VISA関係

2011年9月14日 (水)

永住権GET!

先週郵便局から書留の不在通知が届いていて、ゆきを連れて郵便局まで書留を取りに行った。

中身は、私の予想通り、PR(永住権)がおりましたよ~!と言うお知らせの通知。

5年後の更新までは何回でもAUSと国外を行ったり来たり出来るし、期限を気にせずパースに滞在できる!

早速、コピーをナースマネージャーに届けた。

これで、今の職場のRNのパーマネントポジションがもらえるはず。
そしたら、産休中に職を失う心配もなくなる。

アンだけやきもきしてたけど、ほっとしました。

沢山のアドバイス、励まし、ありがとう!

けい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月 6日 (水)

やれやれ・・・

昨日、やっと、永住権(結婚ビザ)の第二申請書を郵送してきた。

    もちろん、速達で!

前回、

『スポンサー用(旦那が書くはずだった書類)の書類と申請者用(私が書くはずだった書類)の書類を取り違えて書いてしまった。』

話をしたよね。

で、次の日メルボルンにある移民局のオフィスに電話したんだけど、当然留守電で、メッセージを残しパースの移民局に行きました。

メルボルンのオフィスにメールするって言う手もあったんだけど、
「メールの返事が届くのにウィークデーで5日間かかることもあります。」
と、注意書きがあったので、即却下。。。

だって、そんなにまっている間に提出期限が切れてしまうもの。

パースの移民局の受付の人に事情を話すと、

パースの移民局にはこの書類は置いていないとの事、

その代わりに解決法を教えてくれた。

解決方その一、

「GOOGLEでこの書類の名前を入れれば、出てくるわよ。」だって。

前日の夜、夜中まで、散々イミグレのHPを隅から隅まで探したのに!!

それでも、見つけられなかったのに!!
ググって出てくるものなの?!

(家に帰ってググって見ましたが、やっぱり出てこなかったよ・・・。)

解決方その二、

「それか、この(スポンサー用)をクロスアウトして(申請者用)と書いて、こっちのも(申請者用)をクロスアウトして(スポンサー用)と書けばいいのよ。ぁ、ちゃんとクロスアウトしたらサインもしてね。」

  だって。。。。。

そんな、なめた方法で良いわけ?

法的書類なのに?

日本なら絶対に書き直しだよね?

だって、日本で住所の番地に普通の数字(1,2,3,4、・・)と書いたら、漢字で書いてと言われて書き直した事もあるのよ!

しかも、OO町 1-2-3と書いたら、
「OO町一丁目二番地三号」と書けと言われ、

  私、ちゃんと書き直したわよ!!

オーストラリア、超適当だか細かいんだか、時々よくわからなくなる。

仕事から帰ってきた旦那P助に解決法を説明し、早速取り掛かる。

結局、申請者用、スポンサー用の紙は3枚目の書名の欄の形式以外は全て一緒なので、3枚目の署名の用紙をスワップして、ホチキスで留めなおし、指示通りに一枚目の(スポンサー用)と書かれている箇所と(申請者用)と書かれている箇所を書き直した。

これで通るのかは疑問だけど、たぶん不備があればメールか手紙が届くだろうし、最悪書類を書き直す事になるかもしれないけど、期限を過ぎるよりかはましだ。

とりあえず、提出できてほっとしている。

しばらくは、のんびりして結果を待つことにしよう。

けい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 4日 (月)

大ばか者。。。

私はまだ永住権を持っていない。。。

AUSに来て6年、結婚して3年経つのに・・・。

一緒の時期にナースとして就職した友達は病院からスポンサー付の永住権をさっさと申請して、永住権を手に入れたのに。。。

私は

    『面倒くさい』

それだけの理由で『結婚ビザ』の申請を選んだ。

でも、結婚ビザのほうが質面倒くさい・・・。

結婚ビザって、申請してもすぐにはもらえないんです。

ビザ目的の偽造結婚とか色々あるから、結婚ビザを申請しても2年待たないと永住権が下りないんです。

で、私がやっとこ思い腰を上げて申請したのが2年前の7月。
ゆきを妊娠していて、7ヶ月の頃でした。

もちろん、それまで、ビジネスビザで当然メディケア(オーストラリアの国民健康保険みたいなもの)もないから、助産師に合うのも超音波検査も全て実費・・・・。

色々書類を集めて、提出して、1週間もしないうちに『仮ビザ』が下りた。

この仮ビザは永住権とほぼ一緒のコンディション。

で、2年たつ前に、イミグレ(移民局)から送られてきた書類を記入して、AUSの警察から無犯罪証明書を取り寄せて送れば、永住権がやっと下りるという仕組み。

そう、私は、永住権GETまで後一歩の所まで来ているわけだ!


