』と言って、モンゴロイド系のご先祖様の名残なんです。決して虐待の後などではないので勘違いしないでください。ちゃんと大きくなると消えるから、誤解しないでね。』

こんな説明でわかってくれたかどうかはわからないが・・・。

上のような誤解が生じた時にP助が理解してくれていれば、何とか説明してくれるだろう。

蒙古はん・・・とうの昔に忘れていたよ。

さて、生まれてくる子供には付いているのかな?

今から楽しみです。

 けい

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年9月 1日 (火)

宮部みゆきにはまってます

ちょっと更新が遅くなってしまいました。

  もしかして? 赤ちゃんが生まれちゃったのかも?

     だから更新できなかったのかも?

なんて、ご心配おかけしちゃったりしてました?

  え?いつもの事だから心配していなかったって?

スイマセン・・・。

赤ちゃんはまだ、お腹の中にいます。

先週末から、ソケイ部(腿の付け根の)痛がひどくなり、歩くにしてもすぐにお腹が張るし、体は重いし(それは元からなんだけど・・・)だるくて、だるくて、全身ムクムク(浮腫)です。。。

少しずつ赤ちゃんが下りてきているのはわかるので、たぶんもうすぐ?

  で、そんな体調の中、毎日何しているのかというと、調子のいい時は掃除したり、ベビーベットのシーツを作ったり、洗濯したり、料理したりと色々家事全般をしているのですが。

体が思うように動かないので、掃除機をかけるだけでも1時間以上もかかってしまいます。。。

疲れやすくなってきているので、午後はお昼寝をかねて、ベットの中で本を読んでます。

今年からずっとはまっているのが、『宮部みゆき』の作品で、友達から借りた『名もなき毒』を読んで以来、はまってます。

4月に結婚式の為にパースに来てくれた兄に頼んで買ってきてもらった『ぼんくら』『レベルセブン』。

7月に日本から送ってもらった『長い長い殺人』『龍は眠る』。

そして、ご近所のFちゃんに貸してもらった『模倣犯』もついに完読しました。

『模倣犯』はハードカバーの上下巻で読み応えばっちり!

毎晩読み出すと、止まらずに、夜中遅くまで起きて読んでました。

この人の作品は毎回趣向がちがくて、読者を飽きさせない。

読み出したら止められないという、読者を物語に引き込む文章力、さすがです。

あと、手元に2冊読んでいないのがあるので、赤ちゃんが出てくるまでの間、楽しみたいと思います。

けい

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年8月25日 (火)

39週目

今週末から39週目に入ります。

いよいよ!いよいよです!?Kay_28w_004 39w_008_2

左:妊娠28週

右:妊娠38週

Kay_28w_005 39w_010

出たね。

もう、これ以上ないくらいに出たね。。。

もう37週目以降は正産週期なのでいつ生まれてもいいんですって!

でも、そんな気配もなく、赤ちゃんは以前お腹の中でぬくぬくとしている様子です。

先週の健診でちょっと血圧がいつもよりも高め?(140/70)ということで、来週も一応経過観察に来てと言われ、昨日も検診に行ってきました。

血圧は正常に戻っており、尿検査も問題なく、その前に受けた膣内感染のスワブもネガティブだったので、破水してもあせって病院来なくてもいいからと言われた。
(このスワブが陽性だと、破水した時に赤ちゃんにも感染する可能性があり、重篤の肺炎になるケースがあるらしい。もちろん、抗生剤をだしてもらい出産前に治療します。)

助産師さんは『全然問題ないわね~!赤ちゃんもちょうどいいサイズだし』とニコニコしながら私のお腹を触る。

そうですか・・・。 「日本の友達からは『太りすぎ』と脅かされて、赤ちゃんちゃんと出てくるか不安なんです。」と打ち明けると、笑いながら、

     大丈夫よ~~!!

ちゃんとしたに下りてきているし、骨盤も出産の時には今よりも30%は開くから、スタックするなんてありえないわよ! 

それに骨盤空を通れないほど大きかったら赤ちゃんも下に降りてこないし、大丈夫よ!

