親ばか日記

2017年1月25日 (水)

夏の水泳教室

2週間のVacSwim(水泳教室)が終わりました!
二人ともよく頑張った!
母ちゃんも頑張ったよ!



二人とも毎日泳いだせいかすごい上達しました!
ゆきは苦手だった横泳ぎで顔が沈まなくなったし。





レイモンドはクロールが5m泳げるようになった。





ゆきは去年のバックスイムではステージ6だったけど、継続は力なり!1年間でここまで来ました。

オリンピックには程遠いけど(ゆきに闘争心がない)夢じゃないかも?!
親バカ。笑

けい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月15日 (土)

春が来た!

パースにも春がやってきました!!
夫婦の寝室から見えるフロントガーデンのバラが咲き始めました。
それを子供達が見て「あの赤いのはマミーに、もう一個の赤いのはダディのね!」と窓越しに話してるのを見て、幸せだなぁと思います。

その後にキッチンで洗い物をしていたら、息子が摘んできた(と言うよりもボッキリもぎ取ってきた)赤いバラを片手にパティオの入り口から顔を出し
「マミーにこれあげるよ。」
と満面の笑顔で言われたら、そりゃぁキュンとくるでしょう?!😍😍😍
子供は教えなくても親を幸せにする方法を知ってるんですね〜!






こんな良い子達が私達夫婦を選んで生まれてきてくれて、本当に感謝です。
とっても幸せな土曜日の午後でした💕

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月10日 (水)

恐るべきひらがなマシーン!!

 
子供チャレンジ、ホップをとっている。

3-4ヶ月に一回爺児の家に届けられた物を送ってもらっている。

この4月号には「ひらがなマシーン」というのがついていて、このマシーンに毎月ついてくる付属のカードをセットして遊びながらひらがなを覚えるというもの

マシーンにはひらがな五十音と濁点や丸、録音、再生機能までついていて、打ち込んだひらがなを読み上げてくれる(棒読みだけど)

今日の午後、レイモンが昼寝中に一緒にひらがなマシーンで遊んでいたら、

ミミりん(うさぎのキャラクター)が「今日は何で遊んだの?」と言う質問に


「ゆきわつみきれあそんたよ」


と黙々と打ち込んで、再生して見せたのだ。

ビックリexclamation ×2

「ゆきは つみきで あそんだよ」
と打ちたかったんだと思う。

でも、濁音をどうやって打つのかをまだ教えていないので、濁音やぱ などの丸がつく文字、ちゃ、ちゅ、ちょなどの小さなやゆよがつく文字も打てない。

でも、ちゃんと文章になっていることにちょっと感動した。

もう、こうやって、話す言葉を文字にして(まだ書けないけど)伝えられるのだ。

子供って成長が速くてビックリexclamation ×2

けい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 4日 (水)

ちゃんと見てるのね

最近と言うか、ここ1ヶ月の間に同じような事があって、もしかして? うちの子すごいかも?と思うことがあったので、書きます。

って、単なる親ばか日記だから~!

それは、ゆきがお友達とそのお友達のお母さんを親子だとちゃんと認識していると言う事。

子供って、見ていないようでちゃんと見てるんだね。

それは1ヶ月前のこと、毎週金曜日に行っている日本人のプレーグループでの出来事。

ゆきがお友達と、おもちゃなどで遊んでいる時、誰かの靴を持って歩いているのを、少しはなれたテーブルでお茶を飲んでいた私は見つけた。

「あれ?ゆきの靴が脱げたのかな?」と思ってよく見ると、ゆきはちゃんと靴を履いている。

  ?じゃあ、誰の靴?

と、不思議に思っていると、ゆきがその靴を持って、もう一つのテーブルでお茶を飲んでいたお母さんの所に持っていくではないか。

そのお母さんも、ゆきが靴を持ってきたのに驚いて、私を見て、目が合った。

「それ、Mちゃんの靴ですか?」と私。

Mちゃんのお母さん「そう!Mの靴だわ!ゆきちゃん、ちゃんと私がMの母親だってわかってるんだね!すごいね!」と言った。

私は、単なる偶然だと思って、『そんなこともあるんですね~』ぐらいにしか思ってなかったんだけど・・・。

そして、今日、私が住んでいるサバーブの日本人プレーグループのお友達がうちに集まって一緒にランチをした時の事。

ランチも終わり、帰り私宅を始めたMさんに(同じMさんでも違う人です)ゆきがMさんの息子さんM君のズボンを渡すではないか。

Mさんは感心して

「ゆきちゃん、これが、M君のズボンと分かっていて、それに私がM君の母親だってことも分かってるなんて、すごいね!」

と言った。

どうやら、ゆきは誰が、誰のお母さんかをちゃんと理解しているみたい。

普段、マイペースでのんびりしてるのに、見てるところは見てるんだなと、

ちょっと、侮れないぞ!うちのゆき・・・。

と、思った出来事でした。

けい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

立った!