でも、やっぱり期限ぎりぎりにならないと動かない私。。。

イミグレから書類を受け取って、その日から60日以内に提出しなければならない。

その期限まであと、5日・・・。

もう、無犯罪証明書は取り寄せてあるので、書類を記入して、ゆきの出生証明書のコピーと妊娠しているという診断書のコピーをつけて提出するだけ。

この書類がさぁ、質面倒くさいんだわ。。。。

やれ、過去10年間の自分が住んでいた住所を記入しろとか、
高校卒業以降の学歴の記載とか、職歴(無職の時期も含む)を書けとか、
オーストラリアに訪れた時期、期間、目的、ビザを書けとか、
過去10年間でオーストラリア以外に訪れた国、期間、目的を書けとかさ、

そんなの覚えてないよ!!

とぼやいても書かなくてはならない。。。

どうにかして、書き上げたよ。。。

でね、もう一つの書類がさ、旦那(私のスポンサー)と私に同じような質問が書かれた紙なんだけど、『経済状況』『家事はどうやって分担しているか』『ソシアルライフの状況』『どれくらいお互いにコミットメントしてるか』などをそれぞれ書かなくちゃいけないの。

旦那が下書きで書いたものを私が清書して、彼の分はちょっと言い方を変えてほぼ同じことを書いて、

   で・き・あ・が・り!!!

と、思って、最後のページをめくったら・・・。


彼の分の書類と内容が違うの。。。

署名する欄とかも微妙に違うの・・・・。

  なに???????


と思った時には、もう遅かったんだよね。

私が記入した書類はスポンサー用(旦那が書くはずだった書類)
で、旦那が書いた書類は申請者用(私が書くはずだった書類)だったの。。。







げっそり泣き顔ふらふら泣き顔泣き顔ちっ(怒った顔)がく~(落胆した顔)泣き顔げっそり泣き顔



もう、ボールペンで清書しちゃったし・・・。

イミグレのHPを見て、書類を捜したけれども、どこにも乗っていなかった。。。

どうするよ。。。

ただでさえ時間がないのに。。。。

書いた紙をコピーして、そのコピーの書かれた部分をホワイトペンで塗って、またコピーするか?

でも、それで受け付けてくれるのだろうか?

とりあえず、明日、ウェストパースのイミグレに行って聴いてみようと思う。

ショックで、旦那との雰囲気も悪くなり、旦那は先に寝ちゃうし。
私はムカついて、寝れないから、これ書いてる。

書類は書く前によく目を通そうね。。。

今回の教訓でした。

けい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月11日 (火)

仮永住権GET!

先月21日に申請した『仮配偶者ビザ』が今月6日の日付でおりました!

 注:配偶者ビザは申請してから2年たたないと永住権が下りないの。それまでは仮ビザとなります。でも、条件は永住権とほぼ一緒です。

昨日ポストを除いたら、郵便局からの不在届けが付いてたので、今日、近くの郵便局までとりに行きました。

中身は『ビザ発行のお知らせ』で無事書類も受理され、ビザも発行されました!

申請してから約3週間!

思ったより早く取れてよかったです。

だって、私は産休中に取れればいいほうかな?と思ってたので。

これで、産休が明けても、フルタイムで働かなくても済みます!

しかも!シフトの数も減らせるし!

本当に良かった。

後は勤め先のナースマネージャーにビザの変更を知らせなきゃ!

これで安心して子供が生めます。

  けい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月21日 (火)

やっと提出してきました

今日、やっとスパウス(配偶者)VISAの書類を提出してきました。

   ぇえ??!! 今更? 今まで何やってたの?

なんて激しい突込みが聞こえてきそうです。

   何やってたんでしょうね・・・。

病院のスポンサーでPRを取るよりもスパウスVISAのほうがなんだか簡単そうだからっ!なんて、じゃぁ、さっさと籍入れちゃいましょうか? なんて、結婚したのが2008年の5月。

その後も、日本から無犯罪証明書を取り寄せたり、銀行口座を一緒にしたり、健康診断も今年の初めに済ませたし、家も一緒に買ったり、そして妊娠しちゃったりと、徐々に準備は進み、もっと早くに申請できたのに、ここまで伸ばし伸ばしにいていたのは、ただ単に私が怠け者だからです。

日本から取り寄せた無犯罪証明書の有効期限が7月23日で切れるので、それを逃すともう一度日本から取り寄せるのに3ヶ月もかかってしまう・・・っっ そんな、もう待てません!

って事でようやく重い腰を上げたわけです。

昨日も夜12時30分までかかって、最終の書類のチェックや二人の写真をプリントアウトしたり・・・(もっと、早めにやっとこうよ!!)