と励ましてくれた。

今度の健診は2週間後の9月7日、なんと出産予定日の3日後です。

陣痛が始まるまではただ待つだけだし、次の健診までに陣痛が来なければ促進剤を使うための手続きをしましょうと言われた。

それまでに、お産が始まったり、なんか変わったことや、不安な事があったらいつでも電話してね。と言われ家に帰された。

すごくのんびりなのね・・・。

旦那P助は『明日は仕事が暇だから、明日出てきてもいいよ。』と昨日の夜にお腹の子に呼びかけてました。。。

この人って、面白い。

ゆっくり待ちます。

 けい

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年8月18日 (火)

こんなの作ってみました~! ベビー用品編

産休中、ただ何もせず、過ぎていく毎日。

とっても暇です。

で、何をしているのかと言うと、気が向いたときにこんなものを作ってます。

Jpns_party_007 「オムツ替えシートのカバー」

です。

シート自体はプラスチックで覆われていて、肌触りが冷たいので、ネル地のかわいい柄を見つけたので、作ってみました。

って、言っても四隅をあわせて縫い合わせる簡単なものなんです。。。

汚れた時の為に「換え」も同じ柄で作ってみました。

Axcel_009

続いては、『スタイ(涎掛け)』

無料の型紙をインターネットで見つけたので、そこから型紙をダウンロードして作りました。

表はコットンでかわいいもの、裏はネル生地やタオル生地、フリース生地などにして、縫い合わせてひっくり返すだけ。

とっても簡単。

Axcel_011 もちろんリバーシブルとしてでも使えます。

Axcel_013

柄も変えて、こんな感じに仕上がりました。

旦那は『すぐに大きくなるから、今度はもう少し大きめに作ったら?』と。

はい。

そうします。

今度は少し大きめのオムツカバーを作ろうかな?

参考にしたホームページはこちらです!

『ハンドメイドのココロ』

けい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月14日 (金)

Are we ready?

産休に入って約3週間が経とうとしている。

相変わらず、だらだらと過ごしている毎日。

でも、赤ちゃんを迎える準備は少しずつ進んでいる。

この間はベビーマーケットで、コット(ベビーベット)を買った。

Baby_shower_010 よく見ると下に一つ引き出しが付いている。

マット付きで180ドル。

ベビーベットって大人のシングルベットより高いんだよね。

普通に新品を買うと500ドルはくだらない。

P助がせっせと組み立ててました。

続いて購入したのが、こちら!

Axcel_015 チャイルドシートです。

これがないと、病院で出産しても車で帰ってこれませんからね。

チャイルドシートにはカプセルと呼ばれる、小さなコット型のタイプと、幼児期まで使えるものがあるんだけど、カプセルタイプは新生児~6,7ヶ月までと試用期間が短い、でも、カプセルごと移動が可能なので、目的地についても赤ちゃんを起こすことなくカプセルごと持ち運べてとても便利。

別にカプセルを乗っけられるようなベビーカーも売ってたりするからそれと併用して使えばかなり便利?かも。

ちなみに、レンタルもあります。

子供が大きくなったら幼児用のチャイルドシートも購入しないといけないので、私たちは新生児から幼児期まで使えるチャイルドシートを購入する事にしました。

チャイルドシートも高いんだよね・・・。

新品は最低でも360ドルはするの。

チャイルドシートぐらいは新品で購入する?とP助と話していたが、ベビーマーケットに行った際に購入しようと思っていたブランドの品が3ヶ月のみ使用で半額で売っていたので、これに決めました。

以上で大まかなものは一応そろった。

入院時に必要なものもスーツケースに入れて、いつでも病院へ行けるようにした。

スーツケースに真っ先に入れたものは、病院でもらった『入院時に必要なものリスト』には書いていない、『ちょっとつまめるお菓子、飴玉類』でした。

 え? 遠足じゃないんだからって?

だって、パースにはコンビにもそんなにないし、夜中に入院になったらひもじいかな?と思ってね。

それを見た旦那が、『そのお菓子類入院時まで持つの?その前に食べちゃいそうだね。』と鋭い突っ込み。。。

   大丈夫!

また時期を見て買い足しますから!

さぁ!いつでもどんと来い! わが子よ!

  けい

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2009年8月 5日 (水)

受胎告知?