2日前から東京から私の兄が帰ってきた。

今回はゆっくりと私とゆきが秋田を発つ日までいられるらしい。

ゆきは私のお兄ちゃんが来て大喜び、暇さえあれば兄の足元まではいはいしたり、一緒に遊べと催促したり、おかげで私は羽が伸ばせます。

兄は兄で、小さい子犬でも見るように、いろいろちょっかい出したり、楽しんでいるみたい。

で、今日の出来事。

リビングルームで遊んでいて、ゆきがいつものように床に座っている私のひざを上り始め、立ち上がった。

いつもなら、私の両肩につかまりながら、にこっと笑ったり、私の顔まねをしたりして遊ぶのだが、今日は私の両肩から自分から手を離した。

       そして、1~2秒だが自分で立ったのだ。

私はびっくりして

「お兄ちゃん見て!!ゆきが立ったよ!」と私の後ろのテーブルで本を読んでいた兄を呼んだ。

その声にびっくりし、ゆきはとっさにしゃがんでしまったが、その次の瞬間もう一度しゃがんだ姿勢からすくっと立ち上がった!!

   !!!!!!!!おぉ!!!!!!!!!!

今度は兄も一緒に見ていた。

「お兄ちゃんビデオカメラ!ビデオカメラ!!早く早く!!」

とビデオカメラをセットするが、ゆきはもうすでに他の事に興味が移っており、カメラの前で立ち上がることはなかった。

すごくうれしかった!

今度はいつ見せてくれるんだろう?

当分ビデオカメラは手放せません!

けい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月30日 (木)

今度はバイリンガルかよ!?

このところ、頻繁に更新しているから、久しぶりに覗きに着てくれた人には、

  『いったいどうしちゃったの??』

と言う感じでしょうか?

それとも、

  『実家で暇なのね』

と、思われちゃってますかね?

まぁ、どちらも正解です。

さてさて、娘ゆきの話ばかりでごめんなさい。

でも、書きたいから書きます。

今日のお昼過ぎに50m先にある伯母の家にゆきを連れて遊びに行った時のこと。

ほぼ毎日のように伯母の家にゆきを連れて押し掛けているので、ゆきも伯母の家になれたのか、居間に続く伯母ちゃんのベッドルームや居間と繋がっている書斎兼スペアルームなどをハイハイで探検して回る。

まるで猫みたい。

一通りゆきの冒険が終わり、居間で伯母ちゃんが入れてくれたお茶を飲んでいると、ゆきが私登り(私の腿、胸、肩と掴み立ち上がる。時には私の腿の上に立つことも)を始め、私の肩越しに

  『あい~~~~!!』

と、叫んだ。

私と伯母は顔を見合わせ笑い転げた。

ゆきが叫んだそれは、秋田で婆達が言う「あい~~~!」とそっくりだったからだ。

標準語で言えば、そうね、「あら~~っ」と言うところかな?
驚いた時などに感嘆語として使う。

『いったいどこで覚えたのかしら?』

『それとも偶然?』

推測するからに、親戚の婆達に会うと必ずこの

『あい~~~』で始まるし。

スーパーで買い物していても、買い物カートに乗ったゆきを見つけると

『あい~~~~』と言いながらやっぱり婆達が寄ってくる。

大抵、その後に『赤ちゃん、めずらし!』『めんこい(かわいい)赤ちゃんだこと~』と続く。

それが、耳についちゃったのかしら?

ついに秋田弁もしゃべりだした?うちの娘、秋田弁と標準語で早速バイリンガル?

今度、「すかたね~。(しかたない)」と教えてみようかしら?

お菓子なんかをもらった時に

「あい~」と繋げてさ、「あい~、すかたね~。(あら、すいません)」と赤ちゃんが喋ったら、かわいくない?

目指せ!ダニエル・カール、女版!

ぁ、あの人はお隣さん(山形県)だったわ。

母と爺児の特訓は続く?

けい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月29日 (水)

恐るべき快挙?

昨日の続きです。

伯母が着替えて出てくるのを受付のホールでゆきにミルクを飲ませながら待ってました。

伯母が着替えてホールに来て、ゆきもミルクを一気に飲み干しパワーが回復、でも外はあいにくの雨。

ホールで少し雨宿りをしていました。

ゆきをホールの床の上に置くと、階段の下にある黄色い視覚障害者のための点字ブロックへとまっしぐら!