ようやく出来上がった書類を持って今朝旦那と一緒にパースCITYにあるイミグレーションオフィスに行ったら、オフィスには『下記の場所に引っ越しました』って張り紙が・・・。

    知らなかった・・・。

        ちゃんと調べようよ・・・。

でも、最後にイミグレに行ったのなんて2年前だし、まさか引っ越しているなんて思わないじゃん!

気を取り直して、ウェストパースに移転したイミグレーションオフィスに行ってきました。

それほど、込んでいなくて、整理券をもらって待つこと10分。

すんなりとデスクに通されて、「スパウスVISAを申請しに来たんです。」と申し出ると、担当者のMさんは慣れた手つきで、私達の申請書に目を通し、パソコンになにやら打ち込んでいる間に「じゃぁ、今までのあなた達のいきさつをさっと話してくれるかしら?」と言った。

出会い、初デートから、結婚までのいきさつ、どうして結婚を決めたのか、結婚式には誰が参加したのか、二人の経済的な状況、将来はどうする予定か?など旦那と私で交互に話し、Mさんは書類の確認とパソコンを打ちながら、「ふんふん」と話を聞いていた。

大まかな話が終わると、パスポートのコピー、出生証明書、結婚証明書、二人の名義の銀行口座の証明書、二人の名前が入った生命保険、共同名義のローン返済証明書、共同名義の家の権利書、初デートのチケット、二人でで日本に行った時のチケット、カトリック教会のマリッジコースの受講証明書、医者からの妊娠しているという診断書、カトリック教会発行の結婚証明書、二人や家族、友達が一緒に移っている今までの写真、などなど、私達の関係を立証するすべての書類を一緒にチェックし、提出。

書類的にはフォーム80と私のオーストラリア警察発行の無犯罪証明書の原本(私はコピーを提出しようとしていた)が不足している事、それがそろえば問題ないと言われた。

ビザの発行を待っている間にメディケア(オーストラリアの国民健康保険みたいなもの)を申請できる手紙も受け取った。

これで、病院に健診にいっても医療費を払わなくても良い!

いつ緊急出産になっても大丈夫!

  良かった!

ここまでで、1時間ぐらい。

驚くぐらいすんなりとことが進んでよかった。

こんなことなら何で早くやっておかなかったんだろう?

いつビザが下りるかは個人によるが、担当者によると私の産休が明けるまでには下りるだろうと言う話。

これで、安心して産休に入れます!

やったね!

けい

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年11月18日 (火)

付き合い始めた日?

よく、「オーストラリア人と結婚すると自動的に永住権がもらえる、または永住権にビザが切り替えられる」んでしょ?

と、聞かれますが・・・・・

そんなわけはないんです。

    え~~~~~~~~~~~!!違うの?

と驚いたあなた。

        違います。

でも大丈夫です。

あなただけではありませんよ。

オーストラリア人にも同じような事聞かれましたから!

で、やっと、やっと、やっと、ビザの申込用紙をプリントアウトして書き始めたんです。

昨日。。。

で、P助と「はじめて出合ったのはいつだっけ?」

「付き合い始めたのはいつだっけ?」

「一緒に住み始めたのは?」

(ちなみに↑これ、全部申請書に載っている質問です)

といろいろ思い出を手繰りながら、書き込んでました。

面白いなと思ったのは、

何をもって「付き合う」とするか?

だって、知らない間に付き合ってた・・・ってことだってあるわけだし、

告白をもって「付き合う」とするなら、彼から告白された日を覚えてますか?

シチュエーションじゃなくて、年月日を・・・。

特別なイベントの中で告白したらまだしも、平日の何気ない日に告白したら覚えてなくね?

なんて、いろいろな事を考えてしまった。

   で、私達は適当に書いたのかって?

ところがどっこい!

私、その当時日記をつけてました。

日記を読んだら、ちゃんと明確な日が記されておりましたよ。

 ペーパーワークはまだ始まったばかり。

ビザがおりる日はいつになることやら。

  けい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 4日 (土)

ビジネスビザGET!

昨日、Pちゃんがポストから取ってきてくれた黄色い封筒。

開けて見ると、「ビジネスビザがおりましたよ~」という手紙が入っていた。

  おぉ!! 待ちに待ったビジネスビザ!

これを取得するのに6ヶ月もかかってしまいました。

でも、私の場合は特別に時間がかかったわけで、(病院からのコントラクトが送られてこなかったから)普通に申請すれば、こんなに時間がかかるわけではないのです。

コントラクトは2年なのに、ビザは4年おりたし。

(もちろんこのビジネススポンサーになってくれる病院で働いている限りのみこのビザは有効なんだけど。)

これで、日本へ帰れる!

(注:このビザは国外への出入りが自由にできる。)

次は永住権GETだ!

  けい

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年8月 1日 (水)

ビジネスビザ交付間近?