不思議な夢を見た。

それは去年の8月20日、旦那にその夢の話をした時に彼がカレンダーに印をつけたので、今でもよく覚えている。

夢の中で、私は声を聞いた。

その声は女の子とも男の子ともどっちとも言えないような色合いの声で、私にこう言った。

   『あなたのお腹に小さなプレゼントをおいておいたからね。』

夢から覚めても、その事ははっきり覚えていた。

旦那と夕方散歩に行くときにその話をした。

その月は予定通りにちゃんと生理がやってきて、少しがっかりしたのを覚えている。

そして、その夢の4ヵ月後に私は赤ちゃんを授かった。

今考えると、すごく不思議。

予定日より2週間早ければ、8月20日に生まれる事になる。

あと2週間で本当に生まれてくるのか?

それともこれは単なる偶然?

今からちょっと楽しみです。

何はともあれ、元気に生まれてきてね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月 3日 (月)

妊娠36週目

産休に入って1週間。

今週妊娠36週目に入ろうというところです。

依然として増え続ける体重。

どこまでも、大きくなるお腹。。

浮腫む両足。。。

日本なら絶対に登校拒否ならぬ検診拒否になってそう。。。

この間は体重が100キロを超える夢を見ました。。。

本当になりそうで恐ろしい。

今日は助産師さんの検診に行ってきました。

お腹の中の赤ちゃんはますます元気で、蹴りもいっそう強くなりました。

内側から肝臓あたり(右肋骨の下辺り)を蹴られる、と言うよりも足をストレッチするような感覚で踏み込むと、思わず「ぁぅ・・・」と言ってしまいます。

赤ちゃんが寝返りを打つと、お腹が波を打つようで、その姿はまるでエイリアンが出てくる前の瞬間のようです。。。

そうそう、それで、健診の話だったね。

いつものように、子宮底から子宮口の長さをはかり、ドプラーで赤ちゃんの心音を聞く助産師さん。

ドプラーを当てる時間がいつもよりも長く感じた。

心音を図り終えると、助産師さんが

『赤ちゃんがいつもより頻脈だね。問題ないと思うけど、念のためCTG(Cardiotocograph:胎児心拍陣痛図)取って見てくれる?』とアセスメントユニットにすぐに予約を取ってくれた。

行くと、カーテンで仕切られたベットの上でさっそくおなかに二つのファンデーションのコンパクト見たいな丸いモニターを2つつけられ、胎児の心拍図を取る。

「胎動を感じたらこのボタンを押してね。」

とスイッチを渡され、べっとに横たわる事30分。

途中で看護師さんが赤ちゃんを起こすために水を飲んで~とお水を持ってきてくれたりした。

途中でお腹の中の赤ちゃんが「しゃっくり」を始めたので、これも胎動に数えていいのかな?としゃっくりにあわせてスイッチを押し続けた。

モニターからはあの心電図で使うようなオレンジの線が入った用紙に胎児の心拍数と私がスイッチが押した時に記される矢印がプリントされて出てくる。

看護師さんの話では胎児が動くのに伴い胎児の心拍数もあがり、少したつと落ち着いてもとの心拍数に戻るのが普通で、私の赤ちゃんもモニターを見る限りでは全く問題ないとの事。

「たぶん、受診の時に胎動が激しくてそのまま落ち着くのを待たずにドプラーで心音を図ったから頻脈だったのでしょう」と話してくれた。

とにかく何事もなくて一安心。

もう、臨月に入ったので、今週から健診が2週間後になる。

早く生まれるように、ラズベリーリーフティーをせっせと飲む毎日です。

けい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月31日 (金)

ラズベリーリーフティー

助産師さんに、ラズベリーリーフティーを飲むとお産が軽くなると進められて、早速買ってきました。

Jpns_party_010

子宮を収縮する作用があるので、オーストラリアでは妊娠36週以降に飲むようにと進められているが、イングランド(英国)では32週あたりから飲むように進めているとの事。

初産婦の場合はたいていが出産予定日より遅くなるので、早めに飲むように進められた。

鉄分、カルシウム、ビタミンC、そしてミネラルも含まれていて1日3~4杯飲むようにと進められた。

早速買ってきて、飲んでみた。

ラズベリーと言うから甘い香りを想像していたが、なんだか漢方を薄めたような匂い。。。

味は独特ではなくて、飲みやすいって言えば飲みやすいかも?

果たして効果はあるのかしら?

楽しみです。

けい

| | コメント (2) | トラックバック (1)