そう、ゆきは凸凹した物やボタン、ねじ穴などの指が入りそうな穴が大好き!

しばらく、点字ブロックを触っていたかと思うと、おもむろに階段を上り始めた。

          え?

あわてて、落ちないようにゆきの背後に回り見守る。

ゆきは1段目、2段目、3段目と階段に手を突き、それに合わせて右足を1段目にかけ

   よいしょ!

と、踏ん張り左足を引き上げる。

そして、1段、また1段と階段をハイハイで登っていくではないか!!

途中つかれたのか、後ろにお尻をつこうとするが、もちろんお尻をつけるスペースなんかないし、つこうとしたら後ろに重心がかかって階段から転げ落ちてしまう。

ゆきは両手を階段にかけた状態で少し呼吸を整え、また階段をよじ登っていく。

言っておきますけど、ゆきは1ヶ月前にようやく前にハイハイが進むようになったわけで、もちろん階段なんてハイハイさせたこともないし、いつも抱えて歩いてました。

いったいどこまで行くんだろう?

   がんばれ!がんばれ!と声かけながら、万が一後ろにひっくり返った時の為に両手をゆきのお知り近くにスタンバイ。

とうとう、ゆきは12段の階段を登りきった。

その階段はそのあと、右に折れて7~8段ほどで2階にあるジムへと繋がっている。

これでやめるかな?と思いきや、踊り場を右方向へ移動し上の階段も登ろうとするではないか!!

上まで登らせてあげたかったけど、プールで泳いだ後だったし、雨も小降りになってきたので、家に帰ることにした。

昨日の出来事が信じられず、父の家の階段でチャレンジさせてみる。

父の家の階段は市民プールの階段よりも幅が広く、1段1段の高さが高い。

どうしても、登るときに頭が上の段にぶつかってしまう。

でも、それも最初のうちだけ、午後には頭をぶつけずに階段を登りきる。

しかも、2回も。

登りきると、今度は頭から降りようとするので、今度は降り方を教えなくちゃ。

パースの家の階段は3段しかないので、きっと物足りないだろうな。

今のうちに思う存分階段登りさせてあげようと思う。

まだお尻が重くて、ぼてぼてっとしたハイハイだけど、今では障害物も何のその!ちゃんと手で押しのけて、時には障害物を乗り越えて突進していく、なんとも勇ましいゆき。

明日はいったい何をやらかしてくれるのか?

楽しみです。

けい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月28日 (火)

屋内プールで!

日本に帰国し、秋田に来てからの娘ゆきは目を見張るような成長を遂げています。

まるで乾いたスポンジのように、毎日いろんなことを吸収し、毎日爺児(じいじ)と私、時には私の伯母や親戚、周りの人を巻き込んで

      「あ!!!」

と言わせてくれる。

こう、次々にいろいろ出来ることが増えると、普段冷静?な私でも

       『うちの子天才!!』

と思わずにはいられなくなる。

もう、完全に親ばかだね!!

で、今日は何をやらかしてくれたかと言うと。。。

プールでバタ足で泳ぎました!

日曜日にリサイクルショップで購入した50cmの浮き輪(60円)を持参して隣町の屋内プールに行きました。

毎週私の伯母が火曜日と金曜日にそこでウォータービクス(水の中でエアロビクスのようにエクササイズをする)をやっていて、見学がてらゆきと水遊び。

まだ出来たばっかりの屋内プールで、メインの水泳コースの他に歩行用プール、スキューバーダイビングの講習も出来る潜水プール、そして、深さ50cmの幼児用プールがある。

平日のお昼過ぎのプールは人が少なくて、快適だが、ゆき以外に幼児を連れてプールに来る人が少ないようで、1回も他の幼児を見かけない。

こんなに素敵なプールがあるのに、もったいない。

しかも幼児無料だし。

オーストラリアでは1歳以下のベビースイミングクラスも沢山あり、1歳以下でもプールに行くのは当たり前だ。

早い時期に水に慣れさせる、そして泳ぎ方を教え水難事故を防ぐ為らしい。

秋田では1歳でプールに来るのは珍しいと伯母が言っていた。

ゆきはトイレトレーニングも始めていないので、プールに入るときはお水遊び用オムツ着用が必須となる。

横浜にいるときにお友達からお水遊び用オムツ(3枚1パック)をもらったのでとても助かりました!!
Mちゃんありがとう!