今日は雨の中CITYにあるイミグレ(移民局)に行ってきました。

前にお話したとおり、私はまだビジネスビザがおりてません。

私のビザは現在学生ビザからビジネスビザへのブリッジングビザというものです。

ブリッジングビザの場合、カテゴリーがAとBに別けられており、

Aの場合は国外つまりオーストラリアから出国する事ができませんが、Bの場合は出国する事ができます。

そう、私今回日本へ一時帰国する前にビジネスビザがおりなければ、このコンディションを変えなければならないのです。

ちなみにこのコンディションを換えるために必要な申請料は約70ドルかかるそうです。

イミグレについて、受付のお姉さんに事情を伝えた。

受付のお姉さんは担当者に話を通してくれ、担当者の説明では2~3日中にビジネスビザがおりるとの事。

良かった! 待ちに待ったビジネスビザがついにおります!

ただ・・・・私の健康診断の結果、B型肝炎の既往歴があるため、Health Undertaking(定期的に指定の医療機関に受診すること)が付いちゃいました。。。

また、面倒くさいことになったな・・・。

ま、いっか。 これで日本へ帰れるし!

今から楽しみです。

  けい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月12日 (木)

その検査は必要ですか?

昨日はVISA申請のために受けた健康診断でB型肝炎の既往があるため、肝機能を検査してきてほしいと言われ、紹介されたGPに予約して行ってきた。

予約していたせいか、時間通りに通され、Drに紹介状を渡す。

それを読んだDrアントニーは「フッ」と鼻で笑い私に言った。

「なんでこのDrが肝機能の検査をして来いと言ったのかは理解ができないね。だって、もう君には免疫がついているし、完治しているのだから。」

   私にも理解できませんよ・・・。

でも、やって来いと言われたからには、結果を出さないとVISAも降りないし・・・。

Drアントニーは首を振りながら肝機能の血液検査のオーダーを書いてくれた。

    はい、これだけで50ドル・・・・。

で、2階にある検査課で血液を取られる。

この検査料は後払い・・・・。

もちろん保険は利かない。

って、言うか保険入ってないし・・・。

お金は出て行くばかり・・・。

これで血液検査が異常がないことを祈るばかりだ。

VISAがでるまでまだまだ時間がかかりそうです。

  けい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月 5日 (木)

健康診断結果

昨日、仕事に行く前にVISA申請の為の健康診断を行ったヘルスサービスから電話がかかってきた。

受付のおばちゃんが言うには、

「Drがこの間の検査の結果について話したいことがあるそうです。」

と・・・。

Drとの面談との予約をして電話を切った。

どうしたんだろう?

もしかして、HIVポジティブ?

それとも、HCVポジティブ?

それとも結核?

最近手に切り傷ばっかり作ってたからそこから感染したのかも?

誰か患者さんにHCVの人いたっけな?

と、ネガティブな妄想が頭の中をぐるぐるぐるぐるぐるぐると回り続ける。

昨日の夜は彼氏のPちゃんに

「もし、HIVまたはHCVに感染してたらごめんね。もしそうだったら別れてもかまわない。」

と話をした。

Pちゃんは笑って

「大丈夫だよ!もし、そうだったとしても、俺も同類ってわけでしょ?一緒に頑張ろう。」

と言って元気つけてくれた。

     頑張るって何を?

色々な考えが頭の中を駆け巡り熟睡などとてもできなかった夜が明けて、

今日、Drに会いにヘルスサービスセンターまで行って来た。

Drは私が前になったことがあるB型肝炎について色々聞いてきた。

いつ発症したのか?

どういうルートで感染したのか?

どういう治療をしたのか?

最後にフォローを受けたのはいつか?

などなど。。。

発症時期はわかるけど、感染ルートは不明だし、特に治療と言う治療もしませんでしたけど・・・(ただ仕事休んで寝てただけ)。

それにその当時のDrからはB型肝炎の抗体(免疫)ができて抗原が消えうせた時点で(他の人に感染する心配がない)「もう大丈夫だよ」と太鼓判を押され、それ以来何の音沙汰もなかった。

いうなれば、自力で急性B型肝炎を完治させてしまったみたい。

そんなこんな話を聞いたDrは「念のため、肝機能を調べてきてほしい。」と他のDrに紹介状を書いてくれた。

それに異常がなければ健康診断はパスできるらしい。

Kay「じゃあ、私はHIVにもHCVにも感染してないのですね?」

Dr「大丈夫!ネガティブだったよ。」

    ・・・・っほっと一安心。

すぐにPちゃんにも報告した。

本当によかった!

普段はあまり気にしないけど、こんなことがあると看護師という仕事はこういう感染のリスクが普通の人よりも大きいことに気づかされる。

とりあえず、肝機能向上のためワインの量を控えようと思う。

けい

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