そのオムツも使い切り、新たに探すが季節柄か、水遊び用のオムツがどこのドラックストアに行ってもおいてなくて、スポーツ用品店、赤ちゃん専門店といろいろ回ってみたが手に入らなかった。

結局旦那P助に電話し、今日、速達で送ってもらった。

送料、55ドル(速達料金)・・・・。

高いオムツとなった。

今週末までには届く予定。

パースなら普通のスーパーに1年中置いてあるのに。

別に腐るものじゃないから、日本でも1年中置いてくれてもいいのにね。

そうそう、ゆきの話でした。

でね。

浮き輪をゆきにかぶせて、ゆきの両手を引いてプール内を歩いた。

ゆきは嬉しそうに足をばたばたさせて喜んでいた。

私の伯母はもちろん、ウォータービクスのインストラクター、そのほかの生徒たち(みんなオバサン)からの注目を一身に浴びてゆきは大はしゃぎだった。

そして、そのプールから出て着替え終わって、ミルクを飲んだ後のこと。。。

ゆきがまたまたすごいことをやらかしてくれたのです!

つづく

けい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月26日 (日)

喋るんです?

7、8ヶ月の頃から『マムマムマム』『ダダ、ダッダ~』と言ったり、ムニャムニャと宇宙語を話していたゆき。

発語はあっても、それに対する意味はないのだと思っていた。

時々「おとーさん」と言ったりしてたけど、やっぱり偶然なんだと思っていた。

4日前の出来事、朝食が終わって私が後片付けをしている間、爺児(じいじ:私の父)がゆきとお手玉を使って遊んでいた。

爺児が「はい、どーぞ」と言ってお手玉を差し出すと、ゆきが受け取る。

そして、今度はゆきが爺児にお手玉を渡す。

      ゆき「どーじょ」

 ・・・・・・・・・・・・・?

ぇ?   今、どーぞって言った?

まさかねぇ~。

偶然偶然!!

5日前、私の伯母と公園にピクニックに出かけた時、伯母がゆきが「よいしょっ」と言った!と言ってきた。

またまたぁ~~~!!

たまたまそういう風に聞こえただけだよ~!

なんて、その時もやっぱり気のせいだと思っていた。

でも、やっぱり喋っているんです。

洗濯物を干しに2階へ行った時の事。

ゆきは天井から吊り下げられている物干し竿の下で遊んでいた。

衣装ケースにつかまりゆきが立ち上がろうとした時、

    「ょぃしょ!」

!!!!!!!!!!!!!

確かに、よいしょと言っていた。

朝食を食べる時も、トーストを欲しがるゆきにベビーサインを教えようと

両手の指先を軽く閉じたまま、トントンと触れ合わせる、「もっと」と言うサインを見せながら、「もっと?」「もっと食べる?」と聞くと、両手を合わせながら「もっと」と言うではないか!!

いつもいつも言うわけではないが、ちゃんと分かって喋っていることがわかって、すごくうれしい!!

今のところ、

「おとー(かー)さん」

「よいしょ」

「もっと」

「どーぞ」

と、ゆきの口から聞くことが出来た。

これからどんなことを話してくれるのか、とっても楽しみ!

これで、我が家はいっそうにぎやかになりそうです。

けい

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年9月25日 (土)

憧れの後追い!

最近のゆきの成長には目を見張るものがあります。

1歳の誕生日の少し前からやっとハイハイで前に進むようになり(それまで3ヶ月間後ずさりしていた)、今ではつかまり立ち、そして伝い歩きもしっかりしてきました。

でも、まだ一人で立つことはできません。

もう少しだね。

立ち上がることが楽しいらしく、私の膝元までハイハイしてくるとそのまま私の腿、腕とつかまり、立ち上がります。

そして、誇らしげににっこり!と笑顔を作るゆき。

そして、ハイハイをするようになってから、ついに後追いが始まりました!

私のひそかな夢だった『後追い』

私の姿が見えなくなると不安になり泣き出すゆき。

私の姿を見つけるとなきながら一生懸命ハイハイして足元までよってくるけなげな娘の姿を見ると、胸がきゅんとしてしまいます。

もっとハイハイしている姿を見たくて、私も後ずさり。

泣きながらも、必死でついてくる娘。

萌える~~~!!

ハイハイのレベルUPを図るため、ゆきがハイハイしてくる道のりに障害物を置いてみたり・・・(私って意地悪?)

時々うざい時もあるけど、大きくなったら私に見向きもしてくれなくなるのだろうから、このときを思いっきり楽しむことにしよう。

けい

| | コメント (0) | トラックバック (0)